クイック ペイ。 お申し込み方法|QUICPay

クイックペイって何?メリットとデメリットのご紹介

クイック ペイ

電子マネーQUICPay(クイックペイ)とは QUICPayは、国際ブランドである JCBが展開する電子マネーです。 電子マネーでは珍しいポストペイ(後払い)制で、チャージの必要がないのが大きな魅力です。 そのため、QUICKPayを利用するにはクレジットカードと紐付ける必要があり、ポイントを効率よくためるには紐付けるカード選びが重要です。 もともとクレジットカードにQUICPayが搭載されているカード一体型もありますが、既に持っているクレジットカードをQUICPayに紐付けることも可能です。 QUICPayの加盟企業は280も以上あり、全国的に店舗を展開する大手も多く含まれています。 そのため、使えるお店の多さもQUICPayの魅力の一つです。 QUICPay nanaco(クイックペイナナコ)でポイントの2重取りが可能に! QUICPayには独自のポイントシステムがなく、紐付けているクレジットカードのポイント還元率がそのまま反映されます。 だからと言って、ポイントの2重取りができないという事はありません。 セブン-イレブンでおなじみのnanacoにQUICPayの機能が付帯したカード「 QUICPay(nanaco)」を使用すれば、ポイントの2重取りが実現できます。 QUICPay(nanaco)はnanaco加盟店とQUICPay加盟店の両方で使えるため、使えるお店が多くポイントもためやすいのが魅力です。 QUICPay(クイックペイ)でさらにポイント3重取りをするには? QUICPayでポイントを3重取りするには、クイックペイナナコに紐付けるクレジットカードの選択が重要です。 賢くポイントをためるなら、JCB ORIGINAL SERIESにANAマイレージクラブ機能が搭載されたカードを選ぶと良いでしょう。 JCBには、 JCB ORIGINAL SERIESパートナーというサービスがあり、加盟店でJCBカードを利用して支払いをするとポイント還元率がアップしますが、JCBカードと紐付けたQICPayを利用してもこの還元率が適用されます。 そして、セブンイレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナーであると同時にANAカードマイルプラスの加盟店でもあります。 そのため、対象クレジットカードで買物をすると通常のカードのポイントに加え ANAマイルもたまるというお得さが実現。 普段からセブンイレブンを利用する人はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。 QUICPay(クイックペイ)と紐付けるとお得なクレジットカード では具体的に、QUICPayと紐付けるのにおすすめのクレジットカードを紹介します。

