米油 レシピ。 米油は本当に危険か?|圧搾製法で作られた安全な米油の選び方

米油の効能は魅力的だけど使い方がわからない!?レシピを知ったら万能だった

米油 レシピ

そもそも米油って何? 皆さん、米油と聞くとどんなイメージがありますか?最近は、オイルブームとなっていてお料理に使う油もいろんな種類のものがりますが、米油も料理などで使うイメージがあるのではないでしょうか。 「米油」というと、お米から抽出された油?と思いますが、実はそうではなくて、玄米から白米に生成されえる際の「米ぬか」から抽出される油のことです。 米ぬかは、昔から美容にもよいとされていますし、とても効果がありそうですよね。 それでは、米油の美容・美肌効果はどのようなものなのでしょうか? 米油の美容・美肌効果は? 米油には、食用のものと化粧用のものがあり最近では食用のものをスーパーでも見かけるようになってきました。 米ぬかから抽出された油というだけで体によさそう!と思いますが、実はその秘密は「スーパービタミンE」とも呼ばれる「トコトリエノール」という成分です。 スーパーとつくだけあって、そのビタミンEの効果は、普通のビタミンEのなんと50倍もの抗酸化力があるのです。 抗酸化とは、体のサビ(酸化)を防止する作用のことで、体がサビにくく(酸化しにくくなる)ことが、美肌はもちろん若々しさを保つために重要と言われているのです。 」 例えば、揚げ物は体に良くないと言われるのは酸化した油を取り込むことで体をさびやすくしてしまいますが、米油は酸化しにくいので体がさびにくくなり動脈硬化の防止にも役立つと言われているのです。 食べるだけでなく、お肌に直接塗る化粧用としても大変効果的で、シミを抑制させるさようや、スキンケアとして、またマッサージオイルとしても使うことができます。 米油石鹸のレシピ そんな米油を贅沢に手作り石鹸に配合したレシピをご紹介します。 <材料> オリーブオイル 250g 米油 100g ラード 150g 苛性ソーダ60g 精製水175cc お好みで香りづけの精油など <準備するもの> ・エプロン ・目を保護するゴーグル、マスク、 ゴム手袋 ・新聞紙 ・鍋、ボウル、泡だて器、スプーン2本 ・温度計、スケール、ゴムベラ、カップ、 ・耐熱性のプラスチック容器 ・石鹸を流しいれる型 <作り方> 1苛性ソーダと精製水を耐熱容器に入れ、かき混ぜる 290度くらいまで発熱するので、水の入ったボウルに容器ごと入れて40度前後まで冷ます 3オイルをすべて一緒にし、40度くらいまで湯せんで温める 4苛性ソーダ水とオイルを合わせて、泡だて器で混ぜる 5生地で絵が描けるくらいしっかりとしてきたら、お好みの香り付けや色付けをして型に入れる 61日間おいて、固まっているようなら型から出し、一か月ほど風通しの良い暗冷所において熟成させる 米油をつかった石鹸はなかなか手に入らない?! いかがでしたか?少し、手が込んでいて難しそうに感じるかもしれませんが、米油をこれだけ贅沢に使用した石鹸は市販でもなかなか手に入りません。 米油の美容効果は高く、エステサロンなどでは、マッサージオイルとして使われているところもあります。 そんな少し贅沢なものでも、手作り石鹸なら簡単に日常生活に取り入れることができます。 普段毎日使うものをちょっと贅沢にするだけでバスタイムが楽しくなるはずです。

