自転車 時間 1km。 クロスバイクで通勤10kmってできる?

1kmの距離は徒歩で何分掛かる?自転車ならどのくらい?

自転車 時間 1km

目的地までの距離が「徒歩20分」と言われても、 自転車だとどのくらいの時間がかかるものなのか判断するのは難しいですよね。 最近、実家にいる妹がやっと家を出ようと考えているのか、アパートを探しているんですよね。 ただ、妹は今現在も自分で起きられないくらいの寝坊助で…。 できる限り職場の近くが良いらしいのですが、なかなか思うようにはいかないみたいです。 妹が「自転車を使えばこの徒歩20分ってのも大丈夫そうじゃない!? 」と私に聞いてきたのですが、 「え?徒歩20分って自転車なら何分だと思ってるの?」と聞き返すと、「わかんないけど、10分以内にはなるんじゃない?」という妹。 そもそも、最近自転車には乗らない私にわかるわけもなく…2人で頭を悩ませています。 そこで、今回は…• 徒歩20分の距離は 自転車だと何分が目安?簡単な換算方法を教えます!• 徒歩20分の距離を 自転車でゆっくりこぐ場合は何分が目安?• 職場は駅から 約2kmの場合は自転車では何分を目安にしたら良い?• ダイエット効果を狙うなら サイクリングとウォーキングどっちが良い? などの内容をご紹介していきたいと思います。 私も今回、徒歩の時間を自転車に換算するとどうなるかを調べて妹に伝えた結果…いろいろな物件から選べそうな感じになってきたので、2人して安堵しています(笑)。 同じく、 「徒歩の時間を自転車を使う場合に換算するとどうなるのか?」と悩んでいるあなたには必見の内容となっていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。 徒歩20分は自転車だと何分くらい?時間換算の目安とは よく賃貸広告などで「 徒歩20分」という文字を見かけませんか? 残念ながら 徒歩以外の移動手段や時間が記載されていないことが多いですよね。 ちなみに、 google mapで調べようにも、こちらでは徒歩の時間しか出てこないんです。 では、 徒歩20分を自転車に換算すると何分くらいになるのでしょうか? まずは徒歩と自転車の速度を知ろう! 人によって歩幅や歩く速さが違うので、 「徒歩20分」と表示されている道のりを移動できる距離は個人差がありますよね。 足が長くて歩幅が広い大人と、足が短くて歩幅が狭い子供では20分間で移動できる距離が違うのも当然です。 その決まりに則って記載されているので、徒歩で移動する場合のおおよその時間としては的確でしょう。 ただし、信号待ちの時間や移動する時間帯、道の混雑状況などによっては概算よりも多めに時間がかかる場合もありますので、 余分に時間を見積もった方が良いでしょう。 また、最近は自転車のマナーが厳しくなっており、自転車から降りて押して歩かなければいけない場所などもありますので、そういったことも含めて時間を見積もると安心です。 さて、徒歩から自転車への換算方法はわかりましたが、やはり賃貸広告には「徒歩〇分」としか記載されていませんし、「自分でいちいち計算するのも面倒だ」と考える方もいるでしょう。 そういう時は「 ナビタイム」を使うと便利ですよ! 自転車に換算した移動時間を知りたい場合は「ナビタイム」が便利!! ナビタイムでは、 自転車の所要時間を調べることができるので、計算が苦手な方にはとっても便利ですよ。 ちなみに、ナビタイムの結果を見ても、 自転車は徒歩の 約3倍の速さと考えられているようです。 ナビタイムの使い方• 自転車ルート検索を選択する• 「 出発地」と「 目的地」を入力し、 検索をクリックする (「経由地」もあれば入力する) そうすると…• 所要時間• 詳しい移動ルート• 出発時間と着時間• 総距離• 消費カロリー などが出てきます。 