きめ つ プラバン。 鬼滅の刃(きめつのやいば)工作まとめ、折り紙、アイロンビーズ、プラバン、衣装、マスクなど盛りだくさん!ピアノも練習しちゃうぜ!

ワンランク上のプラバン作り

きめ つ プラバン

プラバン用にポスカ買ったものの・・・ プラバン工作用にポスカ買ったけど、結局使えていない私。 せっかくあるので、とりあえず研究してみることにしました。 今回は、にヤスリをかけたものかけてないもので、の使用感を比較。 使用したのはと 焼いた跡のサイズの変化も一緒にご覧ください。 (と思ったんだけど、写真撮り忘れた。 縮んだら横が2cmぐらいになってました。 ) 描き心地 4〜5センチ四方に切った2枚のプラバン。 左はやすりをかけた方。 右は、やすりをかけていないつるつるの方。 で線を書いてみまーす! 描き心地はやすりをかけたほうが、しっかり描ける。 つるつるの方ははじきます。 拡大してみる 拡大してみた! まずはやすりをかけていない 「つるつる」の方から。 弾いている。 でも、 ゆっくり描くと弾かれにくいっぽい。 スピードに気をつけると下記のようにガタガタに弾かれたようにはなりにくい。 乾いてなければで拭くこともできる。 これなら失敗しても安心。 でも、 が乾いてもで強くこすれば取れてしまいます。 でもでも、ちょっとにごった感じになるので、なるべく拭かない方がよさげ。 やすりをかけた方は、スピード早く描いても 弾かれることなくきれいな線を描くことができる。 やすりでつけた 小さなキズにインクがしっかり入り込んでるのかな。 ちなみにこれはで撮影。 肉眼で見た限りではこんなに傷は大きくない。 やすり有りもティッシュでこすってみる。 と、取れない! こりゃあ、失敗できない。 焼いてみた 焼くときは、1枚ずつ。 木綿の手袋をつけて、落ち着いて作業する。 このオーブントースターは、予熱の必要もなくプラバン工作にかなり使いやすい。 このオーブントースターがおすすめな理由はから。 焼いた後はプレス!タウンページみたいな分厚い本が定番? 今回は手元にあった無印のモノサシで。 sponsored link 線の定着はよさそう やすり有りはすりガラスみたいに白く曇ったようになるので、 が目立たない? いつもならやすり有りのプラバンは色えんぴつやルで着色するけど、 今回は実験なので割愛。 つるつるのやすり無しの方が、ポスカの色は目立つ。 ペン部分が若干モリッとなっている。 つるつるの方は線が影になって写ってるー! 塗りたいとき は「塗る」時も活躍する。 塗る時のポイントは2つ。 1:塗る部分にヤスリをかける。 弾かれなくなり、塗りやすい。 インクも均一になりやすい。 2: 薄く塗るために、軽い筆圧で手早くペンを動かす。 この時、 均一に薄付きにすることが大事である。 塗る時は、塗りたい面を線で囲う。 (下記写真みたいに。 ) そして2センチぐらいの幅で手早くポスカを動かす。 決してペン先を押しこんでインクを出して広げないこと。 やってみたらインクがたくさん出てきて広げても広げてもまだたくさん残っていて、 最終的にでオフすることになってしまった。 めんどくさいし、プラバン表面も汚くなる。 本当におすすめしない。 写真はのもの。 上のウシネコさんはムラになっている。 頭あたりの薄付きが理想。 ペン先が固いので、コピックに比べると描きやすい。 つるつる(やすり無し)でポスカ使うとき 描くスピードを気をつける つるつるの方が描きやすいけど、弾かれないけどインクのせすぎない絶妙なスピードで描く。 難しい。 いくつか、 プラバンの端っこで練習が必要そう。 インクのせ過ぎたら 綿棒で吸い取ったりでリカバリーできる。 でもこれも、実は吸収しすぎたりすることもあって、調整めんどくさい。 失敗できるけど、なるべく失敗しないように準備 拭いても若干濁りが残るので、なるべく失敗しないように 一発勝負! ザラザラ(ヤスリ有り)で使うとき ザラザラプラバンにポスカは剥がれにくいけど、失敗できない! 紙やすりでザラザラにしてからポスカで描くと、焼いても コーティングがなくても剥がれることがありません。 家の鍵のキーホルダーに使ってたけど、全然剥がれませんでした。 でもつるつるに比べると、 本当に失敗できない。 でもスピードを気にすることないので、 比較的落ち着いてやればいけそー。 筆圧が濃すぎるとインクがブワっと出てくることに気をつける。 今回の実験で、紙の上でやってしまって 少し青ざめた。 消せないので、これやったら やり直しになってしまう!.

