尾道 バイパス 事故。 尾道バイパスとは

尾道バイパス

尾道 バイパス 事故

概要 [編集 ] 元々は、尾道市街における慢性的な渋滞緩和を目的に国道2号の二次改築事業によるバイパス道路として中国地方建設局(現在の)が整備を行ったものであるが、周辺道路の整備により東西軸としての広域幹線道路から外れた部分と側道を尾道市へ移管したことにより、とで構成されるようになった。 延長9 kmのうち、取付道路(起点・終点付近)を除く 7. 6 km が専用部としてとなっており、専用部の全線が国道2号に指定されているほか、として の一部に、として 備後都市圏都市計画道路1・3・001号福山尾道三原線(今津町 - 糸崎町) の一部に指定されている。 また、一般部(平面道路)である取付道路は、尾道市道に指定されている区域(起点付近)と国道2号に指定されている区域(終点付近)とがあり、起点付近の 尾道市道バイパス側道高須線 は、都市計画道路として 備後都市圏都市計画道路3・5・409号大新線(尾道市高須町字有江池尻 - 字大新、総延長 870 m 、幅員 14 m ) に指定されている。 路線データ [編集 ]• 起点 : 広島県尾道市高須町 (国道2号現道・尾道バイパス東口交差点)• 終点 : 広島県尾道市福地町 (国道2号現道・三原市境)• 延長 : 9. 0 km (うち専用部 7. 6 km )• 一般部 : 完成2車線• 専用部 : 完成4車線• 総事業費 : 約94億円 (うち用地補償費約32億円 )• 一般部 : 50• 専用部 : 60 km 歴史 [編集 ] 尾道市の国道2号は、(28年)に一次改築を終えていたが、一日あたりの交通量は(昭和37年)で11,900台、(昭和40年)で22,000台と年々増加し、渋滞が問題となっていった。 そのため、尾道市街の北側を迂回する形で1965年度(昭和40年度)から二次改築事業としてバイパス道路の整備に着手。 (44年)に建設省中国地方建設局管内初の自動車専用道路として部分開通。 事業計画を一期と二期に分け、一期計画ではとの交差部において同国道を跨ぐ本線は施工せず、側道のみの供用とし、二期計画で本線を施工した。 自動車専用道路として整備した背景には、(昭和30年代半ば)から構想されていた「 第二山陽道構想」(計画の前身)があり、この構想では二次改築事業で整備したバイパス道路同士をつないで高規格道路を形成するというものだった。 また、尾道市の(現在の山陽本線)を尾道バイパス付近に迂回させ、尾道市街の交通問題の改善を図ろうとする構想もあった。 年表 [編集 ]• (昭和40年)• この年度 : 事業着手(高須町側から用地取得開始)。 (昭和41年)• この年度 : 工事着手。 (昭和44年)• : 高須町(国道2号現道) - 栗原町(国道184号)をで供用開始。 (昭和47年)• : 栗原町(国道184号) - 福地町(国道2号現道)を暫定2車線で供用開始。 これにより 全線開通。 (昭和56年)• : 4車線化と遮音壁整備が完了。 これにより 事業完了。 (17年)• 夜 : 自動車専用道路でのが解禁されて全国初となる死亡事故が久保町付近で発生。 (平成27年)• 22時 : 福地町地内の下り線にあったを廃止。 (2年)• 22時 : 福地町地内の上り線にあった簡易パーキング(及び)を廃止。 路線状況 [編集 ] 一般部のうち、国道2号現道の尾道バイパス東口交差点(高須町)から高須ICにかけての区間は、かつて国道2号に指定されていたが、の立体化により高須ICの広島方面行きの入口の位置が変更となり、尾道市道防地間谷線 を介すこととなったため、 尾道市道バイパス側道高須線 として尾道市に移管されている。 また、栗原IC側道も上り線が 尾道市道尾道バイパス側道10号線 、下り線が 尾道市道尾道バイパス側道11号線 として尾道市に移管されている。 専用部は国道2号()と直結しており、建設中の国道2号木原道路が完成すれば、福山市から三原市へ至る自動車専用道路が形成される。 道路施設 [編集 ]• 防士隧道(上り線)、防地トンネル(下り線)• (、)の防地峠を貫く。 この峠は、かつてとの藩境でが置かれていた。 この関係でではと広島県の県境となり、福山県はからを経てに再編され、(9年)の県境変更まで岡山県と広島県の県境になっていた。 交通量 [編集 ] 2005年度(平成17年度道路交通センサスより) 平日24時間交通量(台)• 尾道市高須町防士 : 51,780• 尾道市吉和町 : 34,988 地理 [編集 ] 通過する自治体 [編集 ]• 広島県• 尾道市 インターチェンジなど [編集 ]• から、福地町までが、自動車専用道路。 路線名の特記がないものは。 施設名 接続路線名 から km 備考 尾道バイパス東口 国道2号( E76 ) 246. 5 専用部本線上で直結 E76 246. 5 249. 2 249. 8 福山方面出入口 広島方面出入口 251. 2 252. 6 253. 2 国道2号建設工事に伴い閉鎖 253. 7 国道2号木原道路建設工事に伴い閉鎖 - 国道2号木原道路 253. 9 事業中、専用部本線上で直結予定 国道2号 方面 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• PDF プレスリリース , 福山河川国道事務所, 2015年2月18日 , の2020年1月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 国土交通省中国地方整備局 福山河川国道事務所, 2019年12月17日 , の2020年1月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月17日閲覧。 参考文献 [編集 ]• 尾道市建設部用地課 『尾道市道路台帳』 尾道市役所、2018a。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市建設部用地課 PDF 『尾道市道路台帳』 尾道市役所、2018b。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市都市部まちづくり推進課 PDF 『尾道市総合交通体系調査報告』 尾道市役所、2010年3月。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市議会事務局『尾道市の概要』尾道市役所、2003年10月。 中国地方建設局『中国地方建設局五十年のあゆみ』中国地方建設局、1999年3月31日。 中国地方建設局『中国地方建設局三十年のあゆみ』建設省中国地方建設局、1982年3月。 広島県総務部県史編さん室『広島県史 地誌編』、1977年3月31日。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の

