この 世界 の 片隅 に さらに いくつ もの 上映 館。 この世界の(さらにいくつもの)片隅に

「この世界の~」片渕須直監督、コロナと向き合い…次作の狙い定まる

この 世界 の 片隅 に さらに いくつ もの 上映 館

「強く生きていかなきゃな…って思う!優しい作品!」「すずさんたちの暮らしが丁寧に美しく綴られていた!」「現代人必見!ラストは涙なしで見られない!」 上映中【2019年12月20日 金 公開】 2016年に公開され、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第一位を受賞した「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した別バージョン。 主人公すずとリンとの交流、妹すみを案じて過ごすなかで迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加された。 新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、すずたちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いを映し出す。 前作に引き続き、主人公すずをのんが演じるほか、すずの夫・周作を細谷佳正、周作の姪・晴美を稲葉菜月、周作の姉・径子を尾身美詞、すずの旧友・哲を小野大輔、すずの妹・すみを潘めぐみ、すずと仲良くなる女性リンを岩井七世といったボイスキャストも続投。 監督・脚本は、前作で第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞を受賞した片渕須直。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃。 18歳で広島から呉の北條家に嫁いだすず(声:のん)は、夫・周作(声:細谷佳正)とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 だが戦況は次第に悪化、すずたちの生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 そんなある日、すずは迷い込んだ遊郭でリン(声:岩井七世)と出会う。 境遇は異なるが、呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、すずは周作とリンとのつながりを感じ取るのだった。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして昭和20年の夏がやってくる……。 すでに10年代を代表する新たなクラシックとなった前作だが、大幅な追加シーンによって驚くような変貌を遂げた。 特にリンさん関連の新規場面はどれも美しく強烈で、作品全体の強度を明らかに底上げしている。 ファンも初見さんも必ず映画館で観てほしい。 片渕須直監督と同じ、昭和35年生まれの天皇陛下のコメントは「長さを全く感じさせない。 圧倒されました」。 皇后陛下「大変な時代だったというのを実感できました」。 愛子様「感動しました。 昔の広島がああだったということがわかりました」。 まだうまく言葉にできませんが、間違いなく今年ベストです。 私は上映後ちょっと立ち上がれず、ハンカチで顔を覆いながら震えてました。 傑作中の傑作、オススメです。 前作何回も観ているがさらに号泣させられてしまいました。 口紅で描かれたシーンは特に弱いのよ。 じわじわとずっとうるうるしながら見てましたが、普通でいられる、 居て良い場所があるっていうシンプルな事がどんだけ尊い事なんだと思わされっぱなしでした。。 確かにこれは前作とは違う味わいを持つ新作だ。 すずさんという一人の"人間"と、出会った人々の半生が語られる。 前作「この世界の片隅に」を観た人も観てない人にもおすすめです。 自分にとって特別な作品ということもあり、これまで以上に沢山の方に観て頂きたいです。 本当に。 エンディングのどこかに僕の名前もあるので、良かったら探してみてください。 より深く物語に入り込んでやり取りを見ているようでした。 追加エピソードが影響してるのか、久しぶりに観たからかは分からんが、 すずさんの居場所を巡る二律背反の心情がより分かりやすくなっていた様に感じた。 あとは、生きてるだけで誰かの人生の穴ぼこを 代わりに埋める事が出来るかもしれんと思ったり。 観賞終了。 圧倒的じゃないか!シーンを追加しただけだと思ってたら、 知ってるのに知らない話のようで完璧すぎた。 第二エンディングの最後の演出で号泣。 2時間48分、発見の連続で尿意を覚える暇すら無かったうお! グッズのリンさんの小物入れも…実にイイものだ。 160分と長尺だが全く無駄がなく、 前作より圧倒的に充実感がある。 キャラクター描写がより深くなり、困難の中で思いやり、 支えあいながら生きる人々の姿に感動。 生活の工夫の数々は、便利さに頼りがちな現代人必見。 ラストは涙なしで見られない。 新たなエピソードが追加。 すずさんとリンさんに癒されますね。 可愛らしい。 ほんわかした日常からと戦争の脅威で泣けてきます。 すずさんと周囲の人々のドラマがより深く描かれていました。 新作シーンがあるから確かに長くなっているはずなのに 全く感じさせることがありませんでした。 片渕監督と全スタッフの皆様ありがとうございました。 ぶっちゃけアニメだからという理由で、 小学校低学年以下のお子様を連れていくのは、 あまりお薦めしないであります。 すずさんの心の奥の深いところを感じる事が出来た。 タイトル通りあの時代に生きた人々に起きた それぞれの物語りに触れさせて貰える映画だった。 新たなシーンによって2つの映画は伝わってくる本題、 印象が全く違う作品になっていた。 いろんな意味で色気、情念が増しており不思議な感覚。 前作を観てから原作を読んだ時とも違うこの感じ。 平日午後ということでお客さんの入りはそこそこでしたが、 笑いも泣きもリアクションがあったかい館内でした。 戦争を美化している気がしたし、 女性蔑視とも思えました。 男性に従う女性は可愛い。 要するに、昔からの日本男性の女性はこうであるべき。 そうだろう?みたいに思えて、不愉快でした。 無印版よりも普遍性を増してる気がしてよかった。 新作カットもリッチだったし。 観てよかった。 凄かった。 ほんと見てよかったと思える映画。 この時と今は色々と状況は違うけどみんな色々なことを考えて生きているんだなって。 人はすごくもろいけどすごくたくましくもなれる。 やっぱ広島いきたいな。 両脇のおじさん二人(知らない人)とすすり泣いてました。 あのエンドロールよ… 帰り道、街を歩く人々を眺めながら、みな誰かの子孫で、 普通で特別な人なんだ、という気持ちが湧き上がり。 すずさん、リンさんの言葉を思い出しては考えてしまう。 すずさんの人生(視点であり、人生観でもある)と、 彼女の周囲を取り囲む人々とのかかわりから前作より更に、 一人の人間の視点から世界の広がりを感じさせる仕上がりになっていると感じた。 前の時も大泣きしましたが、今回も泣き疲れた…。 でも見に行ってよかったですよー。 周作の更新情報多すぎた………(笑) 最後まで見ないとリンの詳細見れないから最後まで見ましょうね。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に 劇場情報

