ハン ツー トラッシュ 193。 模型レオナルド11.プラモデル.別売りデカール.イーグルストライク.プラッツ.アエロマスター.

ちょいエロ「ハンツートラッシュ」をネタバレ紹介!水着でポロリな青春漫画!

ハン ツー トラッシュ 193

ワインレッドの純正カラーに換装されたホイールは ゴールドに、綺麗にケツ上げされたフォルムには750GPのテールを移植するなど、実に玄人的な カスタムである。 この車両の他にも、BEET仕様のZ400FXまで所有しているとのこと。 そういえばZEROのメンバーには「姉さん」と言われる男前のオッサンも在籍しているそうだ(笑)。 ロングツーリング向けだろうか? 長く走っててもストレスを感じさせなさそうな仕様だ。 全体のバランスはもちろんだが、何よりも要所の黄色が観る者に印象を与える。 これからの改造予定は、フルカウル、ビックタンクと更なるカフェレーサー仕様の追求を続けるようだ。 そんなレアな車両を保有しているオーナーは、宮城県内でも有数の旧車フリークなのだ! 外装も塗り替え無し。 当時のままを維持しているのは、当時物の大切さを熟知している者の証。 今後の予定はオイルクーラーを装着するとのこと。 ホイールはカワサキの純正キャスト。 ビキニカウルを装着しスイングアームを強化。 こだわりを感じさせる一台に仕上げた。 細かいところをいえばキャブはヨシムラのCR、JMCバックステップに変更。

次の

【東北初】③Z400FXミーティング FXと当日集まった様々な車両をご紹介!

ハン ツー トラッシュ 193

電子書籍を探す• 毎日を流されるままにフラフラと過ごしてきた高校1年生・浜路洋平のもとに、ある日部活の勧誘がやって来て、こうつぶやいたのです。 登場人物• 浜路洋平 はまじようへい 旧都高校1年生。 萩原先輩目当てで水球部に入部。 何をやっても冴えないダメ男。 萩原千聖 はぎわらちさと 旧都高校2年生。 女子水球部のエース。 不器用な性格で、恋愛はとにかく奥手。 中島 なかじま 旧都高校2年生。 エッチなことばかり考えている男子水球部員。 真野 まの 旧都高校2年生。 水泳部だが、中学までは有名な水球の選手だった。 美好まなみ みよしまなみ 旧都高校の教育実習生。 女子水球部のOGでもある。 ズバリ童貞が大好物。 篠崎 しのざき 旧都高校1年生。 女の子だけど萩原先輩が好きで、水球部に入部。 雨宮 あまみや 旧都高校2年生。 女子水球部所属。 ロケット乳の持ち主。 Twitter.

次の

ハンツー×トラッシュ【16巻】ネタバレ、あらすじ、感想、発売日|無料でマンガ「最新刊」

ハン ツー トラッシュ 193

スポンサーリンク メジャーセカンド MAJOR 2nd 198話のネタバレ 何かに気付いた寿也監督! 千代の投げた球に何かを感じた寿はもう一球投げる様に指示します。 そんな寿の行動を不思議がるアニータ&千葉。 そして千代の投球に言葉の出ない仁科…。 「おっ!ストライク!」 今度はしっかり大吾の所へ届いた球でしたが、 千代の投げた球は睦子よりも遅い。 風林ナインたちも寿が何をしたいのか謎なまま…。 すると寿が測定器を持ってきます。 「ちょっと待って!!これでデータを取るからもっかい投げて。 」 正直、測定器を使うようなスピードでもない千代の投球ですが、大吾は寿が何をするのか興味津々です。 そんな千代なのですが、もちろんピッチャーの経験があるわけでもなく、しっかりとしたフォームにもなってないし、筋力も足りていませんが… 180㎝の長身と長い手足、自分の身体を柔らかく使えている腕の振り。 フォークとかチェンジアップとか回転数の少ないボールが落ちるのと逆と言うことです。 この子にはピッチャーの素質が十分ある…!!! データを見た寿はそれを大吾に見せると千代に言います。 「藤井君!いや千代姉!君がマネージャーなんてもったいない!!ピッチャーをやらないか!?いや…やってほしい!!」 寿の発言に顔は真っ青で驚く千代… 笑 あまりの迫力にこの場では何も言い返せませんでした…。 千代が持っている才能で風林中野球部は更に強くなる!? 千代にピッチャーをやらせると言う寿の発言にみんなは驚いたものの、 千代が今までやってくれていたマネージャーの仕事は明日から当番制に変えると言う大吾。 「あのお…先輩…」 ボールを丁寧に磨きながら千代が大吾に話しかけます。 「さっきは監督の勢いに撒けてはっきり言えなかったんですけど…あたし…ピッチャーなんて自信ないです…。 」 千里と違いもともと控えめな千代。 あんな目立つ、責任のあるところを自分がやるなんて絶対無理だと言いだします。 それと…千代がひっかかっているのは辻堂中との試合のことです。 「前の試合みたいにみんなに迷惑かけたくないし…キャプテンから監督に言ってもらえませんか…あたしはピッチャーどころかプレイヤーにも向いてないって…お…お願いします!」 その場を逃げる千代…そんな千代を追いかける風林ナインたち。 「千代姉!千代姉は勘違いしてるよ!迷惑はかけたっていいんだ。 でも、なるべく迷惑をかけないようにしたいからチームスポーツはみんなで頑張るんだ。 」 辻堂中と対戦するまでは風林中野球部に少しあった自信は見事に打ち砕かれてしまいました。 でも、寿が監督になったことからまた新しく走り出したのです。 そして、その監督の最初の起爆剤が 【千代をピッチャーに育てること】なのです。 「それに誰も自信なんてないよ…。 迷惑どころじゃない。 俺たちに力を貸してほしい。 」 自分が風林ナインたちの力になる…そんな風に思ってもらえていた事にビックリする千代。 「先輩、あのさぁ…大体1人で迷惑とかヘタクソとか言ってっけど…前の試合、俺はあんたのファインプレーに助けてもらった覚えしかねーぞ!」 「本当そう!ヘタクソのくせにヒットは打つし、なんなのその自虐モード!?天才の嫌味にしか聞こえないぞ!」 「ユニフォーム着なよ、千代姉!ピッチャーならライバルになるけど、あたしだって負けないよ!!」 千代が思ってる以上にみんなは千代の事を大歓迎なのです。 みんなから背中を押してもらった千代はもう1度野球をやる事を選択。 「先輩。 俺、毎朝ピッチャーのトレーニングで走ってんだ。 千代がまた野球を再開しましたね!! 千代はマネージャーの雑務をこなしながらも、大吾たちの事をよく見ていたし、本当は野球が好きなんですよね~…自信がないだけで。 過去にも千里と比べられた事によって野球を辞めている。

次の