尾道市 事件 事故

尾道 バイパス 事故

13日夜、広島県尾道市の国道バイパスで49歳の女性教師が飲酒運転で逆走し、軽自動車と衝突。 2人がケガをした。 事故があったのは、広島県尾道市の国道2号バイパス高須トンネル。 警察によると、13日午後10時55分頃、県内の公立学校に勤める49歳の女性教師が運転する軽自動車がトンネル内を逆走。 27歳の会社員男性の軽自動車と正面衝突した。 この事故で、女性教師が腰や胸の骨を折る重傷を負い、病院に運ばれた。 また、27歳の男性会社員も軽傷。 女性教師からは基準値のおよそ3倍のアルコールが検出されており、警察は、女性教師の体調が回復次第、逆走や飲酒した経緯などについて調べることにしている。 この事故で、西瀬戸自動車道と松永道路の一部区間がおよそ1時間通行止めとなった。 yahoo. ふと思ったのだが、20年前に尾道バイパスでオカマホラれました。 朝4時30分、突然前の軽自動車が停まったのでブレーキ踏んだらオカマホラれたんだが、その軽自動車は左からの合流車線を逆走して降りたところに給食センターがあるのでオバサンは尾道バイパスが開通してずっと逆走で降りてたらしい。 軽自動車は追突されて逆走で降りられなくて、警察が来て事情を聞かれて悪ぶる事もなく『いつも逆走ですよ』って普通に答えた。 さらに酒臭く… 俺の追突された事故には巻き込まれてないが、原因を作ったのはこのオバサン。 保険では100対0で後ろの大型トラックが悪者だったけど、飲酒、逆走のオバサンが一番悪いと思う。 飲酒運転が原因の事故は悪質な犯罪です。 容疑者の名前も報道してください。 管理人の率直な感想 「おらおらおら~!!!無駄無駄無駄~っ!!!」と聞こえてこんばかりの暴走劇。 何があったんでしょう。 余程イヤなことでもあったんでしょうか。 「結婚結婚結婚~っ!!!」かもしれない。 49歳というお年頃の女性なんでね。 勝手にしてくださいと言いたいところですが、被害者がいるのでそういうわけにもいかない。 酒飲んで運転して国道を逆走し車と正面衝突ですよ。 でも死なない。 腰や胸の骨を折る重傷。 これだけ無茶なことをして、シートベルトはしていたのかな。 にしても屈強な体の持ち主。 『変態死なない説』を唱えている僕にとって、統計の資料になりそうです。 いわずもがな、最悪な思いをしたのは被害者の27歳男性。 体は軽傷で済みましたが車は破壊されています。 僕が被害者だったら、まず最初に「何があったんだ!?」と聞きます。 賠償やら何やらは後回し! 物凄く気になる。 何がそうさせたのか知りたい。 本当に「結婚結婚結婚~っ!!!」だったら血の気が引きますけどね。 何だこのパワーは。 絶対に知りたい! 続報を待ちます。

次の

尾道市 事件 事故

尾道 バイパス 事故

そもそもが、尾道市街地~海岸線~三原市街地が大渋滞となっていました。 中国道ができて、長距離トラックは2号線から中国道に流れましたが、中短距離トラックは2号線が生命線。 そこに周辺地域の流通トラックや通勤の自家用車で大渋滞。 ご存知のように尾道・三原は辺鄙な土地で、通勤など生活には自家用車が欠かせません。 列車は走っていますが、その先バスを利用したとしても通勤できる場所はごく限られています。 尾道バイパスができて、尾道市街地の渋滞はかなり改善され、仮眠もできるりっぱなトラックステーションができて中距離の運転手さんには渋滞を避けた時間帯での走行もできるようになったのではと思います。 山陽道がつながると中距離トラックはそちらに流れ、海岸線の渋滞は少しは解消されてきました。 三原バイパスは西から開通されて三原市街地北・・・今のバイパス入り口まで少しずつ延伸してきました。 三原バイパスはまだ未完成ですが、それでも三原市街地の大渋滞はかなり改善されてきたかと思います。 海岸線の部分がまだバイパスがつながっていないですが、三原方向については、バイパス入り口をそのまま通過しての三原市街地に入る道が、信号待ちとか交通量が多くなっての低速・停滞が起きると、海岸線も渋滞してくるようです。 三原市街地手前の停滞が無ければ海岸線の三原方向への走行はスムーズです。 尾道方向ですが、現在の停滞は、バイパスを上がった先の、三原バイパスとの合流点周辺の工事の影響と、バイパスを上がらず下道での、少し先での信号機とか交流量が増えての低速・停滞と思います。 その2つがスムーズであれば海岸線の尾道方向もスムーズです。

次の