次の

クイックペイって何?メリットとデメリットのご紹介

クイック ペイ

クイックペイは、カードはスマホかざすだけでできる簡単な支払い方法です。 クイックペイにはさまざまな種類がありますがご存知でしょうか。 その種類は、専用カードタイプ、クレジットカード一体型タイプ、モバイルタイプ、キーホルダータイプ、コインタイプなどが挙げられます。 カードタイプには、クイックぺイの機能のみが付いた専用カード、電子マネーが利用できるカード、さらにクレジットカードが一体となったものがあります。 モバイルタイプとは、簡単に説明すると、スマートフォンや携帯電話を用いて使うことができるものです。 スマートフォン発売当初は、若者を中心に普及していきましたが、現在では多くの高齢者もスマートフォンを使っています。 キーホルダータイプは、ガソリンスタンドなどで使うにあたって重宝します。 普段から車に乗る方で、ガソリンスタンドに行く機会が多いのであれば、キーホルダータイプは重宝するのではないでしょうか。 さらに、コインタイプであれば、小銭入れに入れることもできますし、リストバンドなどに装着すれば、スポーツを行う時にも肌身離さず身に付けることができます。 このように豊富な種類があるクイックペイですが、機能面においてどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 メリットやデメリットを知ることで利用の際活用することができますので、しっかり把握して利用の決定をしてみるのもいいでしょう。 2,機能面におけるメリットは? 他に、クイックペイの支払いに指定しているカードであれば、ポイントやマイルが貯まることもメリットの一つとして挙げることができます。 現在お店の多くは、各店独自のポイントを発行していることが多くなっているため、お店のポイントカードを持っているという方も少なくないでしょう。 もしクイックペイを使用すれば、お店が発行してくれるポイントだけでなく、クイックペイの支払いで貯まるポイントをダブルで獲得することも可能です。 ポイントの二重取りをするようになるので、現金で普段からお支払いしているよりもポイントを多く貯めることができます。 その他にも、盗難の際の保証機能やさまざまな支払い方法に対応してくれる点も、メリットとして挙げられます。 ですが、一番の魅力は、電子マネーでありながらチャージが不要という点です。 そのため、残高を確認しなくても買い物を楽しむことができます。 他に、カード会社によってはカードのデザインを選べるところもあります。 3,機能面におけるデメリットは? クイックペイには多くのメリットがありますが、当然デメリットも存在しています。 デメリットとしてまず挙げられるのが、クレジットカードのようにインターネットショッピングなどで使用することができないという点です。 クイックペイを契約する時はクレジットカードが必要になります。 そのため、2枚を使い分ける必要があります。 中にはクレジットカードと一体型になったタイプもありますので、そういったカードを使うことでデメリットは解消できます。 また、ショッピングの保障や旅行損害保険などを受けることも可能です。 その他のデメリットとしては、金額の上限が定められている点です。 使い過ぎを防ぐことはできますが、限度額を超えた買物はできません。 上限以上使う必要があるなら、クレジットカードを使用する必要があります。 ドーム、富士急ハイランド、MOVIX、メットライフドーム(所沢)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン などなど 5,どれだけお得なの? クイックペイ(QUICPay)のポイントは、クイックペイ(QUICPay)と紐付いているクレジットカードのポイント還元率が反映されます。 6,クイックペイ(QUICPay)が使えるおすすめクレジットカード.

次の

QUICPay(クイックペイ)

