命に 嫌 われ ている。 命 に 嫌 われ て いる リコーダー 楽譜

piapro(ピアプロ)

命に 嫌 われ ている

命に嫌われている 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。

次の

命に嫌われているの歌詞を、

命に 嫌 われ ている

カテゴリ• 「死にたいなんて言うなよ。 」 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱えて今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きてく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもとうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 「正しいものは正しくしなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない。 すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 タイトル『命に嫌われている』の意味 「命」とは、生きているもの、ヒト、動物、植物が持っているものですが、具体的な「もの」ではなく、目に見えないものです。 「命」事態に感情はないように思えますが、タイトルでは「命」に感情があるかのように、何か、誰かが『命に嫌われている』とつけられています。 「命」に嫌われた、「命」を持つもの。 「命」は、そのものにひとつしかありません。 自身の「命」に嫌われてしまったら、どのように生きていけばいいのか。 『命に嫌われている』とは、正直に生きられない、辛い気持ちを抱いている、死にたいと思ってしまった人を表しているのではないでしょうか。 『命に嫌われている』のテーマ 「命」、「生きること」をテーマにしている楽曲ですが、歌詞中には世間一般にあふれている応援歌のような、「大丈夫」とか、「がんばる」とか、生やさしい言葉は入っていません。 人間の裏側の感情をあぶりだし、それでも最後は 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 感情の起伏のないメロディが続きます。 言葉のひとつひとつが重くのしかかってくるようです。 「死ぬな、生きろ」と簡単に言うけれど、他人が生きていようが死のうが自分には関係のないこと。 誰かを傷つけても気が付かずに、周りの評判を気にしては世界の平和を叫ぶ。 映画やドラマ、作り物の世界に影響された少年は、間違いを犯してしまう。 映像が浮かんでくる、惹きつけられる歌詞。 軽々しく扱われる「命」 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱えて今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きてく。 そんなSFを妄想してる 日々をなんとなく生きている。 やりたいことを見出せず、やりたいことがあったとしてもお金もない。 現代の問題が裏側に見えてきます。 人間はいつかはかならず死ぬ。 生きる意味がわからなくても、本当は死にたくはない。 ベッドに横になり、考えているところがリアルに浮かんできます。 矛盾だらけ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 必要なのは君だけだから。 でも、君も僕もいつかは死んでしまいます。 だから、いつか死ぬなら、今の全てを抱えて、支えて、生きよう。 ラストのサビは、力強く歌われます。 まとめ タイトルから重いテーマを感じさせるこの楽曲。 VOCALOIDが歌うことに意味があるように思います。 生身の人間が感情をこめて歌うよりも、感情のない、何を考えているのかわからない、冷たい、感情のない感じがとても歌詞とマッチしているのではないでしょうか。 明日、死んでしまうかもしれない。 今日を必死に生きましょう。

次の

命 に 嫌 われ て いる リコーダー 楽譜

命に 嫌 われ ている

そらるside 『死にたいなんて言うなよ!』 『諦めないで生きろよ!』...... そんな歌が正しいなんて、きっと馬鹿げてる。 実際自分は死んでもよくて。 周りの奴らが死んだら....... 当然悲しくて。 そ「それが嫌だから......... 」 っていう、ただの俺のエゴ。 死んだら悲しいっていうのに、他人が生きてもどうでもよくて。 時には周りを嫌うことだって、一部のファッションで。 それでも『平和に生きよう!』だなんて...... どんなに素敵なことなのだろう。 俺が活動してる、このネットの世界であったって、必ず誰かが死んで。 それを嘆いた赤の他人が、それをテーマに歌って。 それに感化された少年が、ナイフを持って走る。 これは全て俺の実体験。 俺らは...... きっと、命に嫌われている。 価値観もエゴも、全てを他人に押し付けて。 いつも誰かを殺したい歌を作って、簡単に電波で配信する。 だから、命に嫌われている。 軽々しく『死にたい』だとか。 軽々しく命を見てる、俺らは [chapter:命に嫌われている。 ] [newpage] まふまふside お金がないので、今日も。 一日中惰眠を謳歌する。 生きる意味なんて見出せなくて、一日中惰眠を謳歌することを無駄と自覚しながら息をする。 『寂しい』なんて言葉で、この心の傷を表していいのだろうか。 そんな意地ばかり抱え、今日も1人でベッドに横たわる。 ナイフを持って走っていた少年だった僕たちは、もう青年になっている。 年老いていつか枯れ葉のように、死ぬことすら誰にも知られずに朽ちていく。 物語だったら、不死身の体を手に入れて、一生死なずに生きて行くと思う。 そんなSFを、ずっと妄想してる。 自分が死んでも、別にどうでもよくて。 だけど、周りの人たちには生きていて欲しくて。 そんな矛盾を抱えて生きてくなんて、きっと貴方に怒られてしまう。 『正しいものは正しくいなさい!』 『死にたくないなら生きていなさい!』 その言葉の通りに生きて、悲しくなるなら。 悲しくなっていいんだったら。 ずっと1人で笑っていてよ。 僕らは、命に嫌われている。 幸福の意味すらわからずに、生まれた環境ばかり憎んで。 簡単に過去の自分を呪う。 僕らは、命に嫌われている。 『さよなら』 その言葉が好きすぎて。 建前じゃない、本当の別れなど知らない僕らは [chapter:命に嫌われている。 ] [newpage] ???side 幸福も、別れも、愛情も、友情も。 ただの滑稽な夢の戯れで。 買おうと思えば、カネで買える代物。 「明日死んでしまうかもしれない」 「全て無駄になるかもしれない」 朝も、夜も、春も秋も。 必ず誰かがどこかで死ぬ。 絶対に死なないなんてこと...... ありえない。 そ「夢も、明日も、何もいらない。 まふが生きていたならそれでいい。 」 あぁ、愛されてるんだね。 いいなぁ...... ま「そうか、本当は........... そういうことが歌いたいんだ。 」 僕らは、命に嫌われている。 結局いつかはみんな、みんな死んで行く。 君だって、こうやって話してる僕だって。 いつかは枯れ葉のように朽ちてく。 そんな日が来るまで僕らは、必死に生きて。 命を抱えて、必死に生きて。 時には殺して、あがいて、笑って、抱えて。 [chapter:生きて、生きて、生きて、生きろ。 ] [newpage] いつだって僕らは、命に嫌われているから。 〜end〜.

次の