ビジネスマナー アプリ。 ビジネスマナー再点検&向上アプリ

ビジネスマナーはゲームで学べ!?『ぼく、新入社員。』

ビジネスマナー アプリ

お茶はお客様に対する心遣いの現れです。 おいしいお茶を入れましょう。 あなたの声、受け答えで、 どういう会社かイメージします。 名刺交換は自己紹介。 できる人と思われたいですね。 社会人なら知っておきたい、上座下座の基本です。 役職は社内における地位を現します。 挨拶は人間関係の潤滑油。 「自分から」がポイントです。 笑顔には不思議なパワーがあります。 人は見かけで判断します。 あなたの服装は、どんな印象を与えていますか。 言葉使いは心遣い。 話す人の人柄が現れます。 話上手は聞き上手。 話を聞くのは相手を認める表現力です。 目は口ほどにものを言う。 態度・姿勢が信頼を生みます。 メールは後に残るものです。 相手が不愉快な気持ちにならないか。 確認しましょう。 気持ちよい応対は、お客様の心を安心させます。 あなたの会社は、出来ていますか? 会社の代表という気持ちで訪問しましょう。 「ハイ、よろこんで!」この姿勢が自分を成長させます 報連相は仕事と人間関係に良く効く薬です 報告は上司との大切なコミュニケーションツールです 会社にとっては現場を知る重要な情報源なのです クレームを言うお客様は10%、90%は黙って去ります お客様の気持ちを考え、心のこもった対応をしましょう 時間に敏感な人は仕事ができます。 「時は金なり」「継続は力なり」 力を合わせると大きな力になります。 仕事はチームワークが大切です。 封筒、宛名の書き方はビジネスの基本です。 気配りの秘訣は、良いと思うことをすぐに行動することです 職場で良い人間関係を築くことが出来れば幸せです。

