500 円 玉 貯金 両替。 大量の小銭、銀行で両替できる?手数料なしで両替できる方法を解説

500円玉貯金のその後、通帳に入金?お札に両替?どっちがいい?

500 円 玉 貯金 両替

記事の目次• お金の両替をする時は手数料がかかる お金の両替をする時は手数料がかかるのをご存知でしょうか? 「え、銀行だったら無料でやってくれるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながらそうもいかないことがあるのです。 それでは一体どれくらいの手数料が必要なのでしょうか?まずは、両替の際に必要な手数料について理解を深めていきましょう。 両替に必要な手数料は銀行によって異なる 両替に伴う手数料は、すべての銀行において一律というわけではありません。 ルールは各銀行ごとに異なり、両替する硬貨の枚数が増えるにつれて、必要な手数料は高くなる傾向にあります。 ということはつまり、実際に両替をするのであれば、できるだけ安いところで済ませたいと思うのが自然ですよね。 硬貨をお札に両替できるのは窓口のみ それでは早速各銀行の手数料の違いを…。 といきたいところですが、その前にまず、理解しておかなければならないことがあります。 この点を踏まえた上で、各主要銀行における手数料をみていくことにしましょう。 硬貨からお札に両替したい時は、銀行の窓口に行くしかないんです。。 三菱東京UFJ銀行の両替手数料 三菱東京UFJの窓口における両替は、以下の表をご覧いただければお分かりの通り、50枚までは無料で対応してくれます。 ちなみにこの表でいう枚数とは、両替前の枚数と両替後の枚数を比較した際に、枚数が多い方が適用されます。 硬貨をお札に両替する場合、両替後のお札の枚数が、両替前の硬貨の枚数を上回ることはないので、両替前の硬貨の枚数を当てはめていただければオッケーです。 三菱東京UFJ銀行窓口における両替手数料 硬貨もしくは紙幣の枚数 手数料(税込み) 1枚〜50枚 無料 51枚〜500枚 324円 501枚以上 648円 以降500枚毎に324円を加算 みずほ銀行の両替手数料 みずほ銀行に関しても三菱東京UFJと同様に、50枚までであれば、無料で対応してもらえます。 500枚を超える場合については、みずほ銀行の方がお得となります。 みずほ銀行窓口における両替手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜50枚 無料 51枚〜500枚 324円 501枚〜1000枚 540円 1001枚以上 1000枚毎に540円 三井住友銀行の両替手数料 続いて三井住友銀行ですが、無料で両替可能な枚数が30枚までであり、三井住友銀行の口座を持っていることが条件となります。 500枚以上の手数料をみても、他行より高くなっているのがわかります。 結論として、31枚以上の硬貨をお札に両替する場合、三井住友銀行では少々損をしてしまうと覚えておきましょう。 三井住友銀行窓口での両替手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜30枚 口座あり:無料 口座なし:324円 31枚〜100枚 324円 101枚〜500枚 432円 501枚〜1000枚 864円 1001枚〜 500枚ごとに432円 りそな銀行の両替手数料 りそな銀行については、他のメガバンクとは異なり、そもそも無料で両替するという概念がなさそうです。 ただし、円貨両替機の設置がない りそな銀行においては、キャッシュカードか預金通帳の提示をすれば、1日1回50枚までに限り、窓口で無料にしてもらうことが出来ます。 500枚までの手数料をみても、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行と変わりがないため、硬貨を紙幣に両替するということに関しては、りそな銀行にアドバンテージはなさそうです。 りそな銀行窓口での両替手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 324円 501枚以上 648円 以降500枚毎に324円を加算 ゆうちょ銀行では両替が出来ない 少し意外かもしれませんが、 郵便局及びゆうちょ銀行の窓口では、硬貨や紙幣の両替を基本的にやっていません。 これは、郵便局やゆうちょ銀行が両替商ではないためです。 他の銀行が定めている手数料の規定もなければ、そもそも手数料を取ることもできません。 例外的に、サービスの一環として受け付けてもらえる可能性もありますが、両替のための在庫も基本的には少ないため、等価交換には限界があります。 郵便局やゆうちょ銀行でも両替できたら便利なんですけど、仕方ないですね…。 大量な小銭を無料で両替する方法 小銭の枚数や条件によっては、無料で両替できることもあることがわかりました。 さて、それでは銀行で無料で両替できない程の枚数であれば、どうしても手数料がかかってしまうのでしょうか? 何度も銀行窓口に通い詰めて両替するという方法を取れなくもないですが、やはり少々手間ですよね。 ここでは、 大量の小銭を両替する際のとっておきの技を公開しちゃいますよ。 入金という形を取れば、無料で両替できる コツコツと大量の小銭を集めてある程度の額になった際、無料で一気にお札と交換できたら気持ち良いですよね。 本来であれば、小銭をお札に両替しようとすると手数料がかかることが多いのですが、 たとえ大量の小銭であっても、 入金という形を取れば、実は無料で両替が可能なのです。 もちろん、両替商ではない郵便局においても、この方法であれば両替することができますよ。 ATMの場合には、1回における限度枚数はあるものの、 入金であれば手数料がかかることはないので、大量の小銭でも等価交換が無料で行えます。 硬貨入金ができるのは、基本は平日のみ それでは早速…と行きたいところですが、土日祝や時間帯によってはATMで硬貨入金ができない場合があります。 