要件 定義 書 テンプレート。 [Doc] 要件定義書テンプレート・要件定義書の書き方

要件定義書のサンプルってないですかね?大規模でハードが絡むよ...

要件 定義 書 テンプレート

要求仕様書とは、ビジネスにおいて、何かを依頼するときに使うもので、依頼の内容をまとめた仕様書のことです。 メーカーからデザイン会社にデザインを発注するときなどにも使いますが、一般的には工学分野の現場で使います。 例えば、ある新商品のパッケージをリニューアルすることになったとします。 その際デザイン会社には、イメージ・デザインの全体的な印象・納期・予算など様々なことを伝える必要がありますが、その内容をまとめたものが要求仕様書です。 工学分野(多くの場合システム開発のことを指します)における要求仕様書は、「機能を修正したい」「新しく機能を追加したい」などの要望に沿って、対応の仕方、費用、開発期間、その他注意点などを記載する書面のことです。 要求仕様書の原点はユーザーの声です。 エンドユーザーがより使いやすいもの、よりメリットのあるものを使いたい、という要望が上がることで、そのビジネスを行っている企業や団体がシステム開発を行うことを決めます。 つまりその企業や団体はシステム開発における発注者ということになります。 発注者は開発者(すなわちシステム開発を手掛ける会社など)にユーザーの要望や費用、納期などを書面で提示します。 これが要求仕様書の第一段階です。 開発者側はその要求仕様書に沿って、システムの中身、費用、開発期間、その他注意点などを書面にまとめ、要求仕様書を完成させます。 これを要件定義書ということもあります。 要求仕様書と要件定義書の違いは下でまとめていますので、ご参考ください。 要求仕様書は、開発者側の設計やプログラミングなどのための指示書を作るもととして活用することにもなります。 目的はシステム開発の指針となるものです。 例えばスケジュールで迷ったり、トラブルが起こった時、目的を再確認することでどういった対処をすべきなのかが見えてくることがあります。 目的ははっきり明確に具体的な書き方をしましょう。 目的の数が多く、見やすさを優先させる場合には箇条書きで書くことも有効です。 具体的な目標事項を以下に列挙する。 ~ 2. ~ 3. ~ システム開発にはテスト実施が不可欠です。 システム利用開始までに行うテストの方法を記載する項目です。 <テスト方法テンプレート> 1. また、結果を「テスト実施結果報告書」にまとめ、提出すること。 システムの利用開始前に十分なテスト期間を確保し、信頼性の確認を行うこと。 システム利用開始後であっても、テスト不足を認められる場合には、必要なテス トを実施すること。 また、その結果、システムが本業務仕様に適合しない事実が発見されたときは、速やかに、見直しを行うこと。 但し、システムの見直しにあたっては、稼働中の サービス の運用に最も影響の少ない方法で実施しなければならない。 上の定義でも書きましたが、「要求仕様書」と「要件定義書」は違います。 要求仕様書とは、やりたいことは明確になっているものの、具体的な実現手段までは分かっていないユーザーの要望書であることに対し、要件定義書とはユーザーの要求を実現する具体的な解決策(手段や方法)を示したシステムの仕様書です。 よって、まずは要求仕様書が発注者から提示され、その後話がまとまっていくにつれて、受注側である開発者やプログラマーなども加わって要件定義書が作られていくことになります。 ただし、要求仕様書についても完全に発注者だけで作るものではなく、システム開発側も加わって作ることが多いので、要求仕様書と要件定義書の線引きがあいまいな場合もあります。

次の

「要件定義書」とは?サンプルやテンプレートで書き方を徹底解説!