さらに… 「坂道が多い」「坂道が少ない」「大通り優先」「裏通り優先」などを選ぶことで、 所要時間をさらに細かく分けて知ることができます!! 私も実際に試してみましたが、かなり細かく出てくるのでとても便利です。 「計算が苦手!」「詳しい所要時間を知りたい!」という場合は、ナビタイムもオススメですよ。 さて、話は戻りまして…自転車をこぐ速度も人によって大きく異なりますよね? 「 ママチャリでゆっくり走る」というような場合は、徒歩20分をどれくらいの時間で移動できるのでしょうか?次項で詳しく見ていきましょう。 だけど私はママチャリ派!ゆっくり走る場合の目安はどのくらい? 自転車をこぐ速度にも個人差があり、「 超速くこぐ(あまりいないと思いますが…)」という人もいれば「 ママチャリでゆっくりなんだよね~」という人もいますよね。 では、 ママチャリでゆっくり走る場合、徒歩20分という距離はどれくらいの所要時間で移動することができるのでしょうか? 自転車の平均速度はどのくらい? 自転車の速度は、 自転車の種類によっても異なってきます。 シティサイクル(ママチャリ)<クロスバイク<ロードバイクの順で速くなっていきます。 さて、ここでわかりやすく2パターンに分けた 換算表をご紹介しておきますね! 徒歩での所要時間を自転車の所要時間に換算したい場合は、ぜひご活用ください!! 徒歩の所要時間から自転車の所要時間への換算表 1.街中を自転車でゆっくり走るケース ママチャリなどで街中を ゆっくり走る場合の所要時間の換算表です。 このように、最初に徒歩での所要時間がわかっていれば、計算さえできれば自転車での所要時間を導き出すことはできますが、距離しかわからない場合はどうでしょう。 よく、「 駅から家まで〇km」「 駅から職場まで〇km」というのを見かけませんか? この場合、自転車移動の所要時間はどのように計算すれば良いのでしょうか?次項で詳しく見ていきましょう! 駅から職場まで約2km!自転車通勤なら何分かかる? 「駅から家まで〇km」「駅から職場まで〇km」というのを見かけたとき、「自転車で移動した場合はどれくらいかかるんだろう?」と疑問に思いませんか? 実は、 これらの距離から自転車で移動した場合の所要時間を簡単に導き出すことができるんです。 例えば、「駅から2km」の場合は自転車だとどのくらいの時間がかかるのか確認してみましょう! 距離から自転車で移動した場合の所要時間を割り出す方法とは? 「 移動したい距離」と「 自転車の種類」がわかれば、所要時間を割り出すのは結構簡単なんですよ! 先ほどもお伝えしたように、自転車の速度は自転車の種類で異なります。 「計算式はわかったけど…計算するのはちょっと…」という方のために、 所要時間早見表もご用意していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。 距離から導き出す自転車での所要時間早見表 1.ママチャリでゆっくり走るケース 「 私、ママチャリなんだよね~」というあなたの場合は、こちらの早見表を参考にして下さい。 最近は、犬の散歩を朝晩合わせて2回行っているのですが…「痩せてる…?」という感じです(笑)。 私が住んでいるところは田舎なので、歩ける距離は歩きますが、後は車移動になってしまうんですよね~。 保育園に通う子供たちの送り迎えも車なのですが、「実際、自転車で送り迎えすれば痩せるのでは?」なんて思ったり…。 では、ウォーキングとサイクリングでは、どちらの方がダイエットの効果を得られるのでしょうか? その答えは…「 ウォーキング」でした~!! なぜ、ウォーキングの方がダイエット効果が高いのかを説明していきますね。 