基本的には平日の8時45分〜17時(17時30分や18時まで可能なところも)の間に各銀行のATMにおいて、入金作業をする必要があります。 大量の小銭を一気に無料で両替できるのは気持ちの良いことですが、行列ができているタイミングでは行わないなど、他のお客様への最低限の配慮も忘れないようにしたいですね。 スポンサーリンク ところが逆に、大量の小銭を準備しなければならない場面や、お札を小銭に変えておきたいケースなども出てくるかと思います。 そういった場合、どういう方法で両替すれば良いのでしょうか?また、手数料はどれくらいかかるのでしょうか? ここでは、 お札から小銭へ両替する際に役立つ情報を紹介していきます。 また、合わせておさえていただきたいのが、両替機の方が窓口よりも手数料が基本的に安いということ。 それでは早速、その詳細をみていきましょう。 三菱東京UFJ両替機の手数料 両替機においては、500枚までの両替が1日1回まで無料となります。 両替後の小銭の枚数が500枚を超えない限りは、どのようなパターンでも手数料がかからないということですね。 両替希望枚数が、 501枚〜1000枚の間にある場合、多少手間がかかってもいいのであれば、一気に両替して手数料の300円を支払うより、2回に分けて手数料の200円を支払った方が少しお得という小技も、この表から読み取ることができます。 三菱東京UFJ銀行両替機の手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 1日1回まで無料 2回目以降:200円 501枚〜1000枚 300円 みずほ銀行両替機の手数料 みずほ銀行の特徴としては、両替機利用カードを使う場合と、キャッシュカードを使う場合で料金が異なるという点。 共通項としては、 500枚までが1日1回のみ無料であることです。 2回目以降の両替が100円で済むという両替機カードの利点を上手く活用すれば、最も手数料を安くできるのはみずほ銀行かもしれません。 なお、500枚を超える枚数の場合、キャッシュカードでは1日以内に済ませることができないので注意しましょう。 みずほ銀行両替機の手数料(両替機利用カードを利用した場合) 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 1日1回まで無料 2回目以降:100円 501枚〜750枚 100円 751枚〜1000枚 300円 みずほ銀行両替機の手数料(みずほ銀行のキャッシュカードを利用した場合) 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 1日1回まで無料 2回目以降の取引は不可 501枚以上 利用不可 三井住友銀行両替機の手数料 500枚までの両替が無料であることは前述の2行と同様ですが、500枚を超える枚数となるとここでもやはり、手数料で他行に遅れを取ってしまいます。 500枚を超える両替については、三菱東京UFJ銀行かみずほ銀行にお世話になった方が良さそうですね。 三井住友銀行両替機の手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 1日1回まで無料 2回目以降:200円 501枚〜1000枚 400円 りそな銀行両替機の手数料 りそな銀行は両替機でもやはり、無料で済ませることはできないようです。 りそな銀行両替機の手数料 硬貨の枚数 手数料(税込み) 1枚〜500枚 200円 501枚以上〜1000枚 300円 複数の硬貨がちょっとずつ必要な場合は、窓口を利用する どんな両替でも自由自在…とはいかないのが両替機の注意点。 たとえば、1円玉は最低でも50枚以上〜といったように、ある程度まとまった単位で両替しなければなりません。 したがって、複数の硬貨がちょっとずつ必要な場合は、窓口を活用するようにしましょう。 やり方はとってもシンプル。 出金依頼書類というフォームに、金種を指定して提出すれば良いだけです。 たとえば、1万円札を500円玉10枚、100円玉40枚、10円玉100枚に両替したいとします。 この場合、出金依頼書類の出金金額を10,000円とし、金種を選ぶ欄で、500円のところに5,000円、100円のところに4,000円、10円のところに100円と記載していきましょう。 さて、ここで一度振り返っていただきたいのが、冒頭で紹介した窓口における両替手数料の表です。 ちなみにこのケースだと、両替前のお金の枚数が1枚、両替後のお金の枚数が150枚となりますよね。 やり方は簡単で、お札を入金したのちに、端数を入力して出金すればオッケー。 たとえば1,000円を入金し、990円の出金をオーダーすれば、990円分の小銭を出金することができます。 大量の小銭が必要な場合には適しませんが、急遽ちょっとだけ小銭が必要!という場合には使える小技ですので、ぜひ機会があれば活用してみてください。 もちろんこれらは入出金の手続きにあたるため、 時間外でない限り、手数料を取られることはありません。 土日祝は郵便局を活用しよう 郵便局のATMは、銀行の休日に該当する土日祝においても、最長で9時〜17時まで利用可能となっています。 土日祝しか時間が取れない方にとってはありがたいサービスですね。 各店舗によって取り扱い可能な時間帯が異なるため、事前に営業時間を確認した上で訪れるようにしたいですね。 また、たとえば りそな銀行は大都市の店舗において、年中無休の営業を展開しています。 その他、 都市圏のセブンイレブンにも、両替サービスを取り入れている店舗があるようです。 土日祝に突発的に小銭が必要になった場合は郵便局の他、これらの店舗について調べてみると良いでしょう。 私が実践している、毎年100万円貯める実践術を、『 』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