次の

新社会人におすすめのビジネスアプリ16選 スケジュール管理や仕事効率化に

ビジネスマナー アプリ

覚えておきたいビジネスチャットのマナー コミュニケーションの活性化に役立つビジネスチャットですが、プライベートと同じ使い方をしてしまうと相手に不快な思いをさせてしまったり、逆に効率を悪くしてしまったりするリスクがあります。 そのため、チャットとはいえビジネスマナーは必要です。 まずはビジネス上必須な5つのマナーをご紹介します。 メッセージに反応をする メールと同様に、ビジネスチャットでも連絡に対する返信や反応は大切です。 ビジネスチャットは、すぐにメッセージの確認・返信ができるため、スムーズな情報共有が可能です。 その特性を活かすためにも、メッセージにはできる限り早く反応し、「素早いやりとり」を意識しましょう。 また、スタンプやいいねボタンのような「リアクション」と呼ばれる機能を利用すれば、文章を入力することなくメッセージに応答できます。 「OK・NG」といった反応や、「取り急ぎメッセージを確認した」という合図は、そのような機能を活用することでスムーズにやり取りできます。 検索しやすい言葉をメッセージに含める ビジネスチャットは、常に新しいメッセージが画面に表示されるので、過去のメッセージは意図的に固定をしておかない限り埋もれていってしまいます。 そのため、後で特定の情報を探すには履歴を遡って探す必要があります。 メッセージを頻繁にやり取りしていると、画面をスクロールして探すだけでも大変です。 そこで、メッセージには内容に関係するキーワードを含めるようにしましょう。 キーワード検索を行えば、該当のメッセージを簡単に見つけられます。 メッセージを送る際のひと工夫で、情報の検索性が上がり、迅速な情報伝達が可能になるでしょう。 間違った日本語を使わないよう意識する ビジネスチャットではテキストベースのやり取りとなるため、対面で話す時のように仕草や表情でコミュニケーションはとれません。 主語や述語がない、「てにをは」を適切に使えていない状態では、メッセージの内容を正しく理解するのは難しいでしょう。 メッセージが上手く伝わらないことで、トラブルに発展するケースもあります。 また、投稿した本人への信頼も下がってしまうでしょう。 したがって、スムーズな情報伝達・共有のため、日本語を正しく使うことが大切です。 簡単にメッセージを送信できるのがビジネスチャットのメリットですが、送信する前に一呼吸おいて、誤字や脱字がないか確認するのがマナーです。 ビジネスに相応しい内容にする 日常的にチャットを利用していると、プライベートの延長でビジネスチャットを利用しがちです。 そのため、マナーに欠く使い方をする可能性があります。 プライベートな時間帯にはメッセージを送らない配慮が必要です。 また、簡易的なやり取りが目的であるため、砕けすぎず堅苦しすぎない文面であると良いです。 「です。 」調の日本語であれば、文章も長くならず上司へ悪い心証を与えないでしょう。 気持ちが伝わりにくかったり、淡々とした文面だと感じる場合は、顔文字の利用が効果的です。 相手との距離感を考えながら、凝りすぎない顔文字を利用して適切なコミュニケーションを図りましょう。 通知機能をオフにする方法を覚えておく ビジネスチャットツールは、メッセージにすぐに気付けるように「通知機能」があります。 デスクトップ上や画面上にビジネスチャットを開いていなくても、新着メッセージが届いたことをポップアップで知らせてくれる機能です。 電話やメールよりも手軽に使えるので非常に便利な機能ですが、商談時や打ち合わせ時などは注意が必要です。 顧客に自分のパソコンの画面を見せたり、会議でモニターを使ったりする際に、タイミングが悪いとメッセージがポップアップで見えてしまうことがあります。 お互いに決まりが悪い思いをするだけでなく、商談時には大変失礼にあたります。 また、打ち合わせ中にポップアップがしょっちゅう表示されるようでは集中もできません。 商談や打ち合わせの前や「通知がきても対応できない」というときには通知機能をオフにするようにするとよいでしょう。 「離席機能」を使えば、メンバーにも「すぐには対応できない」ということが伝わるので安心です。 ビジネスチャットを使いこなすポイント メールと同じようにビジネスチャットを使うと、コミュニケーションの促進を図れず、業務が非効率になることがあります。 ここでは、ビジネスチャットを効果的に使いこなす3つのポイントをみていきましょう。 重要なメッセージは保存する ビジネスチャットによってやり取りの頻度が増えると、重要な情報を見逃すリスクがあります。 「ピン止め」と呼ばれる機能を利用して重要な情報を保存しましょう。 「クリップ機能」「ノート機能」などを利用すれば、必要な情報をまとめて保管でき、効率的な情報管理が可能です。 メッセージを小分けに送る ビジネスチャットは長文になると行が増え、文章が読みにくくなります。 そのため、簡潔でわかりやすい文章の作成を心がけましょう。 メッセージが長くなる場合、2、3行ごとの改行をおすすめします。 また、文字数が少ないとメッセージの内容を理解しやすく、相手からの返信も早くなります。 チャットルームに入室できる人を制限する ビジネスチャットでは業務上重要な情報を扱うこともあります。 対象外のメンバーがトークルームに入室すると情報漏えいのリスクが上がります。 そのため入室制限を行い、情報漏えいのリスク軽減に努めましょう。 そしてビジネスチャットでファイルは共有せず、ほかのファイル共有ツールを利用しましょう。 これにより、ビジネスチャットと別の権限設定が行え、セキュリティの強化につながります。 チャットルーム開設時、管理者はどのメンバーに入室権限を与えるか慎重に検討しましょう。 ビジネスチャットの具体的な活用事例 ビジネスチャットの具体的な活用法を知ることで、より効果的な利用が可能です。 ここでは2つの活用事例をご紹介します。 より正確な情報を伝える場合:ビデオ通話機能を活用 メールや電話は、微妙なニュアンスを伝えられません。 直接会って話す場合は、相手とスケジュールを合わせる必要があります。 そこで、ビデオ通話機能を活用しましょう。 相手の仕草や表情を見ることができるため、文字や音声では伝えにくい情報の伝達が可能です。 また、ビジネスチャット上で資料を渡し、それを見ながらビデオ通話で説明することもできます。 さらに、拠点間でビデオ通話機能を活用すればリアルタイムな情報伝達が実現します。 スピーディーな意思決定や生産性アップにつながるでしょう。 複数人で意見交換する場合:グループチャット機能を活用 会議を実施する際、参加者のスケジュール調整や会議室の確保、資料の準備など多くの手間がかかります。 プロジェクト中のミーティングは全メンバーの参加が理想ですが、ほかの業務も行っているためメンバーが揃うことは難しいです。 そういったときは、グループチャット機能を活用しましょう。 プロジェクトごとにトークルームが開設でき、複数人でも簡単にミーティングを行えます。 また、オンラインで利用するため、外出先からミーティングへの参加が可能です。 メンバーがどこにいても問題なく会議を進められます。 ビジネスチャットのマナーを理解し、適切に利用しよう ビジネスチャットのマナーとして、ビジネスにふさわしい振る舞いや正確な日本語でのやり取りが大切です。 メッセージにキーワードを含め、迅速な返信を心がけましょう。 また、ビジネスチャットでは文章を簡潔にし、重要な情報は保存してください。 さらに、アクセス制限で情報漏洩リスクを軽減できます。 以上の点を踏まえ、ビデオやグループチャット機能を活用してコミュニケーションの活性化を図りましょう。 新着記事• 社内のコミュニケーションを活性化するビジネスチ... 社内SNSを使えば、従業員間のコミュニケーションを... 社内SNSとは、TwitterやFacebookなどといった特定... 社内のコミュニケーション向上や情報共有を可能に... 社内のコミュニケーションを円滑にするビジネスチ... 新たなコミュニケーションツールとして関心が高ま... 企業では社員同士のコミュニケーション(インナー... 働き方が多様化する現代で、異なるバックグラウン... ビジネスチャットツールとメールの違いはどこにあ... ビジネスチャットの導入を検討している企業は、メ...