ウォーキングの方がダイエットに効果あり!! ウォーキングとサイクリングでは、そもそも使う筋肉が異なるため単純比較はできません。 ただ、 同じ道を通り、 同じ距離を移動する場合、 消費カロリーだけで見ると 徒歩の方が消費カロリーが高いと言えます。 先ほどからお伝えしている通り、 自転車は徒歩の約2~3倍の速さで進みます。 ということは、同じ道を通り同じ距離を移動する場合、 サイクリングは徒歩の 3分の1~2分の1程度の時間しか運動しないことになるのです。 とは言っても、実際に同じ距離を同じ時間移動して消費されるカロリーを見てみない事には信じがたいですよね。 そこで、私は「CACIO」のWEBサイト「ke! san」で、「ウォーキング」と「サイクリング」で消費されるカロリーを実際に計算してみました。 ウォーキングの消費カロリー 歩く速さが分速80m、体重50kg、歩く時間30分の場合の消費カロリーは、 92kcalです。 参考:「ウォーキングの消費カロリーの計算」 自転車の消費カロリー 自転車の速さが時速8. 参考:「自転車の消費カロリーの計算」 *今回使用したWEBサイトでは、自転車の速さがぴったりと徒歩の2倍3倍になる選択肢がなかったので、自転車の速さが歩く速さの約2倍で計算する形になりました。 多少の誤差はあるにしても、 同じ時間、同じ距離で運動した場合は、明らかに消費カロリーはウォーキングの方が高いですよね! また、通る道に坂道などがあれば、一時的に自転車で走る場合の消費カロリーは上がりますが、それでも全体的に見るとウォーキングの方がカロリーを消費します。 このように、消費カロリーの観点で見るとウォーキングに軍配が上がるのですが、 サイクリングにもいくつか メリットはあるんですよ! サイクリングのメリットは何? 自転車は徒歩に比べると、 膝への負担が少ないです。 また、自転車は徒歩よりも 飽きがこないため、 楽しく続けることができるという人が多いんですよね。 私も自転車を使っていたこ頃は、どこまでも行けそうな気がしていたので、あちこちに出かけていました。 徒歩ではたどり着けない場所まで移動することができますからね! こういった点を踏まえると、サイクリングでダイエットをするのもオススメですよ! ただし、自転車は徒歩よりも 腰に負担がかかるので、 腰痛持ちの場合はウォーキングの方がオススメです。 通勤時にダイエットをしたいと考えているのであれば、「急いでいる時は自転車」「運動量を増やしたい時は徒歩」というように、使い分けてみるのも良いですね。 私個人としては、自分のペースで歩けるウォーキングも、飽きが来なくて長続きさせやすいサイクリングもどちらもオススメですよ! まとめ 徒歩20分の距離を移動した場合などを調査した結果をまとめました。 徒歩20分は自転車だと 約6~7分• 徒歩20分は ママチャリでゆっくり走った場合だと 約10分• シティサイクル (ママチャリ)<クロスバイク<ロードバイクの順で速くなる• 同じ距離を徒歩と自転車で移動した場合は、 徒歩の方がカロリーを消費する 最近は 自転車に関するマナーが 厳しくなってきています。 例えば、人が多い場所であれば車道を走る、交差点は自転車を押して渡るなどなど…さらに、 お酒を飲んだ後に自転車に乗ると、車と同様に「 飲酒運転」となるので気を付けましょう。 また、通勤時に自転車を利用する場合は、時間に余裕を持つようにしましょう。 時間に余裕がなくて急いで移動していると、人とぶつかったりする事故につながることも少なくありません。 最悪、死亡事故になる事もありますので、気を付けて下さいね。 日常的に自転車を使うのであれば、 マナーを守って正しく乗るようにして下さい。 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