次の

500円玉貯金してる人必見!こんなにもある両替できる場所

500 円 玉 貯金 両替

500円玉貯金を無料で両替する方法• 入金は無料でできますので、そのあと店舗に併設されているATMでお金を引き出せば、500円玉硬貨をお札にして手元に戻すことも可能ですね。 基本的には窓口で「硬貨を入金したいんですが」と依頼すれば枚数の計測もしてくれますが、最近では断られるケースもごくまれにあります。 (貯金箱の中に硬貨以外のものが含まれていると、計測器が故障してしまうようなケースがあるからだそうです) もし計測ができない場合には、事前に合計金額が必要になるので、枚数を数えて総額を把握しておく必要があります。 また、硬貨の枚数が多すぎると入金でも手数料を取る銀行もでてきているので、注意してください(事前に「手数料がかかることはありますか?」と確認しておくと良いですね) [ad co-1] 窓口の両替は通帳が必要 すでに開設されている自分の通帳に入金する場合は無料で行う事ができます。 しかし、その銀行や郵便局の口座を持っていない人は入金する事が不可能なので、手数料のかかる「窓口両替」を選択しなくてはなりません。 銀行口座を作るのは無料でできますから、時間的に余裕がある場合には、事前に銀行口座を開設しておくようにしましょう。 (逆に、無人機でぽつんとあるようなATMコーナーでは防犯のため硬貨は入金できないようになっているところがほとんどです) ATMで硬貨を入金できる場合も、一度に投入できる枚数が決まっているのが普通です(100枚までのところが一般的です) 最近では硬貨を入金できるのは、振込だけと限定している銀行も出てきているので注意しておきましょう。 また、郵便局のATMでは一度に複数枚の硬貨を投入する事ができませんから、1枚1枚投入しなければならずかなり面倒です。 なお、コンビニなどのATMでは、硬貨投入する事ができません。 [ad co-1] 窓口でどういう風に依頼したらいい?嫌な顔されたりしない?持ち物は? 貯まった500円玉を両替する時は、銀行や郵便局の窓口で「硬貨を入金お願いします」と頼めばすぐに手続きをしてくれます。 郵便局や銀行のキャッシュカードと集めた500円玉を持っていけばOKです。 銀行窓口の方は慣れているので、嫌な顔をされるようなことは普通ありませんが、窓口が閉まる15時ぎりぎりに持っていくとちょっとかわいそうかもしれません。 (場合によっては嫌な顔をされるかも…) [ad co-1] 引き出しするときの手数料に注意 ATMの引き出し手数料は、窓口の営業時間内は無料になりますが、銀行によりATMの引き出し手数料が異なります。 平日のお昼は、無料でお金を下ろせる時間帯になりますが、営業時間以外や土日は手数料が取られてしまいます。 コンビニATMでは硬貨の入金ができない 上でも見たように、コンビニATMでは硬貨の入金をすることができません。 楽天銀行やジャパンネット銀行のようなネット銀行では、コンビニATMを使って現金のやりとりをすることが多いですから、ネット銀行しか持っていない人はどうしたらいいでしょうか。 結論から言うと、この場合は他の銀行の窓口に両替を頼むか、両替機などを利用するしか方法はありません。 土日や夜間に両替する方法はある? 土日は、銀行窓口や両替機は利用する事ができないので、銀行や郵便局のATMを利用して両替するしかありません。 [ad co-1] 500円玉貯金を両替した場合の手数料 500円玉を両替するのに、手数料がいちばんかからないところはどこなのか気になりますよね。

