体調を気遣う 言葉。 体調を気遣う言葉・文章5選!相手に返信の心配させないビジネスメールも

お見舞いメールにおすすめの3つの言葉と詳しい例文5つ〜社会人がおさえておくべきマナー

体調を気遣う 言葉

梅雨見舞いの手紙の書き方 文例 梅雨お見舞い申し上げます 梅雨空のうっとうしい季節ですが日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私のほうは、梅雨の季節が無い温暖な沖縄でひさびさの休暇をとりお陰さまで毎日元気に過ごしております。 この様な雨が長く続きますと風邪なども引きやすくなりますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 お陰さまで私たちは、北海道に帰省しておりましたが、ようやく戻りお便り差し上げた次第でございます。 憂鬱な季節折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。 夏だと言うのに長雨に打たれ憂鬱にもなりますが、どうぞご自愛くださいませ。 また今後もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。 ごたごた慌ただしくご挨拶出来なく申し訳ございませんでした。 季節柄、憂鬱な日が続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 今後も変わらぬ ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 今年の梅雨はいつになく長く続き嫌な思いも致しますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 いつもお気遣いお世話になりありがとうございます。 恒例の事ですがバタバタと慌ただしい日々を過ごしていますが、元気に毎日を送っています。 そろそろ夏本番の時期が訪れますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 私たち家族は、お陰さまで風邪も引かずに過ごしております。 今年はいつになく梅雨が長く感じられるので体調にも気を使ってしまいますね。 これからも変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 晴れた夏の訪れが待ち遠しいものですね。 梅雨が過ぎ去ったら、またお話しでもと思っております。 、体調を崩しやすい時期です。 どうかご自愛ください。 立春のご丁寧なご挨拶をありがとうございました。 ご挨拶も申し上げず誠に申し訳ありません。 実は春先より体調を崩し入院を余儀なくされていました。 お蔭さまで随分と体調も回復しましたので、ご挨拶申し上げた次第です。 今後もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。 お陰さまで、私どもも家族全員、この梅雨の憂鬱さにも負けずに頑張っております。 梅雨が明けもし近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 心よりお待ち申し上げております。 これからもどうぞよろしくお願いします。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例1 先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。 夏も本番近いと言うのに雨の日が続いておりますね。 梅雨明け後に近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例2 先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。 お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。 ご心配くださる体調もまったく問題はありませんのでご安心ください。 夏の納涼時にお会いしたいと思います。 追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。 末筆になりましたが、皆様お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例3 このたびはお手紙をいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで家族それぞれ元気に風邪も引かずに過ごしております。 また陰で支え応援してくださる叔母様のお蔭と誠に感謝いたしております。 今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。 夏とは言え梅雨の時期は寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛下さい。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例4 このたびは、心温まるお手紙を本当にありがとうございました。 お陰さまでこちら家族全員それぞれに元気で楽しい毎日を過ごさせて頂いております。 長雨が去り、もし近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

次の

お見舞いメールにおすすめの3つの言葉と詳しい例文5つ〜社会人がおさえておくべきマナー

体調を気遣う 言葉

これは「自分の体を大切にしてください」という意味で、性別や上下関係を問わずに使える便利なフレーズです。 しかし、すでに体調を崩している相手を気遣う言葉としては不適切なのです。 そのような場合は「お大事に」等、別の言葉で締めましょう。 また「ご自愛ください」の間違った使い方で「お体ご自愛ください」というものがあります。 「自愛」には「お体をお大事に」という意味が含まれていますので、重複表現になります。 「くれぐれもご自愛くださいませ」とまとめるのがいいでしょう。 ですから、気遣いのメールを送る前に、相手がどんな状況なのか、ある程度知っておいたほうがいいでしょう。 本当は回復したらすぐにでも対応してほしいとしても、そのようなことは書かないのが気遣いです。 「ごゆっくり養生なさってください」等と書いてあれば、相手も安心して休めますね。 「わざわざお見舞いなんて」と思ったとしても「お見舞いに行くとかえってご迷惑かと思い」等と書きます。 こうすることで気遣いがあったと思わせる効果があります。 もちろん、相手との関係や状態によっては実際にお見舞いに行くのがいいでしょう。 以下は「体調を気遣うメール」の例文です。 相手の状況によって、自分でアレンジしてみましょう。 定型文そのもののメールよりも、書いた人の生きた言葉が伝わるメールの方が喜ばれますからね。

次の

季節の変わり目…体調を気遣う手紙はいつ頃?何月に出せばいいの?

体調を気遣う 言葉

梅雨見舞いの手紙の書き方 文例 梅雨お見舞い申し上げます 梅雨空のうっとうしい季節ですが日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私のほうは、梅雨の季節が無い温暖な沖縄でひさびさの休暇をとりお陰さまで毎日元気に過ごしております。 この様な雨が長く続きますと風邪なども引きやすくなりますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 お陰さまで私たちは、北海道に帰省しておりましたが、ようやく戻りお便り差し上げた次第でございます。 憂鬱な季節折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。 夏だと言うのに長雨に打たれ憂鬱にもなりますが、どうぞご自愛くださいませ。 また今後もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。 ごたごた慌ただしくご挨拶出来なく申し訳ございませんでした。 季節柄、憂鬱な日が続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 今後も変わらぬ ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 今年の梅雨はいつになく長く続き嫌な思いも致しますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 いつもお気遣いお世話になりありがとうございます。 恒例の事ですがバタバタと慌ただしい日々を過ごしていますが、元気に毎日を送っています。 そろそろ夏本番の時期が訪れますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 私たち家族は、お陰さまで風邪も引かずに過ごしております。 今年はいつになく梅雨が長く感じられるので体調にも気を使ってしまいますね。 これからも変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 晴れた夏の訪れが待ち遠しいものですね。 梅雨が過ぎ去ったら、またお話しでもと思っております。 、体調を崩しやすい時期です。 どうかご自愛ください。 立春のご丁寧なご挨拶をありがとうございました。 ご挨拶も申し上げず誠に申し訳ありません。 実は春先より体調を崩し入院を余儀なくされていました。 お蔭さまで随分と体調も回復しましたので、ご挨拶申し上げた次第です。 今後もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。 お陰さまで、私どもも家族全員、この梅雨の憂鬱さにも負けずに頑張っております。 梅雨が明けもし近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 心よりお待ち申し上げております。 これからもどうぞよろしくお願いします。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例1 先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。 夏も本番近いと言うのに雨の日が続いておりますね。 梅雨明け後に近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例2 先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。 お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。 ご心配くださる体調もまったく問題はありませんのでご安心ください。 夏の納涼時にお会いしたいと思います。 追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。 末筆になりましたが、皆様お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例3 このたびはお手紙をいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで家族それぞれ元気に風邪も引かずに過ごしております。 また陰で支え応援してくださる叔母様のお蔭と誠に感謝いたしております。 今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。 夏とは言え梅雨の時期は寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛下さい。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例4 このたびは、心温まるお手紙を本当にありがとうございました。 お陰さまでこちら家族全員それぞれに元気で楽しい毎日を過ごさせて頂いております。 長雨が去り、もし近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

次の