クイック ペイ

「クイックペイという名前は聞いたことがあるけれど、 どんな電子マネーか分からない」 「 クイックペイはどんなデメリットがあるの?」と気になっている人は多いのではないでしょうか? この記事では、公式では分からないクイックペイのデメリットやメリット、使える店舗についてご説明します。 クイックペイの特徴と3つのメリット・デメリット 電子マネーのクイックペイは他の電子マネーとどんな違いがあるのでしょうか? クイックペイの特徴と3つのメリット・デメリットをご説明します。 クイックペイの特徴 Suicaや楽天Edyなどチャージして使用する電子マネーと違って、 クイックペイはチャージの必要がありません(プリペイドカード以外)。 後払い式の電子マネーなので、使った金額は後日クレジットカード払いとして引き落とされ、その時にクレジットカードのポイントが付きます。 クイックペイで支払うときには、 お店にある専用端末にスマホやクイックペイカードなどをタッチするだけです。 PayPayや楽天ペイのように専用アプリを開いて、バーコードやQRコードをお店で提示する必要がないのでスピーディーに買い物することができますよ。 クイックペイには対応カードが必要 クイックペイを使うためには、 クイックペイの対応カードを持っている必要があります。 対応カードは120種類以上で、クレジットカードだけでなくプリペイドカード、デビットカードにも対応しています。 また、選んだカードによって、利用方法(カードタイプ、モバイルタイプ、おサイフケータイ、Apple Pay経由、Google pay経由)も違います。 クイックペイの利用前に、 「自分が使いたい対応カードで、使いたいクイックペイの利用方法(モバイルやカード)が使えるか」を確認してから利用申し込みをしましょう。 端末によっては使えないこともあるので注意 例えば、クイックペイ対応カードの「Kyash」でクイックペイを利用する場合、Google Pay経由でしかクイックペイを使うことができません。 さらに、Google PayはAndroid端末でしか利用できず、 「Kyash+iPhone端末」の組み合わせでは使えないので対応カードと利用方法の組み合わせをしっかり確認しましょう。 JCBグループのクレジットカードを確認してみると、カードタイプ、クイックペイモバイル、iPhone pay、Google payに対応しているので、どの端末でも利用が可能ですよ。 クイックペイの3つのデメリット 後払い式を選べばチャージの必要もなく便利に使えるクイックペイですが、 デメリットもあります。 こちらでは、クイックペイを利用する 3つのデメリットについてご説明します。 対応カードがないと使えない• 利用上限がある• 支払いは1回のみ 対応カードがないと使えない クイックペイを利用するには、対応するカードが必要です。 対応するカードを持っていればすぐにクイックペイ利用の申し込みができますが、対応カードを持っていなければ カードを作成してからでないとクイックペイを利用することができません。 利用上限がある クイックペイは対応カードと連動しているため、利用額は利用する対応カードの利用可能金額と同じです。 また、 1回の支払いで使える金額は2万円までです。 ただ、Apple Payに登録しているクイックペイをクイックペイ+マークがあるお店で使うときには1回の支払いで2万円以上支払うことができます。 支払いは1回払いのみ クイックペイで利用した金額はクイックペイを申し込みした対応カードで支払います。 利用している対応カードがクレジットカードの場合は後日支払うことになりますが、 1回払いのみ対応で、分割払いやボーナス払い、リボ払いはできません。 クイックペイの3つのメリット クイックペイのデメリットをご紹介しましたが、もちろんメリットもあります。 こちらでは、 クイックペイを利用する3つのメリットをご紹介します。 メリットとデメリットをしっかり確認して、クイックペイを利用するかどうか決めてくださいね。 チャージ不要• スピーディーに使える• 使える店舗が多い チャージ不要 電子マネーはチャージしてから、チャージした金額の範囲内で買い物をするタイプがほとんどですが、 クイックペイは後払い式であればチャージする必要がありません。 チャージ不要なので「電子マネーにどのくらいお金が残っているかな?」と残金を気にしなくていいのが魅力ですね。 スピーディーに使える クイックペイで支払う時にはお店の専用端末にクイックペイカード、 モバイルクイックペイをタッチするだけです。 クレジットカードも便利ですが、暗証番号を入力したり、署名したりと割と手間がかかります。 また、PayPayや楽天ペイは専用アプリを開いてバーコードやQRコードを店員に見せて、それをスキャンしてもらうため手間がかかります。 急いでいるとき、レジに人がたくさん並んでいる時などは、 支払いがスピーディーにできるクイックペイが便利です。 使える店舗が多い クイックペイは使える店舗数が多いのが魅力です。 交通系電子マネーのSuicaやPASMOと同じくらい加盟店が多いので、クイックペイに申し込んだけど使えるお店がないということになりません。 