次の

500円玉貯金を両替!無料でお札に!ゆうちょATMが一番簡単?!

500 円 玉 貯金 両替

500円玉貯金。 小銭としては大きすぎるので小銭入れの中がすっきりしませんよね。 それで膨らんだ小銭入れをすっきりさせるために500円玉は瓶に入れて「使ったつもり」と言って貯めている人も多いと思います。 瓶の中に結構たまってくると「お札に両替しようかな?」と思うものです。 瓶を抱えて窓口に言って両替してもらえるか不安ですよね。 抱えていくのも恥ずかしいし。 さりとてATMは小銭をお札に両替できるのかがわからない。 郵便局ならどうだろう? 瓶を抱えて悩むところだと思います。 500円玉貯金の両替の仕方について解説していきます。 ATMか郵便局のどちらにいけばいいのかなども詳しく解説していますので良かったら参考にして下さい。 【スポンサーリンク】 500円玉貯金のベストな両替方法 結論から書きましょう。 いったん自分の口座へ入金して、それをお札にして引き出す。 これがベストの両替の仕方です。 まず大前提として、郵便銀行や郵便局は両替商ではないので両替はしてくれません。 銀行のATMは大手三大銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)は500枚までは手数料なしで両替してくれます。 ATMは一度に100枚までと決まっています。 そして何よりも、またしても大前提。 硬貨を紙幣に両替はしません。 しかし郵便局は両替商ではないので、ATMでいくらでも自分の口座へ入れることはできますが、郵便局の硬貨投入口は一枚ずつしか入りません。 無駄な努力と次に待っている人の迷惑でしかありません。 銀行の窓口で両替は簡単にしてくれますが、相手は両替商。 手数料がいります。 100枚までなら手数料は100円、それ以上になると200円かかってきます。 【スポンサーリンク】 最後に 正直、500円玉貯金をしたものを両替するのにメリットはないと思ったほうがいいと思います。 と、いう訳で、最良の方法は郵便局でも銀行でもそのまま500円玉を持ち込みます。 今は機械が数えてくれるので簡単に金額が算出されます。 それを自分の口座へ預金します。 そうすると手数料は一切かかりませんし、その後ATMで入金した金額を降ろせば、紙幣になって出てきます。 「だって郵便局も銀行にも3時までには行かれないもん!」という方は、支店級の郵便局のATMは日曜日も使えます。 土曜日ならお近くの郵便局のATMは12:15まで開いています。 銀行だと、コンビニのATMの手数料無料時間を狙って入金・引き出しをすればいいと思います。 500円玉貯金をされている方は、窓口へもっていき、真面目に自分の口座へ入金してその後引き出すことをお勧めします。

次の