エニタイムひたちなか東石川。 那珂市の求人情報

茨城のおすすめ24時間ジムまとめ!隙間時間に効率よくトレーニングを

エニタイムひたちなか東石川

エニタイムフィットネスとは? です。 総合ジムと違いスタジオやプールなどを省いたマシン専門のジムで、筋トレや有酸素運動に特化した人気のジムです。 料金がリーズナブルであることから、スタジオやプールを利用してなかった人やこれまで運動に取り組んでいなかった人が気軽に通えるジムということで多くの人に活用されています。 マシン特化とは言え、ダンベルやバーベルなどのフリーウエイトコーナーも設けられているので、多くの中上級者からも支持されています。 そんなマシン特化型24時間ジムの日本における2大勢力が、エニタイムフィットネスとジョイフィット24。 今回はエニタイムフィットネスに通われている方の体験を通じた評判や口コミなどをお伝えしたいと思います。 エニタイムを検討している人は、ぜひ参考にして下さい。 エニタイムフィットネスの評判・口コミ エニタイムフィットネスで体を鍛えたり、健康維持に役立てたりと多くの人が利用しています。 いまだに会員数が伸びているわけですが、その要因を評判や口コミから見ていきましょう。 もちろん、いい面も多いですが、あまり良くない面もあります。 不満に感じているところも余すことなくお伝えしたいと思います。 1.家から近い・続けられる 24時間ジムはエニタイムに限らず街のあちらこちらに開設されているので、 家から近くて気軽に通えるという声が多くあります。 これは継続率の向上にも繋がっており、家に近いから 続けられるというもう一歩踏み込んだ口コミを見られます。 同時に駅周辺、または駅内に立地していることから会社帰りに通えることも大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、「うちの近くにないので行きたいけどいけない」。 そんな声も聞かれます。 これは近くにオープンするのを待つしかありませんが、立地の選定要因で大きな人口密度や人の流れが影響してくるので、あまり人がいないような地域ではオープンの可能性は低いと言わざるを得ません。 自力ではどうしようもないことから大きなデメリットの一つと言えるでしょう。 2.会費が安い 「会費が安いので選んだ」 スタジオやプールがある 総合ジムに比べてエニタイムフィットネスは20%ほど安くなっています。 、これまで予算面がハードルとなって通えなかった人にとっては最高のプレゼントだと言えます。 スタジオやプールを必要としている人も多くいますが、逆に必要としていない人もいます。 その点を価格と設備のバランスをとり、利用しやすいようにしたのが24時間ジムであり、エニタイムフィットネスです。 これまでスタジオやプールを利用していなかったため、総合ジムに対して割高感を感じていた人々のネック、不満を解消したと言えます。 3.設備が充実している 「安さに惹かれて通い始めけど、意外にも設備も充実していてコスパ最高」 こんな評判もありますが、これは当然のことで、安さの秘密は固定費がかさむプールやスタジオを無くしたマシン特化型のジムであることが大きな要因です。 設備は総合ジムと同等か、ジムによっては総合ジムにないマシンを取り揃えているところもあります。 マシンに特化したことから総合ジムとは比べ物にならないくらい費用の低減が実現できています。 そのため、 安かろう悪かろうではないのが24時間ジムの特徴であり、そうなるのが当然の帰結でもあると言えます。 