障る 意味。 「禍々しい」と「忌々しい」の違いとは?分かりやすく解釈

癇に障るの意味!言葉の成り立ちを分かりやすく解説!

障る 意味

「癇に障る」について この 「癇に障る」は、口語では意味さえ知っていれば特に問題なく使えますが、漢字で表記する場合には少し問題がある言葉です。 「癇に障る」の意味とは 「癇に障る」は、 「かんにさわる」と発音してください。 この発音は聞いたことがある人も多いでしょう。 「癇」とは、人間の誰もが体の中にこの 「虫」を飼っており、これが刺激されることで怒りの感情が湧くと言われています 科学的な根拠はありません。 それに 「障る」 その虫が刺激される という意味の言葉で、 「腹立たしい」 怒る前兆の状態になった という意味で使います。 刺激される対象の 「癇の虫」 かんのむし は 「疳の虫」と表記されることがあり、 「癇に障る」も 「疳に障る」と書いても間違いではありません。 「癇に障る」の言葉の使い方 癇に障るは、腹立たしく思った時に使う言葉です。 「あいつの態度が癇に障った」などという使い方をよく見聞きします。 似たような意味の言葉も多いですが、比較的昔から存在している言葉で、前項の説明で挙げた 「癇の虫」も、その昔からの言い伝えだと考えてください。 尚、表記して使う場合、 「癇」、 「疳」の二文字共に常用漢字ではない為、 「かんに障る」と平仮名にされることも多いです。 「癇に障る」を使った例文 癇に障るを使った例文です。 「障る」 さわる は 「触る」と同じ意味ですが、 「癇に触る」は間違いなので、このように表記しないように気を付けてください。 「癇に障る」の例文1 「最終的に合意はしたが、こちらが譲らなくてはいけなかったのが癇に障るところだ」 合意の為に、自分たちの方が条件などを譲らなくてはいけなかったことが癇に障ったと言っています。 「癇に障る」は、多少拡大解釈して 「悔しく思う」という意味でも使える言葉で、この例文の場合はそちらの方で解釈し、 「〜が悔しいところだ」とするといいでしょう。 「癇に障る」の例文2 「いちいち癇に障る奴だ」 その人の言動全てが腹立たしいという使い方です。 実際にはそこまでいかなくても、腹の立つようなことを繰り返す人に対して使う基本的な形だと考えてください。 「癇に障る」の例文3 「あんなことを言われて、癇に障らない方がおかしい」 この 「障らない方が」という使い方もよく見聞きします。 「怒らない方が」と解釈してください。 この使い方から、それほどのことを言われたのだと分かる例文です。 「癇に障る」の類語や類義表現 癇に障ると似た意味の言葉です。 意味だけでなく、見た目もそっくりの言葉があるので注意が必要です。 「癪に障る」 しゃくにさわる 見た目が 「癇に障る」と大変似ているので、このように表記されているのを 「かんにさわる」と間違えて読んでしまうこともあるくらいです。 「癪」 しゃく は胸が苦しくなる病気の総称として使われる言葉です。 それが起こってしまうそうだと解釈し、 「腹立たしくてムカムカする」という意味で使います。 その為、意味もほとんど一緒です。 これが幸いして、 「癇に障る」と 「癪に障る」は、例え間違え使ってしまっても、意味だけは通るという点が面白いところです。 この2つを見分けるコツとして、 「癇」は 「間」という字が入っているので 「かん」と読めると覚えておくと便利です。 「イラっとする」 若者の間では、 「癇に障る」よりこちらの方が使われています。 意味は 「癇に障る」と同じだと考えて構いません。 このまま片仮名で使うことが多いですが、 「イラ」には 「苛」という漢字が当てはまります。 これを使って、 「苛つく」としても意味の同じ類語になります。

次の

「障る」に関連した英語例文の一覧と使い方

障る 意味

今回は「触る」と「障る」という同訓異字について学びましょう。 この2つの言葉には全く違った意味を持つ言葉です。 言葉の使い方の注意点なども踏まえて、今回はこの2つの言葉を上手に使い分けができるように詳しく説明します。 「触る」と「障る」の具体的な意味の違い まず最初に「触る」の意味について説明します。 「触る」とは、「 体の一部、特に指や手のひらや足先などが 物に 軽く くっつく」とあります。 また、 「障る」とは「動きなどがそれにさえぎられる。 差しつかえる。 害になる」とあります。 「障る」は文語動詞「障ふ さう 」 せきとめる、邪魔する と同じ語源から生まれた言葉です。 また、「触る」については「触れる」という言葉も同じ意味として用いられています。 スポンサーリンク この場合はどちらの「さわる」?具体的な使用例を紹介! ・降り出した雪を手で「さわる」 ・降り出した雪に手が「さわる」 1つ目の例文のように、 意図的に「さわる」場合に「 触る」を使用するのが本来正しい使い方です。 2つ目の例文のように意図しないで「手がさわる」状態の場合、本来は「触れる ふれる 」を使用するのが正しい使い方になります。 ですが、最近では「手がさわる」のように間違った使い方がされている場合も多いので間違えないように気を付けましょう。 ・彼の言動はいちいち気に「さわる」 ・あまり神経質になってばかりいると健康に「さわる」 この場合は 「障る」が正解です。 どちらも「害になる」という意味で「さわる」という言葉を用いていますので、「障る」が正しい使い方になります。 触る・障るの言葉の意味の違いとは?まとめ 「触る」「障る」という同訓異字は、全く違った意味を持つ言葉ということがご理解いただけたでしょうか。 「触れる。 物に軽くくっつく」という意味を持つ「触る」に対し、「障る」は「害になる」という意味を持つ言葉です。 2つの言葉には明確な違いがありますので、使用する際には間違えないように気を付けましょう。