次の

【これがあればすぐ始められる!】プラバンに必要な材料とおすすめプラバン

きめ つ プラバン

Contents• A4サイズの紙にはリボンの型を描くのに使います。 リボンは幅3センチ、横26センチ、真ん中のクビレの部分は2センチが良いでしょう。 リボンのクビレ部分に巻くプラ板は、幅2センチ、横11~12cmが合っています。 ヤスリは細目が理想で、荒目にするとプラ板が傷つくだけで色がのりません。 繊細な色を塗りたいならパステルが適していますが、色鉛筆でも問題ありません。 スティックのりは指輪を作る時に使いますが、円柱状なら何でも良いです。 意外と簡単にできるアクセサリー 今回のレッスンでは、私はフォローにまわり、製作が得意なスタッフに指導をお願いしました。 短大生の生徒はマンツーマンレッスンだったので、リボンの型作りからです。 保育士を目指しているので、最初からやる方が後々役に立つからです。 事前にスタッフが作った見本を見せながら、どうすれば簡単に型を作れるか、ヒントを与えながら考えてもらいました。 紙に型を描いたら、それをプラ板にのせてなぞります。 そしてプラ板をハサミで切っていき、色塗りの工程へ。 プラ板に色鉛筆で色を塗ることは出来ません。 色を塗るためには、ヤスリを使ってプラ板の表面をこするという工程が必要です。 生徒は本当にそんな事で色が塗れるのか半信半疑でしたが、プラ板に色を塗れた時は目を見開いて驚いていました。 子供の頃にプラバン製作をしたことがあるかと生徒に尋ねたら、「ある」と言っていました。 しかし、オーブンの熱で変形するプラバンの様子を見て驚いていたので、やったことがないか、覚えていないようです。 私やスタッフは経験はありますが、10年以上ぶりなので、クネクネ曲がるプラバンを見ると、改めて面白いと感じました。 リボン製作は時間との勝負。 熱い内に両端を真ん中に折り曲げます。 リボンなのでふっくらさせる必要がありますが、軍手をしながらなので難儀しました。 それから、リボンのクビレ部分に別のパーツを取り付けます。 その際、髪留めのゴムも一緒に巻き込むのですが、軍手のせいで難易度が一気に高くなります。 悪戦苦闘しながらも、生徒は見事完成することができました。 指輪はリボンと比べると簡単です。 プラ板にパステルで色を塗り、好きなスヌーピーを油性のマジックペンで描きました。 一見、色が薄いように見えますが、焼くと色が濃くなります。 熱い内に、スティックのり(円柱状なら何でも良い)に巻きつけ、冷えて固まったらOK。 とても可愛いスヌーピー指輪が完成しました! 午後からは小学生と幼児グループ。 短大生の時とは違い、模型となる紙はこちらが用意。 それをなぞってもらいました。 なぞっている時に、A君がイスから少し離れた姿勢で描いていたので、ちゃんと座るように言うと「この姿勢の方が描きやすいんやけどな~」と言ってきました。 確かに、しっかりなぞれていました。 姿勢を正した方が字を綺麗に書ける、集中しやすくなる、落ち着くといった事が一般的に言われていますが、発達障害のある人の中には、それが当てはまらないことがあります。 はたから見て姿勢が悪いように思えても、その人にとっては書きやすかったり、集中しやすかったりします。 感覚というものはその人にしか分からないので、明らかに悪い結果が出ていない限り、自分の感覚を押し付けてはいけません。 『受容』が大切だと言いますが、生活において、こういうささいな部分が意外と重要だったりします。 リボン製作は難易度が高めなので、幼児のBちゃんは遅いだろうと思っていたのですが、一番に焼く工程に入りました。 他の生徒達は凝った柄を作っているから時間がかかっているとはいえ、それでも早かったです。 以前はピンクばかりを使っていたのに、黄色も使い始めたので、こだわりが少し脱却しつつあるなと感じました。 Cちゃんは鬼滅の刃にハマっており、主人公が着用している服の柄を採用。 