リベル・レギス。 マスターテリオン

マスターテリオン

リベル・レギス

シリーズ 18禁PCゲーム。 2003年4月25日発売。 上記作の内容を全年齢版に改め、演出の強化やシナリオの追加などを行った2004年7月1日に用ソフトとして発売したもの。 および、2006年に放送されたアニメ版のタイトル。 ゲーム付属のOVAも同タイトルとなっている。 2019年にはWindowsOS対応版が販売される。 (事実上の復刻版) 2013年には『』に参戦。 アダルトゲームを原作とするメディアからの参戦は話題となった。 ただし、がOVA版、漫画版など非アダルト作品名義での参戦になったのと同様に、アニメ版名義による参戦のため 厳密にはアダルト作品の参戦ではないことになっている。 しかしながらその実原作ゲーム版の内容も込みで扱われており(アニメで存在をカットされたキャラについての言及があるなど)、実質ゲーム版からの参戦といっても過言ではない。 更に後日譚である機神飛翔、古橋版の小説の内容も含まれている ちなみに「デモンベイン」の名はそもそも が『』プレイ時にに付けた名前だそうであり、ある意味約束された参戦だったのかもしれない。 後日譚となる作品。 2006年5月26日発売。 全年齢向け 15歳以上推奨 PC作品となっており、ノベルパートに加えて機械神 等を操作して戦う3Dアクションパートのある構成となっている。 DX版には風シミュレーションゲーム「都心復興デモンベイン」が付属している。 小説版 本編の小説版である『無垢なる刃』、『魔を断つ剣』、『明日への翼』は、 外伝小説である『機神胎動』、『軍神強襲』、『ド・マリニーの時計 ド・マリニーの時計、遺跡破壊者、破壊の序曲のカップリング 』はが著者となっている。 登場人物 主人公• 覇道財閥• ブラックロッジ• アンチクロス• ミスカトニック大学• その他• デモンベイン.

次の

リベル・レギス (りべるれぎす)とは【ピクシブ百科事典】

リベル・レギス

範囲上の敵全てに小ダメージ 精神スキル 閃き (習得Lv:1) 長時間、回避率大アップ 集中 (習得Lv:30) 長時間、命中率中アップ、回避率小アップ 愛 (習得Lv:60) 一定時間、攻撃力中アップ、回避率、移動速度小アップ アビリティ 最古の魔導書の精 (初期習得) 状態異常にならない、さらに吹き飛ばし無効 絶望を識る魔人 攻撃力、命中率特大アップ、装甲、回避率大アップ、さらに攻撃時、敵の装甲を一部無効化 負の極限 自分タイプと同色コアをバトル開始時に2つ所持 紅の機神 攻撃に貫通、バリア貫通、防御無効、HP回復効果を付与 特効アビリティ 強敵特効Lv. 3 「其れはまるで御伽噺の様に」で攻撃力とHPが特大アップ ユニットクエスト LAST NIGHT【SSR】 VSバトル用必殺スキル・精神スキル・アビリティ 必殺スキルと精神スキル、アビリティのアリーナでの効果。 さらにバトル開始時、最大HPが200000アップ 絶望を識る魔人 味方Vコスト9以上のユニットの行動力2500アップ。 さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する 負の極限 敵からダメージを受けるごとに、HP全回復。 10 バトル開始時、特殊回避を10回獲得 被弾一時アップ 行動力 Lv. その上で、バトル開始時にコアを2つ所持するので、必殺スキルも撃ちやすい。 アリーナでは、Vコスト10のユニットで、相応の能力を誇る。 その上で、バトル開始時に必中状態を得るため、強力な必殺技での敵のせん滅が狙える。 自身を含む、味方Vコスト9以上のユニットの行動力を2500アップ、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する能力により、特定のユニットを同時に編成することでその大幅なパワーアップも可能だ。 敵からダメージを受けるごとに、HP全回復。 さらにレインボーコアを獲得という能力を持つので、攻撃の回数で押すタイプの必殺スキルに強い。 ただし、回避そのものは10回の特殊回避頼みなので、高火力かつ必中状態の敵にやや弱い。 特殊装甲は対策可能なユニットを同時に編成してカバーしよう。 Pアビリティは 「疾駆」「マークスマン」「攻撃アップ」に 「鬼械神」を加えるのが安定だが、コアを他で用意できるなら、 「鬼械神」の代わりに 「軽減無効必殺」を習得しよう。 機体&パイロット紹介 機体とパイロットのプロフィール。 登場作品 機神咆吼デモンベイン(PS2版) 機体 リベル・レギス 機体紹介 マスターテリオンが操る最強の鬼械神。 魔術エンジンにヨグ=ソトースを留める呪法を宿す。 マスターテリオンの力もあり、圧倒的なまでの強さを誇る。 デモンベインの「レムリア・インパクト」と対極となる絶対零度の右手刀「ハイパーボリア・ゼロドライブ」を必殺技に持つ。 パイロット マスターテリオン/エセルドレーダ パイロット 紹介 リベル・レギスの操者にして、魔術結社ブラックロッジを統べる大導師。 生身でデモンベインと渡り合える程の絶大な魔力を持っている。 ある目的のために、魔導書アル・アジフを狙っており、九郎たちを苦しめる。 / エセルドレーダ マスターテリオンに付き従う少女。 その正体は最古の魔導書「ナコト写本」の化身であり、リベル・レギスを招喚することができる。 所有者であるマスターテリオンに対して、絶対の忠誠を誓っている。 おすすめページ(人気ページ).

