鈴木奈々 始球式。 鈴木奈々はライバルタレントを意識?涙の謝罪招いた「遅延始球式」裏事情!

鈴木奈々はライバルタレントを意識?涙の謝罪招いた「遅延始球式」裏事情!

鈴木奈々 始球式

27日に行われたプロ野球「楽天-ロッテ」(楽天生命パーク宮城)で、タレントの鈴木奈々が務めた始球式の影響で試合開始が遅れ、来場客やファンから非難が殺到した。 同戦は鈴木がイメージキャラクターを務める太子食品が「タイシデー」としてイベントを行っていたことから、同社が28日になって、公式ツイッターで「皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。 当日はマウンドに上がった鈴木が、打席のロッテ・荻野、先発マスクの楽天・嶋に「待って待って」と連呼。 「行きます!」と10回以上叫びながらボールを投げず、投球モーションを一度やめる演出も加え、後方に待ち構えていたマスコットをずっこけさせた。 ただ、冷たい雨も降り、試合開始も目前。 「ボークだぞ」と笑っていたファンも次第にいら立ち始め、「早く投げろ!」と怒号が飛び交った。 マスコットが腕時計をさすポーズで催促し、鈴木はようやく投球。 捕手の手前でバウンドし、「うわー」と悔しそうにその場でうずくまった。 投球後、異様な空気を察したのか、鈴木は猛ダッシュでベンチへ。 だが、遅延始球式の影響で試合開始は4分遅れとなった。 その後、球団を通じて「すごく緊張して、投げるタイミングを逃してしまった」と反省のコメントも発表した。 選手は真剣勝負を控え、ファンはプレーボールを待ち構えている状況。 先発投手はプレーボールに合わせてブルペンで肩を作り、コンディションを整えている。 鈴木がまっさらなマウンドに両手と両膝をつく動作も、先発投手に配慮を欠いた行為ととられても仕方なかった。 楽天の先発・美馬が立ち上がりに崩れ、二回までに5失点したことで、ネット上にはその要因を鈴木の始球式に結びつける声もあった。 近年、プロ野球の始球式ではゴールデンボンバーの樽美酒研二やEXILE、GENERATIONSの関口メンディー、稲村亜美らの剛速球が話題になった。 DeNAの試合ではタレント・柳沢慎吾やダチョウ倶楽部が鉄板ネタを織り交ぜた始球式でファンを笑わせてきたが、これらは試合開始までに十分な時間を取っていた。 今回、鈴木が行った始球式は監督同士がメンバー交換後に行う通例のもの。 ただ、あくまで主役は選手。

次の

鈴木奈々が始球式炎上騒動を半泣き謝罪。プロ野球の試合開始時間遅れでバッシングの嵐、選手も苦言。

鈴木奈々 始球式

イメージキャラクターを務める 鈴木奈々さんが始球式を務めたのですが、 マウンドに上がってから中々投げずに、試合開始が4分遅れるという事態になっていました。 この事を受けて、 太子食品が公式ツイッターで謝罪しました。 タイシデーにご来場下さりました皆様、並びに選手・球団関係者、芸能事務所の皆様、タレント鈴木奈々さん 誠にありがとうございました。 そして当日の始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした。 私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております。 野球を見に来たのであって鈴木奈々さんを見に来たのではないのですから。 観客と選手、見ていた全員が、 「早く投げろ」 と思ったのではないのでしょうか。 太子食品としては、この日の試合は「 タイシデー」として 同社をアピールする絶好な機会だったと思うのですが、 スポンサーの落ち度と言うより、 始球式について説明不足という事もあったとは思いますが、 鈴木奈々さんの空気の読めなさが悪かったような気がしますね。 試合は「 タイシデー」と題して、同社がスポンサーとしてバックアップ。 一夜明けたこの日、同社が公式ツイッターを更新し「タイシデーにご来場下さりました皆様、並びに選手・球団関係者、芸能事務所の皆様、タレント鈴木奈々さん誠にありがとうございました」と感謝の言葉をつづりつつ「そして当日の始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。 さらに「私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております」とお詫びの言葉を記した。 yahoo. — パ・リーグ.

次の

鈴木奈々の〝遅延始球式〟がプロ野球界に与えた悪影響 WEDGE Infinity(ウェッジ)

鈴木奈々 始球式

2019年MLB開幕戦、ヤンキースタジアムでの始球式に臨んだレジェンド、マリアーノ・リベラ元投手。 27日に楽天生命パークで行われたプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマーリンズ戦の公式戦での出来事だ。 試合開始前の始球式にタレントの鈴木奈々が登場。 場内DJから「お願い致します」とアナウンスされても「待って、待って! 」「緊張する! 」などと叫び続け、モーションに入りながら投球しないという〝ボーク〟まで見せて再三に渡ってじらし続けた挙句、ようやく投げた。 この前代未聞の〝遅延行為〟によって試合開始が4分も遅れてしまったのだ。 スタンドからは当然のように罵声が飛び交い、鈴木に対してはネット上で今も嵐のごとく凄まじい批判が殺到している。 この日、仙台にある楽天生命パークの天候は小雨が降り注ぐあいにくの空模様で気温も7度。 風も吹いており、体感温度は個人差もあるものの5度前後にまで下がっていただろう。 そんな悪条件の中で楽天の選手は守備について待機しており、さらにロッテの1番打者・荻野貴司外野手が打席に立たされ、マスクを被っていた楽天の嶋基宏捕手も茶番劇に付き合わされるハメになった。 ウォーミングアップを終え、これから真剣勝負の場に臨む心構えが出来ていた中、この愚行によって楽天、ロッテの面々の誰もが水を差されてしまった。 最大の被害者は、楽天の先発・美馬学投手かもしれない。 それが証拠に試合開始直後の初回でいきなりの2失点。 マウンドに向かおうと準備していたところで、このような馬鹿げた行為によって足止めを食らったのだからリズムを崩してしまったとしても無理はないだろう。 結局、この日の楽天は連敗を止められず、さらに翌28日も敗れて悪夢の4連敗を喫してしまった。 「あのおバカな始球式のせいで悪い流れに拍車がかかってしまった」という指摘も、あながち的外れではないと思う。 とにかくそれぐらいの「暴挙」であった。 27日の試合を「タイシデー」としてバックアップしたスポンサーの太子食品は騒動が大きくなったこともあって「当日の始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と公式ツイッター上で謝罪し、同社側の準備と説明不足が騒動を招いた要因とした。 しかし同社のイメージキャラクターを務める鈴木の謝罪コメントは28日時点で出ていない。 球界関係者の間からも「スポンサー側が自社のイメージキャラクターを庇う気持ちは分かるが、やはり当時者の鈴木さんが〝申し訳ありませんでした〟と一言でも口にしない限り、この騒動は沈静化しないのではないか」との声が上がっている。 試合開始が4分も遅れてしまった時点で、あの茶番行為が予定調和の演出でなかったことは明らかだろう。 楽天の球団関係者は困惑しながら、こう内情を明かす。 「実は鈴木さんがマウンドに登場するのも予定より遅れ、2分ぐらい〝押して〟しまっていた。 マウンドに上がる前から鈴木さん側が準備にもたついていたと聞いている。 その上、いざフタを開けてみたらマウンドではあんなことをやらかしてしまうんだからシャレにならない。 スポンサーさんも、そして我々球団サイドとしても鈴木さん側には『限られた時間なのでスムーズに行きましょう。 ご協力をお願い致します』と通達し、先方も了承していた。 あれでは明らかな『確信犯』と言われても仕方がない」.

次の