細かい作業ですが、集中力を発揮して塗り続けていました。 A君はポケモンシールドのエンブレム(?)。 男の子って感じの作品ですね。 ふと私が子供の時は剣を描いたのを思い出しました。 いつの時代も、剣と盾は男の子の憧れですね 笑 Bちゃんはプラバン初体験とあって、最初はオーブンに入れるのが「怖い」と言ってやろうとしませんでした。 そこで、勇気づけを含めて、スタッフと一緒にプラ板を持ってオーブンの中に入れることに。 その後は不安が取り除かれ、一人で入れられるようになりました。 プラ板がクネクネ曲がる様子は非常に面白かったようで、食い入るように見ている姿は可愛かったです。 プラバン製作経験のある小学生組もマジマジと見ていました。 焼けたかどうかの確認もありますが、プラバンはついつい見入ってしまいますね。 軍手をはめて、リボンが冷めるまでクビレ部分を押さえます。 その後、リボンのクビレ部分に巻くプラ板を熱し、巻きつけて完成。 綺麗なオリジナルリボンの完成。 女の子は髪留めのゴムをくぐりつけていますが、男の子はキーホルダーにしました。 全体的に色が濃いのは、油性マジックペンでゴシゴシとやり過ぎてしまったためです。 色鉛筆やパステルを併用していたら、もっと色鮮やかな色になっていたでしょう。 指輪も完成。 それほど苦戦することなく出来ました。 さっそくカバンにつけていました。 こういうのを見ると、やって良かったと思えますね。 学校やその他の場所で、周りの人達はどういう反応を示してくれるのか期待です。 ワンランク上のプラバン製作をした理由 プラバンは学校や日常生活において作る機会があります。 単純にプラバン製作をするだけならやる必要がないのですが、生徒それぞれに理由があったため行いました。 スキルアップのために 保育士を目指すなら基本と応用の製作物を作れるようになっておいた方が良いです。 というのも、子供に携わる仕事をしたいなら、何かを作れるというスキルはあった方が自信となり、心の支えにもなり、評価を得やすいからです。 工作が苦手な私はそれから逃げてしまったために、苦しんだ時期がありました。 だから生徒には同じ思いをして欲しくありません。 色々な遊びの経験 幼児はまだまだ知らないことも多く、学びの時期です。 プラバンという製作物を知ることで、遊びの幅は広がります。 Bちゃんは初めての事は不安になりやすいタイプですが、経験していると問題なく遊べます。 年齢的にまだ早い遊びでも、先取りで経験しておくことで、いざ学校等でやる時に参加しやすくなります。 自己肯定感を高める 普通のプラバンなら興味を示してもらいにくいですが、ワンランク上の作品なら興味を示す人はいます。 さりげなく作品をアピールすることで、友達やクラスメイトに羨ましがられ、「教えて」と言われる可能性があります。 自己肯定感が低い人は、誰かに教えてと頼まれることは少ないです。 少ない故に、頼まれた時は物凄く嬉しく感じ、自己肯定感が高まることもあります。

次の

プラバンでポスカを使うときに注意することとコツ【写真12枚】

きめ つ プラバン

プラバン(白色)• イヤリング• 油性黒マジック• 油性赤マジック• 油性銀マジック• 下書き用ボールペン• 物差し• 接着剤 作り方はこちら• まずサイズを決める• 物差しや5円玉、瓶のふたなどを使って模様を下書き• 油性マジックで色を塗る• オーブントースターで焼く• 5㎝ なかなかいいんじゃないでしょうか 発色も悪くないです 揺れる耳飾りをご所望だったようですが 自分でつけられるよう、こちらの挟むタイプ(蝶バネイヤリング 丸皿付)をチョイス 本物とそっくりと大喜び! すぐさまご近所のお母さま方に 「作った!褒めて!」 のアピールしに出かけていきました 「今度は着物柄でキーホルダーを作ってみようかな」と 息子たちの次つぎと作りたいものが浮かんでいるようですが 息子たちよ 少し母さんを休憩させてくださいよ mamecon.

次の