費用を圧縮できているのに、設備が充実してないとなれば、会員の継続率も落ちて、やがて新規会員の獲得も右肩下がりになってしまいます。 これはサービス業の基本であり、費用面で圧縮できたところは適正な範囲においてお客さんに還元する。 これがなければ衰退の一途をたどることになります。 これはエニタイムだけではありませんが、ジムのメインであるマシンに適正に予算を当てなければやっていけないことを24時間ジムの多くが(おそらく)理解しているところでしょう。 ダイエットしたり、筋肉を付けてかっこいい体を作ったり、マッチョを目指したりと、あたりまえのことが、総合ジム以上にきちんとできるのが24時間ジムです。 とはいえ、エニタイムフィットネスは基本的にフランチャイズ方式をとっているので、ジムによっては劣っているところもあります。 それが次の口コミです。 4.ジムの汚れが目立つ エニタイムフィットネスは、土足OKなので一般的なジムに比べて汚れやすいと言えます。 そんな中、「 ジムの汚れが目立つ・・・」という声も聞かれます。 これはジムによって違いがあり、オーナーの指導やスタッフの質によるところが大きいと言えます。 フランチャイズなので基本的には共通したマニュアルがありますが、細かい部分ではオーナーの考えやスタッフの質が影響してきます。 私が通っていたところは常に清掃しているようなところだったので、汚れは気にならなかったですが、やはり清掃に割く時間が限られていたり、新規会員の対応時間が長いような場合は清掃が行き届かないこともあると思います。 この場合は、一時的なのか、慢性的な状態なのか判断して、いつも汚れている場合は、お客様の声としてジムに要望を出すといいかも知れません。 それでも改善されなければお客さんの視点に立ったサービスが提供されていないことで、信頼できないし、気持ちよく通えないジムになってしまうので、ジムをやめることも検討する必要があるでしょう。 あたりはずれは避けたいところですが、どのような業種でも人や会社の方針によってサービスが損なわれるようなことが起こってしまいます。 このようなリスクがあることを通っている人からの評判から見えてきます。 少しの汚れもダメだと言う人はジョイフィット24など土足禁止のジムを選ぶことを検討するのが良いと言えます。 基本、多くのジムが土足禁止なのでエニタイム以外という大きな枠で考えてもいいかと思います。 5.女性専用コーナーが欲しい ジョイフィット24は女性専用のスペースを設けているところがありますが、エニタイムフィットネスはありません。 そのため、女性の中には「 ジョイフィット24のように専用スペースがあればいいな」という口コミというか、要望、希望も多くあります。 やはり、安心して集中できる環境で筋トレやランニングをしたいのは当然だと思います。 こういうこともありエニタイムにも女性専用スペースを作ってほしいところですが、今のところ女性専用スペースを作る気配がありません。 そのため、どうしても女性専用スペースでトレーニングしたい人は、ジョイフィット24が候補となってくるでしょう。 6.スタッフがいない時間に行くのは不安・・・ 夜間~深夜~早朝は、スタッフがいません。 特に女性の人は心配だと思います。 24時間ジムの宿命とも言うべきものでありますが、深夜の時間帯のコストを考えると致し方ないところです。 女性だけでなく男性も「何かあったら心配」という声があります。 