次の

「スパクロ」,デモンベインとポプテピピックが参戦する「地上の星々が紡ぐ叫びと祈り」が開催

リベル・レギス

3 状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する EXアビリティ 2:必中 HP 最大 HP が満タンのとき、必中状態を得る 感想 UX では、フラグを立てて仲間にしても、もう次のラストステージだけでしか使えないマスターテリオンが、スパクロのユニットとなって登場。 いきなり補足的な説明からだが、 EXアビ 2 について。 これは 精神コマンド の 必中 と似てるようだが、 最大の違いは 分身を発動せず、特殊回避が有効な状態の相手にも攻撃をヒットさせられる。 で、いよいよマスターテリオンの性能。 これほどの高コスト機でありながら、 通常攻撃には何も特殊な効果が無い!! 今や常識的に備わっている軽減無効とかバリア貫通とか、持ち合わせていない!! ットパーツのスキルツリーを見回したら、 通常攻撃に影響を及ぼすものに反撃がありました。 一応、ダメージを受けたら即座に通常攻撃で反撃してくれるので… 命中率が高いから、高回避タイプには当てられる…ぐらいか? ではどう戦うのか…と言うと、相手の攻撃を受けて耐えて ハイパーボリア・ゼロドライブ を叩き込む、 耐久力重視の後攻タイプ。 いずれも アビリティ がその方向性を推している。 アビ 1 が基本性能の土台。 ここで装甲と最大 HP を上げている。 最大 HP と言えば、 スキルツリーでさらに 7万アップを付与できます。 その気になれば HP 15万 の化け物耐久力ユニットが作り上げられます。 スキルツリー用素材が必要になりますが…。 相手の攻撃を受けることでパワーアップ。 受けてる時点では、 反撃の下準備を整えている…と言ったところでしょうか。 なにせ、クリティカル関係の強化とレインボーコアの獲得なんて ハイパーボリア・ゼロドライブ を叩き込むため のものとしか…。 HP 微回復にタフネス。 タフネス回数も 20回と、 正直、相手にするとウザいレベル。 ならば、20回削ってやろうとすれば、その分だけ アビ 2 の強化 特に行動力アップ に貢献することになるし…。 実はよく見ると、 行動力アップは アビ 2 しかなかったり…。 つまりは 相手の攻撃を受けなければ行動力が上がらない…と。 ここまでお膳立てすれば、あとは ハイパーボリア・ゼロドライブ を次々と叩き込めばいいだけ。 しかもですね、スキルツリーには 「鬼械神」というスキルがありまして、 自分のターン開始時に HP 全回復…という効能。 ハイ、もちろん EXアビ 2 も同時に発動します。 自分のターンが回ることで、リベル・レギス全快!! EX アビ 2 込みの ハイパーボリア・ゼロドライブ という 絶対当たる実質ガード攻撃が完成する。 じゃあ、このユニット倒せないのか?…と言われると、 対抗ユニットが居るには居る。 でも問題は、 その対抗策が同時実装されたガシャにしかいないというのが…。 ちなみにそのユニットとは、。 タフネス無効という新しい能力を持ち合わせているので、そのまま リベル・レギス には 飢えず渇かず無に還れ が可能。 の性能が リベル・レギス と対称的な 先行逃げ切り型 というのも、 二人のライバル関係を現れ…なのか? ガシャが引けなければ、今後に期待するしかない。 私は も リベル・レギス も引いてしまいましたが…。 とまぁ、 今のところ、天敵がそれこそ原作の宿敵しかいませんが、とりあえず… で見たものに、.

次の