この 世界 の 片隅 に さらに いくつ もの 上映 館

監督という職業は孤独に見える。 常に頭の中で新たな設計図が産まれているように見える。 主観的のように見えて客観的なのかもしれない。 片渕さんの頭の中は見えないけれど普段の振る舞いからそれを想像出来たら面白くないか。 『この世界の片隅に』という映画をもっと好きになれるかもしれないし。 こんな思いでこのドキュメンタリーの企画は始まった。 「映画といっても僕たちは映像と音しか作れない」「映画は観たお客さんの中で完成する」そう言う片渕さんは片渕映画の観客第1号なのかもしれない。 多くの観客と話したりサインをしたり握手をしたり。 それはまさに観客同士の語らいに違いない。 そして新たな映画の見方を発見すると屈託なく喜びを見せる。 映画『この世界の片隅に』と監督片渕須直を理解する楽しみ・喜び。 そんな思いの一助になれば素晴らしいことだ。 もちろん新作映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も含めて。 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 プロデューサー 配信情報.

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に 劇場情報

この 世界 の 片隅 に さらに いくつ もの 上映 館

「強く生きていかなきゃな…って思う!優しい作品!」「すずさんたちの暮らしが丁寧に美しく綴られていた!」「現代人必見!ラストは涙なしで見られない!」 上映中【2019年12月20日 金 公開】 2016年に公開され、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第一位を受賞した「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した別バージョン。 主人公すずとリンとの交流、妹すみを案じて過ごすなかで迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加された。 新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、すずたちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いを映し出す。 前作に引き続き、主人公すずをのんが演じるほか、すずの夫・周作を細谷佳正、周作の姪・晴美を稲葉菜月、周作の姉・径子を尾身美詞、すずの旧友・哲を小野大輔、すずの妹・すみを潘めぐみ、すずと仲良くなる女性リンを岩井七世といったボイスキャストも続投。 監督・脚本は、前作で第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞を受賞した片渕須直。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃。 18歳で広島から呉の北條家に嫁いだすず(声:のん)は、夫・周作(声:細谷佳正)とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 だが戦況は次第に悪化、すずたちの生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 そんなある日、すずは迷い込んだ遊郭でリン(声:岩井七世)と出会う。 境遇は異なるが、呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、すずは周作とリンとのつながりを感じ取るのだった。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして昭和20年の夏がやってくる……。 すでに10年代を代表する新たなクラシックとなった前作だが、大幅な追加シーンによって驚くような変貌を遂げた。 特にリンさん関連の新規場面はどれも美しく強烈で、作品全体の強度を明らかに底上げしている。 ファンも初見さんも必ず映画館で観てほしい。 片渕須直監督と同じ、昭和35年生まれの天皇陛下のコメントは「長さを全く感じさせない。 圧倒されました」。 