次の

入れておけば安心。マナーを身に着けるアプリ厳選5つ

ビジネスマナー アプリ

ビジネスマナーが身につかない、最近の若者事情とは 最近の新入社員を見ていると、丁寧語が上手に使えていなかったり言葉が乱れていたりする若者が非常に多いです。 なぜ、最近の若者たちはビジネスマナーができていない人が多いのでしょうか。 その原因のひとつに、コミュニケーション形式の変化が挙げられます。 現代の若者たちは、スマートフォンのアプリやSNSを使って友人とコミュニケーションを取ることがほとんどです。 そのため、直接の会話が極端に減っています。 例えば、先輩に対する敬語の使い方などを学ぶ機会が少なくなり、目上の人に対する言葉遣いやマナーなどを学ぶことができないのです。 また、SNSなどで使う独自の言葉や、いわゆる「若者言葉」に慣れてしまい、本来の正しい言葉遣いができないケースも多くなっています。 ビジネスマナーを教えるときの3つのポイント しかし、学生であれば許される言葉遣いやマナーでも、社会人になったのであれば正しいを身につけなければいけません。 そこで、ここからは新入社員にビジネスマナーを教えるときの具体的なポイントについて解説していきます。 最近の若者たちと接することに苦手意識を持っている教育担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。 ポイント1:本質を理解させる 新入社員にビジネスマナーを教えるときに、最も大切なことはマナーの本質を理解させることです。 「相手を思いやる気持ちを言動に表すこと」というマナーの本質を最初に教えましょう。 なぜなら、社会に出たことがない若者たちは、マナーを単なるルールとしか捉えていないからです。 マナーの本質が理解できていなければ、身につけることは難しいでしょう。 ポイント2:型を身につけさせる マナーの本質を新入社員に理解してもらったら、次に型を身につけさせます。 型というのは、ビジネスマナーのさまざまな作法のルールです。 例えば、名刺交換のやり方や目上の人に対する敬語の使い方というような作法です。 ここで注意すべきは、マナーの本質を理解してもらってから、ビジネスマナーのさまざまな型を身につけさせることです。 多くの教育担当者は、「型」だけを教えようとします。 しかし、本質を理解させないと単なる型になってしまい、心がこもっていなかったり雑な作法になったりしてしまいます。 まずは、ビジネスマナーの本質を理解させてから、次のステップとして型を身につけさせるという順番を強く意識しましょう。 ポイント3:実践を繰り返して体得させる 新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つ目のポイントが、実践を繰り返して体得させることです。 いくら新入社員研修などでビジネスマナーの本質と型を頭の中に入れたとしても、時間が経てば忘れてしまいます。 確実に新入社員にビジネスマナーを体得させるには、実際のビジネスの場で実践しながら習得していくのが一番です。 なぜなら、頭で覚えるよりも、体験を通じて覚えていくことが最も早いからです。 そのため、新入社員研修が終わった後は、新入社員を実践の場に出させるように配属先のマネージャーに指示を出すようにしましょう。 新入社員にビジネスマナーを教えるときの注意点 さて、ここまで新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つのポイントについて話をしてきました。 ここからは新入社員にビジネスマナーを教えるときに注意しなければならない点について解説していきます。 学生扱いしない 新入社員にビジネスマナーを教えるときは、決して学生扱いをしてはいけません。 相手を見下すような気持ちで接していると、新入社員はそのような態度に敏感に反応するからです。 いくら言葉や態度で取り繕っても、相手に伝わってしまいます。 特に、40代後半~50代の年配の教育担当者にもなると、新入社員との年の差が大きいため上から目線で接してしまいがちです。 いくらビジネスマナーが出来ていなかったとしても、新入社員をひとりの社会人として接しなければいけません。 それこそ、教育担当者側のマナーと言えるでしょう。 新入社員にビジネスマナーが身についていないのは、単に学ぶ機会がなかっただけです。 このことを頭にいれながら、新入社員にビジネスマナーを教えるようにしてください。 意見を押し付けない また、ビジネスマナーを教えるときには、教育担当者は新入社員に意見を押し付けてはいけません。 きちんと新入社員の意見や考え方、価値観を尊重するようにしましょう。 これも、新入社員と年が離れている年配の教育担当者の方は、要注意です。 最近の若者たちや新入社員とは、生まれ育った世代が違います。 