次の

「禍々しい」と「忌々しい」の違いとは?分かりやすく解釈

障る 意味

「癪に障る」の語源と意味は? 最初に「癪に障る」の語源と意味からみていきましょう。 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」となります。 「癪(しゃく)」という字は難しく見えますが、部首「やまいだれ」の中に「積」という字が入った漢字で、「障る(さわる)」は「障害」「故障」などの「障」となります。 「癪に障る」の語源は「胸部に激痛が走る意味の癪」から まず「癪に障る」の語源を把握する上で大切なのは、「癪」という言葉の意味から理解することでしょう。 「癪」とは、胸部や腹部が急にけいれんを起こし激痛が走る病状「さしこみ」または「疝痛(せんつう)」のことを指しています。 人は不快で腹が立つと、胸部や腹部が痛むことがありますが、この症状にちなんで「癪に障る」という表現が生まれました。 「癪に障る」の意味は「不愉快で腹が立つこと」 「癪に障る」とは「不愉快な気分で、腹が立つこと」を意味する言葉です。 何か気に入らないことがあり、気持ちがむしゃくしゃすること、またイライラ、ムカムカする状態を指しています。 そのため、間違っても心は穏やかな状態ではありません。 一般的に「癪に触る」時は、言動が粗野で暴言を吐きがちになることがほとんどでしょう。 もちろん、言葉にもトゲがあり、表情もしかめっ面です。 「癪に障る」は英語で「be irritated」「feel offended」 英語で「癪に触る」を表現するときは、腹が立つ、気持ちがイライラするという意味の「be irritated」や「feel offended」を使うのがよいでしょう。 その他、不快な気持ちを表現するなら「be annoyed」「be frustrated」も状況によって使うことができます。 Her attitude really annoyed me. あの子の態度、本当に癪に障るわ。 癪に触るようなことはするな。 「癪に障る」の使い方で気を付けたい点と例文 続いて「癪に障る」の使い方で気を付けるべき点を挙げながら、わかりやすい例文とあわせて解説します。 「癪に障る」を「癪に触る」と表記するのは誤り もともと「癪」は腹痛を表す「病状」のことで、特定の場所やものを指す言葉ではありません。 そのため、何かに触れるという意味の「触る」を使うのは誤りとなります。 ちなみに「障る」には「差し支える」「支障ができる」という意味があり、この場合はイライラすることによって引き起こされる「癪」という病状が行動に支障をきたすというニュアンスで「障る」が使われていると解釈できます。 「癪に触る」と「癇に障る」を混同しない 「癪に触る」に似た言葉に「癇に障る(かんにさわる」がありますが、この二つは意味が多少異なります。 「癪に障る」は「腹が立ち、気に障る」ことですが、「癇に障る」は「気に入らないことが原因で腹立たしく思う」ことを意味する言葉です。 たとえば、「癇に障る」の例文を挙げると「気取った話し方が癇に障る」「堂々とし過ぎる態度が癇に障る」などになり、純粋に腹が立つという意味の「癪に障る」とはニュアンスが少し異なります。 混同しがちな二つの表現ですが、文章に用いる時は正しい意味合いの方を選ぶようにしましょう。 「癪に障る」を使った例文 「癪に障る」を使った例文をいくつか挙げてみます。 癪に障るようなことをするべきではない。 感情のままに部下を叱る上司が、とても癪に障った。 癪に障るようなことはした覚えがないのに、彼女は一日怒っている。 今日はデートの日。 満員電車で足を踏まれたが、なぜか癪に障らなかった。 「癪に障る」の類語は? 最後に「癪に障る」と言い換えのできる類語についてみていきます。 状況やイライラの度合いによって上手に使い分けをしてみて下さい。 「癪に障る」と言い換えのできる類語は「気に障る」や「鼻につく」 「癪に障る」の類語には「気に障る」「鼻につく」「気分を害する」「不愉快に思う」などがあります。 「癪に障る」には腹立たしく不快な気分になるという意味がありますが、程度によっても表現が少しずつ変わってくるでしょう。 「鼻につく」なら「何となく不快で気になる」程度ですが、「気分を害する」となると「楽しい気持ちが妨害される」という意味になります。 状況によってふさわしい類語を選び、言い換えをするようにしましょう。 不快な気持ちを強く表す類語なら「むしゃくしゃする」や「うっとうしく思う」も 「癪に障る」を特徴的な表現を使って言い換えるなら「むしゃくしゃする」「うっとうしく思う」などが挙げられます。 また、本当にイライラして胸中が不快感だらけという意味では「胸くそ悪い」も類語の一つでしょう。 しかし、言葉が与える印象がやや暴言的な表現であるため、使う相手には十分気を付けるようにして下さい。 まとめ 「癪に障る」は「しゃくにさわる」と読み、意味は「不快に思う」「腹が立つ」となります。 日常ではイラっとしたり、気分を害された時に「癪に障る」という表現をよく使いますが、そもそも「癪」とは胸部や腹部に激痛が走る病状を指し、腹が立った時に胸や腹に不快な痛みのようなものを感じるところから生まれた表現となります。 ビジネスシーンや職場でも「癪に障る」言動に出くわすことがあるでしょう。 その時は大きく深呼吸をして「癪」を鎮めるようにすることも大切です。

次の