ぺこら とは。 アレクサンダル・コラロヴ

「いちゃこら」の意味とは!類語や例文!

ぺこら とは

コラ Kora [1] コラとは、人を注意するときに使う言葉。 [2] コラとは、コラージュの略。 【年代】 明治時代~[1]・平成時代~[2] 【種類】 [2] 『コラ』の解説 [1] コラは親が子に、教師が生徒にといった上の立場の人がきつく言う場合や、恋人・友達といった対等な立場の人が冗談っぽく言う場合など、様々な場面で人を注意する際に使われる。 コラはもともと鹿児島弁である。 明治時代の警察官は多くが薩摩(現在の鹿児島県)出身者で占められていた。 そんな薩摩出身の警官が使ったことから コラは全国に普及した。 [2] コラとは写真や絵画など切り貼りして作られるアート「 コラージュ」の略である。 インターネットで使われる『アイ コラ』の コラはここからきている。 また、アイ コラの略として コラを使う場合もある。 スポンサードリンク 『コラ』の関連語.

次の

コラ(こら)

ぺこら とは

「こら」の語源は指示代名詞の「これ」です。 「こら」の形はおそらく「これは」が縮まったものだと考えられます。 日本語の指示代名詞はどれもが、そのまま、または末尾の e音 を a音 に変えた形で、間投詞になります。 これ! こら! = こいつ! それ! そら! = ほら! あれ? あら? どれ! どら! 「これ、こら」は叱るとき。 「それ、そら」は物を渡すときや見せるとき、「ほら」は「そら」の音が変化したもの。 「そら見ろ」=「ほら見ろ」。 「あれ、あら」は何かを怪しんだときや疑問を抱いたとき。 「あれ、おかしいな」 「どれ、どら」は何かを試みるとき。 「どれ、私が見てみよう」 怒ったときや叱るときになぜ「これ、こら」というかですが、同じ状況で、「こいつ!」とか「このやろう!」とかいうのに、「あいつ!」といっては叱りません。 叱る対象はすぐ近くにいるので、近くにあるものは「これ」で指すからです。 「これはどうした!」>「こらどうした!」>「こら!」 「あれは何だ?」>「あら何だ?」>「あら?」.

次の

「こら!あんた母親を口説いて何しようっていうの!」をすぐに無料で読む方法を調査!|漫画大陸

ぺこら とは

「こら」の語源は指示代名詞の「これ」です。 「こら」の形はおそらく「これは」が縮まったものだと考えられます。 日本語の指示代名詞はどれもが、そのまま、または末尾の e音 を a音 に変えた形で、間投詞になります。 これ! こら! = こいつ! それ! そら! = ほら! あれ? あら? どれ! どら! 「これ、こら」は叱るとき。 「それ、そら」は物を渡すときや見せるとき、「ほら」は「そら」の音が変化したもの。 「そら見ろ」=「ほら見ろ」。 「あれ、あら」は何かを怪しんだときや疑問を抱いたとき。 「あれ、おかしいな」 「どれ、どら」は何かを試みるとき。 「どれ、私が見てみよう」 怒ったときや叱るときになぜ「これ、こら」というかですが、同じ状況で、「こいつ!」とか「このやろう!」とかいうのに、「あいつ!」といっては叱りません。 叱る対象はすぐ近くにいるので、近くにあるものは「これ」で指すからです。 「これはどうした!」>「こらどうした!」>「こら!」 「あれは何だ?」>「あら何だ?」>「あら?」.

次の