要件 定義 書 テンプレート

はじめに 要件定義は、システム化構想の結果を受けて、「どんな業務にしたいのか検討し、その業務を実現するために必要なシステムを整理する」工程である。 ゆえに、要件定義書には 「業務要件」と 「システム要件(機能と非機能)」の2つを書けばよく、具体的な記載内容は決められていない。 とはいえ、担当者の能力で記載内容が変わるようでは、システム品質に差が出てしまうことから、記載内容やテンプレートを整備している企業も多い。 まずは自社ルールを確認してみる良いだろう。 なお、要件定義書を書き上げるまでの途中成果物として作成する資料については、下記をご覧いただきたい。 要件定義書の目次(例) 1. 業務要件の定義 1-1. 業務概要 1-2. 規模 1-3. 時期・時間 1-4. 場所 1-5. 管理すべき指標 1-6. システム化範囲 2. 機能要件の定義 2-1. システム機能要件 2-2. 画面要件 2-3. 帳票要件 2-4. 情報・データ要件 2-5. 外部インターフェース要件 3. 非機能要件の定義 3-1. ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 3-2. システム方式要件 3-3. 規模要件 3-4. 性能要件 3-5. 信頼性要件 3-6. 拡張性要件 3-7. 上位互換性要件 3-8. 継続性要件 3-9. 情報セキュリティ要件 3-10. 情報システム稼働環境要件 3-11. テスト要件 3-12. 移行要件 3-13. 引継ぎ要件 3-14. 教育要件 3-15. 運用要件 3-16. 保守要件 書くことが多すぎて嫌になるかもしれないが、過去のプロジェクトから書ける内容も多いため、ゼロから全てを書き上げる必要はない。 関連記事: では、さっそく、要件定義書の書き方について、下記3つに分けて説明していこう。 業務要件の定義 2. 機能要件の定義 3. 非機能要件の定義 業務要件 業務要件には、主に下記6つを記載する。 1-1. 業務概要 1-2. 規模 1-3. 時期・時間 1-4. 場所 1-5. 管理すべき指標 1-6. システム化範囲 業務概要 業務の概要では、下記の4つを記載する。 1)背景と目的 2)用語の定義 3)業務の概要 4)現行システム概要 1)背景と目的 システム化が必要な背景と目的を簡潔に記載する。 これらは要件定義より前の「企画」の段階で整理されているはずなので、企画段階の資料をもとに書くと良いだろう。 なお、背景と目的がピンとこない人は下記のように考える理解しやすい。 例) 業務時期:月初から第三営業日までに実施 業務時間:9時〜17時 場所 システム化対象業務が関係する場所や組織について概要を記載する。 業務フローに対して、Where(どこで?どこに?)の観点で整理すると良いだろう。 管理すべき指標 システム化対象業務にて、管理すべき指標を記載する。 重要業績指標(KPI)で考えるとイメージしやすい。 KIPの例については、下記のサイトが参考になる。 システム化範囲 対象業務のシステム化範囲を明確に記載する。 文章だけだとどうしても伝わりづらいので、「1-1. 業務概要」の業務フローや現行システムと合わせて記載すると良いだろう。 機能要件 機能要件には、主に下記5つを記載する。 2-1. システム機能要件 2-2. 画面要件 2-3. 帳票要件 2-4. 情報・データ要件 2-5. 外部インターフェース要件 システム機能要件 今回開発するシステム機能について、機能一覧や機能構成図に全体像をまとめる。 システム機能一覧の項目(例) ・機能名 ・機能種別(画面、帳票、バッチ等) ・処理概要 ・利用者 など 見積りに影響するような難易度の高い機能については、詳細な説明を記載しよう。 (別紙でも良い) ここには開発する機能を全て列挙するため、運用保守や移行に関係する機能も含めること。 画面要件 画面要件では、画面一覧/画面遷移図/画面レイアウトなどに加えて、具体的な画面イメージを記載する。 帳票要件 画面要件と同じく、帳票一覧/帳票レイアウトなどに加えて、具体的な帳票イメージを記載する。 情報・データ要件 保管するデータ項目の一覧やデータ量の想定件数を記載する。 ER図などを用いて表現することも多い。 外部インターフェース要件 今回開発するシステムと処理連携やデータの授受を行う他システムを一覧にまとめる。 システム機能一覧の項目(例) ・外部インターフェース名 ・外部インターフェース概要 ・連携方式(バッチorオンライン) ・送受信区分 ・相手先システム ・送受信タイミング ・送受信条件(ファイル転送等) など データ連携手法の選定する際には、下記の記事が参考になる。 非機能要件 非機能要件には、主に下記5つを記載する。 3-1. ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 3-2. システム方式要件 3-3. 規模要件 3-4. 性能要件 3-5. 信頼性要件 3-6. 拡張性要件 3-7. 上位互換性要件 3-8. 継続性要件 3-9. 情報セキュリティ要件 3-10. 情報システム稼働環境要件 3-11. テスト要件 3-12. 移行要件 3-13. 引継ぎ要件 3-14. 教育要件 3-15. 運用要件 3-16. 保守要件 ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 システム利用者の種類や特性 今回開発するシステムの利用者について、ITリテラシーの水準を記載する。 利用者のITリテラシーが低い場合は、画面構成や操作方法をよりシンプルにする必要があるだろう。 ・可用性 「使いたいときに使えるか」の指標。 一般的には稼働率を記載する。 ・完全性 「データの欠損や不整合がないこと」の指標。 機器の破損への対策、ログの取得など、定性的な書き方となることが多い。 拡張性要件 利用者やデータ量の増加といった「性能の拡張性」や、「システム機能の拡張」における要件を記載する。 上位互換性要件 OSやソフトウェアのバージョンアップにおける要件を記載する。 継続性要件 「信頼性要件の可用性」と同じ意味合いだが、こちらは大規模災害時における復旧目標時間や、データのバックアップについて記載する。 予備システムを別拠点に準備しておき、災害発生時に切り替える…というような冗長性具体的に書く場合もある。 情報セキュリティ要件 開発するシステムが満たすべきセキュリティの要件を記載する。 具体的には、.