育ってきた世代が異なれば、考え方や価値観が違うのは当たり前のことです。 新入社員の教育を担当する人事部や管理職の方は、このことをしっかりと覚えておきましょう。 直属の上司だからといって、決して自分の意見を押し通すようなことはしてはいけません。 指示だけで終わらない そして、新入社員にビジネスマナーを教えるときの注意点として3つ目に挙げるのが、指示だけで終わらないことです。 教育担当者は、新入社員に自分の頭で考えて行動させるようにしなければいけません。 なぜなら、指示だけで新入社員に行動させていると、「自分で考えて行動できない」新入社員が育ってしまうからです。 「自分で考えて行動できない」新入社員にならないためには、仕事のゴール(目標)だけを伝えて、そこにたどり着くまでの手段を新入社員自身に考えさせることです。 そうすることで、自分で考えて行動できる社員が育っていきます。 入社して数ヶ月経った新入社員に対して、「そろそろ自分で考えて行動して欲しいな」と思うときがあります。 これは、指示を出す側にも大きな問題があることを理解しなければいけません。 2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。 自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。 「見た目が9割」時代に最低限おさえたいビジネスファッションの基本 多くのビジネスパーソンにとって、メールは主要なコミュニケーションツールとなり、1日1~2時間程度使われています。 しかし、ビジネスメールについて正しく理解している人は少なく、間違った認識がOJTなどで代々継承されていることも珍しくないのです。 ここで質問です。 あなたは次の項目を読んで疑問に感じますか。 正しいビジネスマナーとしてのビジネスメールを新人社員研修で習得し、今後のビジネスにお役立てください。 有限会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 1974年、北海道生まれ。 筑波大学人間学類(認知心理学)卒業。 広告代理店勤務を経て2003年独立。 2004年、有限会社アイ・コミュニケーション設立。 メルマガコンサルタントとしても知られる。 著書は19冊を超え、メールマナー等に関する取材を300回以上受けるビジネスメール教育の第一人者。 日本におけるビジネスメールスキルの標準化を目指し、ビジネスメールの教育プログラムの開発やツールの提供、インストラクターの育成を開始。 日本全国に、アイ・コミュニケーション認定ビジネスメール・インストラクターを多数輩出。 個人のメールスキル向上から組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善までを手掛ける。 公的機関、金融機関、上場企業、中学校、高校、大学、商工会議所など、メール教育に力を入れる企業・団体・学校へのコンサルティングや講演・研修回数は年間70回を超える。 ビジネスメールをeラーニングや通信講座で学ぶ教材開発にも協力している。 著書は、『ビジネスメールの常識・非常識』(日経BP社)、『ビジネスメールを武器にする方法40』(講談社)、『これですっきり!ビジネスメールのトラブル解消』(日本経済新聞出版社)、『誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方、送り方』(あさ出版)、『あなたの仕事が劇的に変わるメール術』(ビジネス社)など合計19冊(翻訳本2冊を含む)がある。 まとめ• 新入社員にビジネスマナーを教えるときは、最初に本質を理解させる• 本質を理解させた後にビジネスマナーの型を身につけさせる• ビジネスマナーの実践を繰り返して体得させることが大切• 教えるときの注意点は、学生扱いしないこと• 新入社員に意見を押し付けないこと• 指示だけで終わらず本人に考えさせること では、では をご用意しております。 10日間無料で 授業や資料が見放題のデモアカウントも発行しておりますので、ぜひ よりお気軽にご連絡ください。 新入社員研修を加速させる。 eラーニング活用方法の資料を 無料配布中! 動画学習を活用することで 事前に業務に関する知識をインプットをした上で、 集合研修やOJTに臨むことができます。 それにより 集合研修やOJTの場は知識の定着を図ったり疑問点を解決したりといった時間に充てることができ、 研修をより効果的に行うことが可能です。 ビジネスマナーやコミュニケーション力などの基本スキルから、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで学べるので、 自発的に学び成長していける人材の育成促進につながります。

次の