徒歩20分って、自転車で何分くらい?時間換算したいならコレ!

自転車 時間 1km

自転車通勤10kmはどれくらい時間がかかるのか 第一に自転車のタイプを• ママチャリ シティーサイクル• 電動自転車• クロスバイク• ロードバイク の四つの種類と自転車通勤が慣れていない 体が鍛えられていない 人と慣れている 体が鍛えられている 人の合計8ケースから10kmで時間がかかるのか?を見ていきます。 各自転車の一般的な平均速度 通勤で想定される速度 は• ママチャリ:14-18km• 電動自転車:16-20km• クロスバイク:16-22km• ロードバイク:18-25km です。 自転車通勤に慣れていない 足の筋肉がまだ鍛えられていない人 のケース 追い風、向かい風の影響もありますが、画像はクロスバイクで向かい風の中を16km走った場合の数値です。 16kmで1時間かかりました。 これが追い風or風がない場合平均速度は18kmとなるでしょう。 ここから計算すると 平均速度16kmで1km辺り3分40秒程です。 平均速度16kmで10km通勤すると 約37分かかることになります。 ここから信号待ち等を考慮すれば、大体40-50分で到着となります。 ここから 自転車通勤に慣れていない人を割り出すと• 自転車の種類による誤差で 最短で30分最長で1時間といった感じでしょうか。 通勤までの距離に信号がどれぐらいあるか?で時間が大きく変動します。 信号などがないサイクリングロードオンリーでいけるならロードバイクで27分は可能だと考えれます。 自転車通勤に慣れている人 足が鍛えられている の場合 足が鍛えられている人は平均速度の上位のスピードで通勤することが可能と言えます。 そこから換算すると• 仮に40分くらいで自転車通勤の目的地に到着するならアリでしょう。 日によって風も向かい風になるとさらに時間がかかりますので空論になりますが参考まで。 自転車通勤10kmで消費されるカロリーは? カロリーの計算は結構難しいです。 なぜなら時間がかかる方が消費されるカロリーが大きいからです。 例えば目的地までの距離が10kmとして30分で着いた人と1時間で着いた人で消費されるカロリーは100キロカロリー以上違います。 上のどれぐらい時間がかかるのか?から仮に実験体が僕として28歳174cm73キロを参考 信号を考慮せず平均速度は最短側 としてカロリーを解いてみると 自転車通勤に慣れていない人 ママチャリ:43分:178kcal 往復356kcal 電動自転車:34分:141kcal 往復282kcal クロスバイク:30分:124kcal 往復248kcal ロードバイク:28分:116kcal 往復232kcal 慣れている人 ママチャリ:34分:141kcal 282kcal 電動自転車:30分:124kcal 248kcal クロスバイク:28分:116kcal 248kcal ロードバイク:24分:99kcal 198kcal あくまで机上の空論に過ぎないが、信号を考慮すれば大体片道で最低でも150カロリー消費されて往復で250キロカロリー消費される計算です。 個人的に通勤ということもあり時間も気にしないといけないのとカロリーのバランスを考えれば10kmの通勤通学が向いているのはクロスバイクと言えます。 こちらで10km目標時の消費カロリーを年齢、性別、体重、身長、時間からデータが出るのであなたが10kmでどれくらいのカロリーが消費されるのか参考にしてみても良いでしょう。 eatsmart. クロスバイクやロードバイクといった軽い車体ならタイヤがよく転がってママチャリだと漕がないと前に進まないといけない部分も楽にできますが、ママチャリで10kmの自転車通学はきつかったですね。 道路やシチュエーションでモチベーションが変わる 通勤までを一直線に行けたり坂道やシチュエーションがなければモチベーションを下げることなく10kmの自転車通勤は可能です。 僕が12kmの自転車通勤をしていた時は• 高架下の階段 スロープ付 から行かないと行けない• 行きは下り道だけど帰りは鬼のような坂道• 基本車道が多く原則車道とは言え通学としては危険 とシチュエーションが多く、モチベーションを高めるのが非常に難しかったです。 こういった何気ないストレスを数年続くと考えると電車通勤の方が楽に感じられたり、「通勤がきついですよ」と話にも出てくると思います。 トラブルが起きると帰りたくなる 10kmの自転車通勤の時に残り8kmに差し掛かったところでタイヤがパンクした。 自転車のそれも学生で通学している人なら一度は経験したことがあるトラブルですよね。 これが自宅から近ければ近いほどもう帰りたくなります。 僕はちょうど下りの坂を降りた時にパンクして萎えてその日の学校を休んだこともありました。 自転車にとってトラブルはつきものですが、ママチャリという重たい乗り物がパンクしてしまうとだるくなって帰りたくなりますし仮に自転車屋さんによってパンク修理をすれば確実に遅刻します。 これがまだ通勤距離が5kmとかだと挽回できますが、10kmになるとやる気も時間を挽回する力もありません。 きついラインギリギリですよ。 実はお金もかかる 意外にお金もかかってしまいます。 10kmの自転車通勤だと地域によってはほぼほぼ違う市内だと思いますし市内が変わればトラブルの量も増えます。 例えばライトの盗難やサドルがなぜか無くなっていたりパンクにブレーキの交換等々、10kmだと自転車が結構痛んできます。 パンクすればタイヤとチューブで3000円ほど、ブレーキは安くて前後200円、ライトも100均にありますが使い物にならないので大体1000円以上と思っているよりお金がかかる場合があります。 これがクロスバイクやロードバイクになると更にお金がかかります。 モチベーション、トラブルを考えると5kmの自転車通勤がおすすめ モチベーションやトラブルのことを考えれば5km以下の自転車通勤がおすすめされます。 往復で10kmになりますしパンクしても5kmくらいならそれなりに歩いて帰れます。 5kmなら歩いて通勤する事もできる 大体1時間弱 ので、大きくカロリーを消費したい時に歩き、少しカロリーを消費したい時に自転車という使い方も可能です。 まとめ 時間は50分. カロリーは180カロリー消費と考えておこう 自転車で10kmの走行する時間とカロリー消費をお伝えしましたが、全体的な平均 スピードを求める自転車乗りではなく一般的に使われる人 として時間は50分、カロリーは片道180カロリーほどが消費されると考えておいて良いでしょう。 仮に10kmの自転車通勤や自転車を10kmサイクリングを楽しみたい場合は一度車とかマップアプリで道の状況を確認してから始めた方が良さげです。 10kmは短いようで長く、やる気が急に落ちる距離でもあるので前準備をよくしてから始めてみましょう。

次の

自転車通勤をするのに適正な距離はどのくらい?