次の

【みんなが作ってる】 米油のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

米油 レシピ

おはようございます。 「博多とよみつひめ」といういちじくを沢山いただきました。 そのまま食べても甘くて、果汁たっぷりで果肉がやわらかい 「博多とよみつひめ」 前回は、白あえにしましたが、今回はピザにしました。 ワインに合う。 果物の中でも、いちじくって一番好きかもしれない。 なぜって、ワインに合うフルーツだから。 おいしくいただきました。 せっかくいただいた美味しいいちじく、 むだにしないようにいろいろ作ったよ。 いちじくのサンドイッチ 甘いもの、フルーツが苦手な主人が おいしいって(嫁に甘い夫ですみません)。 毎朝、喜んで食べてくれたよ。 いちじくのチーズケーキ ただチーズケーキにいちじくをトッピングしただけなんですけどね(笑)。 これも、主人が美味しいって たびたび嫁に甘い夫ですみません。 ジャムも作ったよ きれいな色でしょう。 このジャム、美味しい。 わりとしょちゅうジャム作っているんだけど、 今まで作ったジャムで一番おいしいかも。 やっぱり私って、いちじくが好きなんだわぁ。 「いちじくの白和え」「いちじくとゴルゴンゾーラのピザ」 「いちじくのサンドイッチ」「いちじくのチーズケーキ」 「いちじくのジャム」 すべて動画にしました。 見ていただけると嬉しいです。 おはようございます。 祇園にある「ホルモン千葉」に焼肉を食べに行きました。 こちらのお店、超人気店で土・日は予約ができません。 開店前から行列で、主人がこのお店の前を 通る度に、行ってみたいって騒いでいたお店です。 コロナ後だったら、あっさり入れそうってことで行ってみました。 行列どころか、早い時間だったせいか お客は、わたしたち夫婦だけでした。 帰り際に2組ほど入ってきましたが…。 ご来店時は事前にご確認ください。 とりあえずビール つきだしの豚煮込み お刺身もある ハツ刺しを頼む おいしい。 ハツって好きなのよね。 あとは、千葉のコースを頼むことにする。 ますは、コク塩 なかおちカルビ、マルチョウ、舌のつけ根 ツナギ、タンコリ うんまい。 ホルモンが新鮮だから全然臭みがない。 主人、レモン酎ハイ、わたしハイボールを 飲みまくる。 ここのお店、関西では珍しく すべて味が濃いのよ。 だからすすむ、すすむ(言い訳)。 もやしも焼く。 お野菜も食べなくちゃね。 黒ダレ部門に入ります。 アブシン、ほほ肉、センマイ、小腸 タレ、コクがある。 ここの鉄板って、斜めにセッティングしてあって 角に穴があいているの。 その下に、黒ダレがおいてあって、 肉汁が黒ダレにプラスされる仕組みになっていのよ。 汁がたれているのわかるかなぁ。 このタレ、あとで使うのよ。 りんご酒ソーダ割り うどん登場 うどんかそば選べます。 さきほどの、黒ダレに肉汁がプラスされているものを加える。 たまごとねぎをトッピング このうどんがおいしくて。 これだけ食べるためだけでもお店に行きたいぐらい。 デザート 帰りにフリスクをいただく。 かわいい。 なかなかいいお店だったわ。 また行きたいなぁ。 もう混んでて入れないかな? おいしくいただきました。 わたしって、自分じゃ、かなりの晴れ女だと思っています。 女友達と出かける時はかなりの確率で晴れです。 それなにに、主人と出かける時は いつも雨。 この日も雨だったわ。 彼の雨男パワーのほうが いつも勝ってしまうのよね。 それだけなんですけどね。 わたしのブログにきてくださってありがとうございます。 感謝の気持ちでいっぱいです。 おはよう ございます。 「ボーソー米油部」の7月の投稿テーマは 「夏野菜たっぷり!米油レシピ」です。 夏野菜をたっぷり使って「マーボーなす」を作りました。 揚げたら、油をきり、ペーパータオルに挟んで 油を吸わせる。 香りがでたら、ひき肉を加え炒める。 米油で作るとクセがないうえに 胸やけしないので、本当にありがたいです。 参考動画あります。 動画のサラダ油を米油にかえて作ってみてくださいね。

次の

米油は本当に危険か?|圧搾製法で作られた安全な米油の選び方

米油 レシピ

お好み焼き <材料> 2人分)• 小麦粉 1カップ(200gぐらい)• ベーキングパウダー 小さじ1• 卵 1こ• 水 120ml• 天かす 大2〜3• 山芋 30g すりおろす• 豚肉 200g 食べやすくカットする• キャベツ 200g 千切りまたはあらみじん切り• ボーソー米油 適量• ミックスチーズ 30g• 紅生姜 お好みで <作り方>• 小麦粉、ベーキングパウダーをあわせて混ぜ、更に水と卵、おろした山芋を加えて混ぜる。 表面が乾燥して、焼色がついていたらひっくり返して更に蒸し焼きする。

次の