主要なコンビニエンスで利用ができるほか、イオングループのスーパーやイトーヨーカドーなどスーパーで利用でき、また東京ディズニーリゾートやUSJでも使えるのでレジャー施設で現金を出すことなくスピーディーに買い物を済ませることができます。 クイックペイが使える店舗リスト クイックペイは使える店舗が多いのが魅力です。 コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど日常生活に欠かせない店、その他 家電量販店、レジャー施設などでも利用できる場所が多いですよ。 こちらでは、クイックペイを利用できる主な店を業種ごとにご紹介します。 コンビニ• 家電量販店• スーパー・百貨店系など• 飲食店• ドラッグストア• タクシー• ガソリンスタンド• レジャー施設 コンビニ クイックペイが使えるコンビニには次のような店があります。 セブンイレブン• ファミリーマート• ローソン• ミニストップ• デイリーヤマザキ• ローソンストア100 家電量販店 クイックペイが使える家電量販店には次のような店があります。 ビックカメラ• ヨドバシカメラ• エディオン• ジョーシン• ソフマップ スーパー・百貨店系など クイックペイが使えるスーパーや百貨店などには次のような店があります。 イオングループ• イトーヨーカドー• ダイエー• 表参道ヒルズ• 近鉄百貨店• 阪急百貨店• 六本木ヒルズ• ラフォーレ原宿• ユニクロ• ロフト• ツタヤ 飲食店 クイックペイが使える飲食店には次のような店があります。 ガスト• かっぱ寿司• カレーハウスCoCo壱番館• すき家• タリーズコーヒー• バーミヤン• マクドナルド• ロッテリア• ロイヤルホスト ドラッグストア クイックペイが使えるドラッグストアには次のような店があります。 ウェルシア薬局• キリン堂• くすりの福太郎• スギ薬局• ツルハドラッグ• ドラッグセイムス• どらっぐぱぱす• マツモトキヨシ タクシー クイックペイが使えるタクシーには次のようなものがあります。 朝日交通株式会社• 昭和グループ• SKタクシー無線センター• 日本交通• 東京無線タクシー ガソリンスタンド クイックペイが使えるガソリンスタンドには次のような店があります。 ENEOS• エッソ・モービル・ゼネラル• 昭和シェル石油 レジャー施設 クイックペイが使えるレジャー施設には次のような店があります。 アドベンチャーワールド• 東京ディズニーランド• 東京ディズニーシー• 東京ドーム• 富士急ハイランド• ユニバーサルスタジオジャパン クイックペイをお得に利用するための支払い方法 クイックペイ自体にはポイントはつかないので、クイックペイの支払いにどんなカードを使うかによって還元率が変わります。 高還元のクレジットカードでクイックペイを支払うようにすれば、とってもお得にクイックペイを使うことができますよ! こちらでは、クイックペイを利用におすすめのクレジットカード3つをご紹介します。 Yahoo! JAPANカード Yahoo! JAPANカードは Tポイントをためることができる年会費無料のクレジットカードです。 Yahoo! JAPANカードでクイックペイを利用するためには Apple Pay経由でクイックペイを利用することになります。 YAHOO! JAPANショッピングやLOHACOで買い物をすると毎日3倍ポイントが付くので、Tポイントをためたい人、LOHACOなどを良く利用する人におすすめのクレジットカードです。 JCB CARD Wはクイックペイ専用カードも作ることができ、Apple PayやGoogle Payの支払いカードとしても利用できるので、 Apple Pay・Google Pay経由でクイックペイを利用することもできます。 セブンイレブンやAmazonをよく利用する人やApple Pay・Google Pay経由でクイックペイを利用におすすめのクレジットカードです。 セブンカード・プラス セブンカード・プラスはnanacoポイントが貯まるクレジットカードです。 このセブンカード・プラスをnanacoカードにクイックペイ機能がついた「クイックペイnanaco」の支払いカードにすると、 セブンイレブンでは200円で3ポイント、その他のクイックペイ加盟店では200円で1ポイントたまります。 クイックペイnanacoを使うことでnanacoカードを使える店が増えるので、nanacoポイントをためたい人、 セブンイレブンでよく買い物する人にオススメのカードです。 まとめ:クイックペイは対応カードが必要。 自分に合ったカードを選ぼう クイックペイはどのような人が使うとメリットがあるのでしょうか? クイックペイの利用がおすすめの人の特徴をご紹介します。 チャージの手間をかけたくない人• 買い物での支払いをスピーディーにしたい人• お得にポイントをためたい人 クイックペイの最大の魅力は 「後払いができる電子マネー」であることです。 後払い式のためチャージも必要なく、残金が足りなくなって残りを現金やクレジットカードで支払うという手間がありません。 また、クイックペイの対応カードを高還元のクレジットカードにすればお得にポイントをためることもできますよ。 自分に合ったクレジットカードを選んで、 スピーディー、お得にクイックペイを使いましょう!.

次の