自転車 時間 1km

この記事の目次• 自転車の速度(平均時速)の目安。 出典:国土交通省 国土交通省が2009年に香川県の高松市で2447人を対象に行った調査によると、幼児や児童、高齢者をのぞく一般人や学生の走行速度は、平均で 時速14. 6kmということです。 これは、車道での調査です。 この調査では、自転車についての種別の明記はありません。 ママチャリに乗っていたのか、クロスバイクに乗っていたのかということは、わかりません。 また、個人の年齢や体力について、特に区別しているわけでもありません。 クロスバイク・ママチャリの平均速度の目安 クロスバイクに乗って漕いだときの平均速度 時速 の目安は、上のグラフから考えて、 15km~20kmと言えるのではないでしょうか。 クロスバイクなどは、ママチャリよりも乗車姿勢が前傾になりますので、自分の体重をかけて漕ぐことができる分、軽く速く進めます。 ママチャリに乗って漕いだときの速度の目安は、 時速12km~15kmといったところでしょう。 ママチャリでどこまで行ける? 分速に直すとママチャリでの速度は 0. 2km~0. 25kmです。 ママチャリにのって移動できる時間が、30分だとすると、6~7. 5km離れたところまで行ける、ということになりますね。 Sponsored Links クロスバイクなら1時間で東京から新宿まで 通勤や通学に、クロスバイクを使っている方は多いですよね。 クロスバイクでなら、1時間くらいの乗車もそれほど苦痛ではないでしょう。 電車での通勤ラッシュに比べると、断然楽だ、と感じる方も多くいらっしゃいますね。 クロスバイクに乗って、1時間で行ける距離の目安は、 15km~20kmですよね。 JR山手線の東京から新宿までが 17. 4kmです。 このくらいの距離ならクロスバイクに乗って、1時間で行ける、ということになります。 ちなみに、この区間の乗車だけの所要時間は30分です。 大阪で言うなら、阪神電車の大阪ー西宮間が 16. 7kmです。 急行での乗車時間は20分になります。 電動アシスト自転車の場合は? 電動アシスト自転車なら、さらに漕ぐ力は少なく済みますので、楽に速く行くことができるでしょう。 日本では、電動アシスト自転車の、人力と電力補助の比率は、時速10km以下では、1:2です。 時速10km~24kmに速度が上がるほどに比率は下がり、時速24kmで補助はなくなります。 Sponsored Links 信号待ちの時間は? 毎日の通勤や通学に自転車を使うとなると、気になるのが信号待ちの時間ですよね。 信号待ちの時間は、【歩行者・自転車専用】の信号機のあるところで 90秒~100秒といったところです。 【歩行者・自転車専用】の信号機のない交差点では 30秒~75秒で、平均すると 53秒になります。 自動車・鉄道と比べたら? ここに、こんなグラフがあります。 出典:国土交通省 バス、自動車、鉄道、自転車を使っての、入出庫の時間なども含まれた、移動にかかる時間を比べたものです。 これによると、5kmまでなら乗り物の中で一番速く移動できるのが、 自転車ということなんです。 自転車で時速15kmで走行した場合、入出庫の時間を入れて、 5kmの距離を 24分適度で移動できることになります。 移動距離が 12~13kmくらいまでなら、バスよりも自転車の方が、目的地に早くつける、ということもわかります。 6~7kmの距離だと、 鉄道を利用した時とほとんど同じです。 10km の移動距離を 自動車 と比べてみても、その差は3分ほどしかありません。 ただ、この調査は「都市内」ということですので、場所が変わるとどのようになるのか、ということは興味の引かれるところではあります。 Sponsored Links 自転車用スピードメーターもある 今は、自転車用のスピードメーターも販売されています。 実際に、ご自分の自転車速度が知りたいという方は、こんなのを付けてみるのも面白いですよね。 ちなみにこちらは、走行速度、平均速度、最高速度、走行時間、走行距離などを知ることができるものになっています。 このほかにも、楽天やアマゾンではいろんな機能がついた、たくさんのスピードメーターがあります。 興味のある方はのぞいてみてください。 まとめ いかがでしたか。 自転車の速度は思っていたのと、違いましたか。 最近では、自転車専用の通行帯も整備されつつありますので、自転車での走行がさらにしやすくなってきました。 運動不足になりがちな人たちにとっては、通勤や通学に自転車を使うのは、運動のいい機会にもなりますよね。

次の