警備会社のシステムが付いていてすぐに呼び出しができますが、やはりすぐ近くにスタッフがいるのと、そうではないのとでは大きな違いだと思います。 この点は、深夜にもスタッフを入れておくことを要望したいと思いますが、ジムの収益を圧迫して質の低下にもつながる恐れがあるので、一概にどちらがいいかは安直に判断できないところです。 24時間ジムの宿命だから仕方ないと捉えるか、経営努力してほしいと考えるか、利用者の判断にゆだねられるところです。 7.シャワーだけ気軽に入りに行ける 特に一人暮らしに多いのは、「 家から近いのでシャワーだけでも気軽に入りに行ける」というもの。 総合ジムだと車で行ったり、ビルの上階にあったりでシャワーだけといったことは面倒で躊躇してしまいます。 その点、エニタイムフィットネスでは24時間いつでも近くのジムに行ってシャワーを浴びることができます。 自宅の光熱費の節約にもなるので、エニタイムの会員にとってはおすすめの利用方法です。 ただし、の項でもお話ししていますが、度が過ぎた利用方法はタブーです。 1日1回程度であればジムで筋トレや有酸素運動をしてシャワーを浴びるという当然の利用方法と同じなので問題ありません。 多くの人は大丈夫だと思いますが、常識の範囲内でマナーを守って利用するようにしましょう。 終わりに いろいろな評判、口コミを見てきましたが、それぞれの感情や店舗ごとのサービスなど細かい部分では無数の声があります。 「スタッフの女性がいつも笑顔で挨拶してくれて気持ちがいい。 やる気満々!」 「なんか自由で楽しい!」 「自分が通っているエニタイムにはフリーウエイトコーナーに筋肉マンが多くいるのでやる気が出る」 逆に 「ムキムキな人に囲まれると自分が情けなくなる」といった声も。 あるいは、 「シャワー室に入ろうとしたら清掃中では入れなかった」 「ドライヤーが壊れているのになかなか新しいのに交換してくれない」 といった評判や口コミもあります。 あなたも実際に通ってみるといろいろなメリット、デメリットが見えてくると思います。 メリットは享受し、デメリットは要望することで、より良い体づくりと環境づくりの一躍を担っていただければと思います。 みんなで作るジム、それがエニタイムフィットネスであり、24時間ジムなのかもしれません。 もともと太りにくく、筋肉も付きにくい体質を改善しようと始めたのが筋トレとプロテインでした。 当時、胸なんかまな板状態。 ベンチプレスは50kgも上げられず、潰れて助けを求めたこともあります。 そして、いろいろな情報を目にしながら、中長期的には痩せすぎも健康に悪いことを知り、脂肪だけでなく筋肉を付けながら健康的に太ろう考え筋トレを始めました。 その結果、168cmで48kgだったのが、2年半で59kgになり、11kgの増量に成功(上記写真右)。 筋トレの過程、結果を通じて筋トレや運動の効果と楽しさを知ったことで、もっと深く学びたいと思うようになり、思い余ってパーソナルトレーナーの専門学校に入学。 入学半年でパーソナルトレーナーの資格試験に合格。 いろいろな側面から筋トレや健康のことをを考えられるようになり、筋トレの面白さ、醍醐味、そして健康の大切さを日々感じているところです。 痩せすぎの時は、疲れやだるさがなかなか抜けなかったのですが、いまではエネルギーに満ちています。 筋トレマガジンでは、これまでの経験などを踏まえて、皆さまに筋トレ情報をお届けしていきます。 そして、その過程、結果で生じる健康効果も享受していただければ嬉しく思います。 どうぞ、よろしくお願いします。