皇后陛下「大変な時代だったというのを実感できました」。 愛子様「感動しました。 昔の広島がああだったということがわかりました」。 まだうまく言葉にできませんが、間違いなく今年ベストです。 私は上映後ちょっと立ち上がれず、ハンカチで顔を覆いながら震えてました。 傑作中の傑作、オススメです。 前作何回も観ているがさらに号泣させられてしまいました。 口紅で描かれたシーンは特に弱いのよ。 じわじわとずっとうるうるしながら見てましたが、普通でいられる、 居て良い場所があるっていうシンプルな事がどんだけ尊い事なんだと思わされっぱなしでした。。 確かにこれは前作とは違う味わいを持つ新作だ。 すずさんという一人の"人間"と、出会った人々の半生が語られる。 前作「この世界の片隅に」を観た人も観てない人にもおすすめです。 自分にとって特別な作品ということもあり、これまで以上に沢山の方に観て頂きたいです。 本当に。 エンディングのどこかに僕の名前もあるので、良かったら探してみてください。 より深く物語に入り込んでやり取りを見ているようでした。 追加エピソードが影響してるのか、久しぶりに観たからかは分からんが、 すずさんの居場所を巡る二律背反の心情がより分かりやすくなっていた様に感じた。 あとは、生きてるだけで誰かの人生の穴ぼこを 代わりに埋める事が出来るかもしれんと思ったり。 観賞終了。 圧倒的じゃないか!シーンを追加しただけだと思ってたら、 知ってるのに知らない話のようで完璧すぎた。 第二エンディングの最後の演出で号泣。 2時間48分、発見の連続で尿意を覚える暇すら無かったうお! グッズのリンさんの小物入れも…実にイイものだ。 160分と長尺だが全く無駄がなく、 前作より圧倒的に充実感がある。 キャラクター描写がより深くなり、困難の中で思いやり、 支えあいながら生きる人々の姿に感動。 生活の工夫の数々は、便利さに頼りがちな現代人必見。 ラストは涙なしで見られない。 新たなエピソードが追加。 すずさんとリンさんに癒されますね。 可愛らしい。 ほんわかした日常からと戦争の脅威で泣けてきます。 すずさんと周囲の人々のドラマがより深く描かれていました。 新作シーンがあるから確かに長くなっているはずなのに 全く感じさせることがありませんでした。 片渕監督と全スタッフの皆様ありがとうございました。 ぶっちゃけアニメだからという理由で、 小学校低学年以下のお子様を連れていくのは、 あまりお薦めしないであります。 すずさんの心の奥の深いところを感じる事が出来た。 タイトル通りあの時代に生きた人々に起きた それぞれの物語りに触れさせて貰える映画だった。 新たなシーンによって2つの映画は伝わってくる本題、 印象が全く違う作品になっていた。 いろんな意味で色気、情念が増しており不思議な感覚。 前作を観てから原作を読んだ時とも違うこの感じ。 平日午後ということでお客さんの入りはそこそこでしたが、 笑いも泣きもリアクションがあったかい館内でした。 戦争を美化している気がしたし、 女性蔑視とも思えました。 男性に従う女性は可愛い。 要するに、昔からの日本男性の女性はこうであるべき。 そうだろう?みたいに思えて、不愉快でした。 無印版よりも普遍性を増してる気がしてよかった。 新作カットもリッチだったし。 観てよかった。 凄かった。 ほんと見てよかったと思える映画。 この時と今は色々と状況は違うけどみんな色々なことを考えて生きているんだなって。 人はすごくもろいけどすごくたくましくもなれる。 やっぱ広島いきたいな。 両脇のおじさん二人(知らない人)とすすり泣いてました。 あのエンドロールよ… 帰り道、街を歩く人々を眺めながら、みな誰かの子孫で、 普通で特別な人なんだ、という気持ちが湧き上がり。 すずさん、リンさんの言葉を思い出しては考えてしまう。 すずさんの人生(視点であり、人生観でもある)と、 彼女の周囲を取り囲む人々とのかかわりから前作より更に、 一人の人間の視点から世界の広がりを感じさせる仕上がりになっていると感じた。 前の時も大泣きしましたが、今回も泣き疲れた…。 でも見に行ってよかったですよー。 周作の更新情報多すぎた………(笑) 最後まで見ないとリンの詳細見れないから最後まで見ましょうね。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の