次の

要件定義書のサンプルってないですかね?大規模でハードが絡むよ...

要件 定義 書 テンプレート

Web制作向けの要件定義書のテンプレートが見つからなくて困った経験はありませんか? 要件定義書は書類数も多く、1から作るのはとても時間がかかる作業です。 この記事では、Web制作向けの要件定義書に使えるテンプレートを紹介します。 プロジェクトの規模やお好みに応じて適宜調整して使ってみてください。 Webサイト制作・依頼を超効率化する要件シート このシート1枚で要件定義書に必要な内容がおおよそ記入できるようになっています。 このテンプレートは、業務システム構築のためではなく、Webディレクターの方がWeb制作向けに作成したものなので、とても使いやすいです。 ページ中央部の「Webディレクターがつくった要件シートのダウンロードはこちらから」というボタンからダウンロードできます。 (エクセルファイル形式) サイトマップ(構成図)のテンプレート エクセル形式や、パワーポイント形式のシンプルなサイトマップテンプレートがダウンロード可能です。 記事内の「テンプレートととしてご利用下さい。 [XLSX]sitemap [XLS]sitemap」というリンクからダウンロードができます。 ガントチャートのテンプレート ガントチャートについては、オンラインのスケジュール管理サービスからエクスポートしてくる手もありますが、エクセルファイルで管理したい方にオススメしたいテンプレートです。 xlsx」をクリックして、View Rawをクリックするとファイルをダウンロードできます。 課題管理表のテンプレート 使いやすい課題管理表テンプレートがダウンロードできます。 達成率を重要度別にカウントしたり、課題が完了したことを入力すると行に色がつくなど、便利な機能がついています。 xls 50KB 」というリンクをクリックしてダウンロードしてください。 プロジェクト体制図のテンプレート シンプルなプロジェクト体制図のテンプレートがダウンロードできます。 ダウンロードするには、体制図のサムネイル画像をクリックしてください。

次の