次の

エニタイムフィットネス(ANYTIME FITNESS)|アルバイト・社員採用情報

エニタイムひたちなか東石川

エニタイムフィットネスとは エニタイムフィットネスとは、24時間年中無休で営業しているフィットネスジムです。 スタジオやプールなどはありませんが最新マシンが揃っており、低価格で世界各国の店舗を利用できるのが魅力のひとつです。 料金について エニタイムフィットネスでは、店舗によって月会費に違いがあります。 都内は他の地域に比べ高めの料金設定になっていますが、大体6,000円~10,000円です。 60日間に1番多く利用した店舗が所属店舗だとみなされ、その店舗の月会費が口座から引き落としされます。 尚、月会費の支払いは口座引き落としのみとなっています。 もし残高不足などで引き落としが出来なかった場合は、所属店舗へ問い合わせましょう。 また、入会時にセキュリティキー発行手数料として5,140円が必要です。 入会・退会・休会について 入会したいけどどうしたらいいか分からない、しばらく通えなくなってしまった・・などといった際はどのように対応すればよいのでしょうか。 入会方法 まずは、通いたいと思っている店舗へ電話かメールで施設の見学予約をします。 そのまま入会し、入会当日から施設を利用することも可能です。 また、Web入会というシステムもあり事前に入会しておけば店頭で書類などを記入する時間を短縮できます。 入会手続きをする際は、本人確認書類と金融機関のキャッシュカードの2点が必要となります。 退会方法 所属店舗にて退会届を提出するだけで大丈夫です。 退会したい月の10日までに手続きを済ませるようにしましょう。 退会月の月会費は、退会月の27日に口座から引き落としされます。 休会について エニタイムフィットネスでは、休会の制度もあります。 所属店舗で休会届を提出します。 こちらも締め切りは毎月10日となっており、休会開始希望月の初日から1ヶ月単位で休会となります。 休会中も休会費として1,080円支払わなくてはいけません。 店舗展開エリア エニタイムフィットネスは世界各国に店舗があり、世界27か国4,000店舗以上あります。 国内だけでも400店舗以上あり、特別料金など支払わなくとも自由に全店舗利用できるので気軽に通えます。 設備について エニタイムフィットネスは、24時間年中無休で営業しているのになんでこんなに安いの?と思われる方もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。 まず、エニタイムフィットネスにはロッカールームがありません。 店舗によって違いがありますが更衣室とシャワールームが何個かある、というような店舗が多いようです。 レンタルロッカー 月額1,080円 もありますが、店舗によっては空きがなかったりするので利用したい方は早めに契約するようにしましょう。 アメニティなどの用意もされていないので必要な人は持参しなければいけません。 また、ジムは24時間365日営業をしていますが、スタッフのいる時間は決められていて大体の店舗が10時~19時までとされています。 さらにエニタイムフィットネスでは、ほとんどの店舗でWi-Fiの使用が可能です。 アプリなどで音楽を聴く人にとっては嬉しいサービスです。 トレーニング中の服装や持ち物について エニタイムフィットネスでは、ウェアやシューズなどのレンタルは行っていないため各自で用意しなければいけません。 とくにこの格好でなければ利用できないというような規則はありませんが、動きやすい服装・シューズを用意しましょう。 ジーンズやスパイク、装飾の激しいものなどマシンに傷がつくようなものは禁止されています。 また、持ち物についても規則などはありませんがロッカーがないので貴重品などは、自己管理が必要です。 パーソナルトレーニングについて エニタイムフィットネスでは、事前予約が必要ですが店舗によってパーソナルトレーニングを実施しています。 こちらも店舗によって料金設定がか変わってきますが、70分コースは7,000円~、100分コースは10,000円~となっています。 体験コースが用意されている店舗もあるので、利用したい人は直接店舗へ確認しましょう。 口コミ口コミ件数:5件 平均点数:2. ですがその一方で、他のお客さんに良い印象を感じることができませんでした。 それはある二人組の方です。 その方達は、トレーニングマシーンを二人で独占しただけでなく、利用中も大声で会話をしたり、マシーンを使うでもなく、ただただ居座ったりと私を含め多くの方々が迷惑をしていました。 私たちは時間をずらすなどの工夫はしましたが意味がなく、またスタッフの方が「利用時間は20分まで」との張り紙をするも、当の本人達には何の効果もありませんでした。 そしてスタッフの方も、張り紙をしただけで直接注意してくださる様子もないため、非常に残念な気持ちでいっぱいです。 エニタイムフィットネスはフランチャイズのなので、そこをしっかり理解しておいて欲しいです。 マニュアルはあるだろうけれどジムによってやはり差が出てきます。 基本土足なので、床の汚れ具合も気になるところです。 手が回らなければどうしても床等汚れてしまいます。 また、スタジオやプールが無い分、経費もリーズナブルになっています。 その分マシーン等は十分設備されています。 が、24時間制で深夜帯にはスタッフがいないので、セキュリティ面で不安も感じられることでしょう。 慌てて入会せず、じっくり自分の境遇に合わせて良く考えられることをお勧めします。

次の

エニタイムフィットネス浜北中瀬店が2020年6月5日オープン

エニタイムひたちなか東石川

エニタイムフィットネスとは? です。 総合ジムと違いスタジオやプールなどを省いたマシン専門のジムで、筋トレや有酸素運動に特化した人気のジムです。 料金がリーズナブルであることから、スタジオやプールを利用してなかった人やこれまで運動に取り組んでいなかった人が気軽に通えるジムということで多くの人に活用されています。 マシン特化とは言え、ダンベルやバーベルなどのフリーウエイトコーナーも設けられているので、多くの中上級者からも支持されています。 そんなマシン特化型24時間ジムの日本における2大勢力が、エニタイムフィットネスとジョイフィット24。 今回はエニタイムフィットネスに通われている方の体験を通じた評判や口コミなどをお伝えしたいと思います。 エニタイムを検討している人は、ぜひ参考にして下さい。 エニタイムフィットネスの評判・口コミ エニタイムフィットネスで体を鍛えたり、健康維持に役立てたりと多くの人が利用しています。 いまだに会員数が伸びているわけですが、その要因を評判や口コミから見ていきましょう。 もちろん、いい面も多いですが、あまり良くない面もあります。 不満に感じているところも余すことなくお伝えしたいと思います。 1.家から近い・続けられる 24時間ジムはエニタイムに限らず街のあちらこちらに開設されているので、 家から近くて気軽に通えるという声が多くあります。 これは継続率の向上にも繋がっており、家に近いから 続けられるというもう一歩踏み込んだ口コミを見られます。 同時に駅周辺、または駅内に立地していることから会社帰りに通えることも大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、「うちの近くにないので行きたいけどいけない」。 そんな声も聞かれます。 これは近くにオープンするのを待つしかありませんが、立地の選定要因で大きな人口密度や人の流れが影響してくるので、あまり人がいないような地域ではオープンの可能性は低いと言わざるを得ません。 自力ではどうしようもないことから大きなデメリットの一つと言えるでしょう。 2.会費が安い 「会費が安いので選んだ」 スタジオやプールがある 総合ジムに比べてエニタイムフィットネスは20%ほど安くなっています。 、これまで予算面がハードルとなって通えなかった人にとっては最高のプレゼントだと言えます。 スタジオやプールを必要としている人も多くいますが、逆に必要としていない人もいます。 その点を価格と設備のバランスをとり、利用しやすいようにしたのが24時間ジムであり、エニタイムフィットネスです。 これまでスタジオやプールを利用していなかったため、総合ジムに対して割高感を感じていた人々のネック、不満を解消したと言えます。 3.設備が充実している 「安さに惹かれて通い始めけど、意外にも設備も充実していてコスパ最高」 こんな評判もありますが、これは当然のことで、安さの秘密は固定費がかさむプールやスタジオを無くしたマシン特化型のジムであることが大きな要因です。 設備は総合ジムと同等か、ジムによっては総合ジムにないマシンを取り揃えているところもあります。 マシンに特化したことから総合ジムとは比べ物にならないくらい費用の低減が実現できています。 そのため、 安かろう悪かろうではないのが24時間ジムの特徴であり、そうなるのが当然の帰結でもあると言えます。 費用を圧縮できているのに、設備が充実してないとなれば、会員の継続率も落ちて、やがて新規会員の獲得も右肩下がりになってしまいます。 これはサービス業の基本であり、費用面で圧縮できたところは適正な範囲においてお客さんに還元する。 これがなければ衰退の一途をたどることになります。 これはエニタイムだけではありませんが、ジムのメインであるマシンに適正に予算を当てなければやっていけないことを24時間ジムの多くが(おそらく)理解しているところでしょう。 ダイエットしたり、筋肉を付けてかっこいい体を作ったり、マッチョを目指したりと、あたりまえのことが、総合ジム以上にきちんとできるのが24時間ジムです。 とはいえ、エニタイムフィットネスは基本的にフランチャイズ方式をとっているので、ジムによっては劣っているところもあります。 それが次の口コミです。 4.ジムの汚れが目立つ エニタイムフィットネスは、土足OKなので一般的なジムに比べて汚れやすいと言えます。 そんな中、「 ジムの汚れが目立つ・・・」という声も聞かれます。 これはジムによって違いがあり、オーナーの指導やスタッフの質によるところが大きいと言えます。 フランチャイズなので基本的には共通したマニュアルがありますが、細かい部分ではオーナーの考えやスタッフの質が影響してきます。 私が通っていたところは常に清掃しているようなところだったので、汚れは気にならなかったですが、やはり清掃に割く時間が限られていたり、新規会員の対応時間が長いような場合は清掃が行き届かないこともあると思います。 この場合は、一時的なのか、慢性的な状態なのか判断して、いつも汚れている場合は、お客様の声としてジムに要望を出すといいかも知れません。 それでも改善されなければお客さんの視点に立ったサービスが提供されていないことで、信頼できないし、気持ちよく通えないジムになってしまうので、ジムをやめることも検討する必要があるでしょう。 あたりはずれは避けたいところですが、どのような業種でも人や会社の方針によってサービスが損なわれるようなことが起こってしまいます。 このようなリスクがあることを通っている人からの評判から見えてきます。 少しの汚れもダメだと言う人はジョイフィット24など土足禁止のジムを選ぶことを検討するのが良いと言えます。 基本、多くのジムが土足禁止なのでエニタイム以外という大きな枠で考えてもいいかと思います。 5.女性専用コーナーが欲しい ジョイフィット24は女性専用のスペースを設けているところがありますが、エニタイムフィットネスはありません。 そのため、女性の中には「 ジョイフィット24のように専用スペースがあればいいな」という口コミというか、要望、希望も多くあります。 やはり、安心して集中できる環境で筋トレやランニングをしたいのは当然だと思います。 こういうこともありエニタイムにも女性専用スペースを作ってほしいところですが、今のところ女性専用スペースを作る気配がありません。 そのため、どうしても女性専用スペースでトレーニングしたい人は、ジョイフィット24が候補となってくるでしょう。 6.スタッフがいない時間に行くのは不安・・・ 夜間~深夜~早朝は、スタッフがいません。 特に女性の人は心配だと思います。 24時間ジムの宿命とも言うべきものでありますが、深夜の時間帯のコストを考えると致し方ないところです。 女性だけでなく男性も「何かあったら心配」という声があります。 警備会社のシステムが付いていてすぐに呼び出しができますが、やはりすぐ近くにスタッフがいるのと、そうではないのとでは大きな違いだと思います。 この点は、深夜にもスタッフを入れておくことを要望したいと思いますが、ジムの収益を圧迫して質の低下にもつながる恐れがあるので、一概にどちらがいいかは安直に判断できないところです。 24時間ジムの宿命だから仕方ないと捉えるか、経営努力してほしいと考えるか、利用者の判断にゆだねられるところです。 7.シャワーだけ気軽に入りに行ける 特に一人暮らしに多いのは、「 家から近いのでシャワーだけでも気軽に入りに行ける」というもの。 総合ジムだと車で行ったり、ビルの上階にあったりでシャワーだけといったことは面倒で躊躇してしまいます。 その点、エニタイムフィットネスでは24時間いつでも近くのジムに行ってシャワーを浴びることができます。 自宅の光熱費の節約にもなるので、エニタイムの会員にとってはおすすめの利用方法です。 ただし、の項でもお話ししていますが、度が過ぎた利用方法はタブーです。 1日1回程度であればジムで筋トレや有酸素運動をしてシャワーを浴びるという当然の利用方法と同じなので問題ありません。 多くの人は大丈夫だと思いますが、常識の範囲内でマナーを守って利用するようにしましょう。 終わりに いろいろな評判、口コミを見てきましたが、それぞれの感情や店舗ごとのサービスなど細かい部分では無数の声があります。 「スタッフの女性がいつも笑顔で挨拶してくれて気持ちがいい。 やる気満々!」 「なんか自由で楽しい!」 「自分が通っているエニタイムにはフリーウエイトコーナーに筋肉マンが多くいるのでやる気が出る」 逆に 「ムキムキな人に囲まれると自分が情けなくなる」といった声も。 あるいは、 「シャワー室に入ろうとしたら清掃中では入れなかった」 「ドライヤーが壊れているのになかなか新しいのに交換してくれない」 といった評判や口コミもあります。 あなたも実際に通ってみるといろいろなメリット、デメリットが見えてくると思います。 メリットは享受し、デメリットは要望することで、より良い体づくりと環境づくりの一躍を担っていただければと思います。 みんなで作るジム、それがエニタイムフィットネスであり、24時間ジムなのかもしれません。 もともと太りにくく、筋肉も付きにくい体質を改善しようと始めたのが筋トレとプロテインでした。 当時、胸なんかまな板状態。 ベンチプレスは50kgも上げられず、潰れて助けを求めたこともあります。 そして、いろいろな情報を目にしながら、中長期的には痩せすぎも健康に悪いことを知り、脂肪だけでなく筋肉を付けながら健康的に太ろう考え筋トレを始めました。 その結果、168cmで48kgだったのが、2年半で59kgになり、11kgの増量に成功(上記写真右)。 筋トレの過程、結果を通じて筋トレや運動の効果と楽しさを知ったことで、もっと深く学びたいと思うようになり、思い余ってパーソナルトレーナーの専門学校に入学。 入学半年でパーソナルトレーナーの資格試験に合格。 いろいろな側面から筋トレや健康のことをを考えられるようになり、筋トレの面白さ、醍醐味、そして健康の大切さを日々感じているところです。 痩せすぎの時は、疲れやだるさがなかなか抜けなかったのですが、いまではエネルギーに満ちています。 筋トレマガジンでは、これまでの経験などを踏まえて、皆さまに筋トレ情報をお届けしていきます。 そして、その過程、結果で生じる健康効果も享受していただければ嬉しく思います。 どうぞ、よろしくお願いします。

次の