婉貴妃。 如懿傳演員表_如懿傳演員介紹

如懿傳演員表_如懿傳演員介紹

婉貴妃

日本では江戸時代になります。 おいたち 1717年に生まれました。 父は漢人の陳延璋。 雍正帝の時代 宝親王・弘曆(乾隆帝)の府邸に入りました。 格格(身分の低い側室)になりました。 陳氏は、側室の一人だった輝發那拉氏に仕えて侍女でしたが、宝親王・弘曆の寵愛を受けて側室の一人になったといわれます。 輝發那拉氏たち地位の高い側室には侍女がつきました。 ところが陳氏は地位が低かったので侍女はつきませんでした。 乾隆帝の時代 1735年。 雍正帝が死去。 弘曆が皇帝になりました。 陳氏は海氏らと一緒に常在になりました。 陳常在には3人の女官がつきました。 1737年(乾隆2年。 陳氏は 貴人になりました。 この年。 乾清宮で晩餐会が開かれました。 陳貴人も出席し 1748年(乾隆13年。 嫻貴妃・輝發那拉氏が皇后になりました。 他の側室たちと一緒に、陳貴人は昇進することになりました。 新しい皇后が即位すると、皇后の徳を広めるため他の側室が昇進する習慣があったのです。 陳氏は貴人から嬪に上がることになりました。 そのとき嬪以上には漢字一文字がつきます。 陳氏に与えられる漢字は「婉、巽、穎」の3つの中から選ばれることになりました。 乾隆帝はこの中から「婉」の字を選びました。 1749年(乾隆14年。 陳氏を婉嬪に任命する手続きが行われ、正式に 婉嬪になりました。 その後、婉嬪陳氏は降格はしていませんが。 乾隆帝に 1755年(乾隆20年。 婉嬪は40歳になりました。 普通は妃嬪が40歳になると「四十千秋」のお祝いをします。 ところが乾隆帝はは婉嬪のために「四十千秋」は行っていません。 1765年(乾隆30年。 婉嬪は50歳になりました。 このときは乾隆帝は婉嬪の50歳の誕生日を祝うため「五十大壽」を行いました。 宮女失踪事件 乾隆帝の時代。 婉嬪の宮殿で事件がおこりました。 宮女が井戸に飛び込んで自殺したのです。 宮殿内の井戸は夜の間は封鎖されています。 宦官長が夜7時に施錠して、朝5時に開けることになっていました。 ところが婉嬪がまだ寝ている間に、無理やり井戸に侵入して身投げしてしまったのです。 しかも太監(宦官)や他の宮女は忙しかったので、その宮女がいなくなったことに気が付きませんでした。 事件の詳細はうやむやになりました。 こうした問題があったので乾隆帝が陳氏を寵愛しなかったのか。 寵愛が薄かったから問題が起きたのかはわかりません。 最年長の側室になる 1794年(乾隆59年。 陳氏が側室になって40年を超えました。 は乾隆帝の妃嬪の中で最も長く仕える側室になりました。 この年、陳氏は 婉妃になりました。 1796年。 乾隆帝は皇子・顒琰に譲位しました。 嘉慶帝の誕生です。 でも乾隆帝はひきつづき権力を握っていたので嘉慶帝は形だけの皇帝でした。 嘉慶帝の時代 1799年(嘉慶4年)。 乾隆帝が死去。 嘉慶帝が政治を行う時代が来ました。 多くの側室もこの世を去っていますが、婉嬪の体は丈夫でした。 1801年(嘉慶6年)正月。 婉貴太妃になりました。 嘉慶帝は勅命の中で「婉太妃母妃は、先の皇帝が藩邸(親王の屋敷)にいたときから仕えてきた。 長年奉仕してきた功績は大きい。 よって貴妃の位を与える」と延べました。 乾隆帝からはあまり寵愛されなかった婉嬪でしたが、嘉慶帝からは大切にされていたようです。 婉嬪は皇子時代の顒琰(嘉慶帝)の母親のような存在でした。 嘉慶帝の生母・孝儀純皇后魏佳氏は1775年に死亡。 親代わりになって嘉慶帝を育てた 慶恭皇貴妃陸氏も1774年に死亡しています。 子供のいない婉嬪は、顒琰の地位を脅かす存在ではなかったからです。 1807年(嘉慶12年)。 死去しました。 享年92。 婉嬪には子供もなく。 乾隆帝の寵愛を集めたともいえません。 しかし後宮の争いにはあまりかかわらず、後継者争いにも関係のない生活を送りました。 あとから入った若い側室たちが子供を産み出世していっても。 婉嬪の地位はあまり上がりません。 しかし結果的に健康で長生きしライバルたちがいなくなっても生き延びました。 乾隆帝の妃嬪の中では最も長生きしました。 乾隆帝が皇帝になる前から仕え、乾隆帝の死後もその息子を見守りました。 生き残ったものが勝ち。 と考えればマイペースで生きた婉嬪の人生も悪いものではなかったかもしれません。 如懿傳〜紫禁城に散る宿命の王妃~ 2018、中国 役名:婉妃・陳婉茵 演:曹曦文 ヒロイン・如懿と親しい人物として登場します。

次の

婉貴妃 (咸豐帝)

婉貴妃

飾 孝儀純皇后,宮女出身,位至皇貴妃,嘉慶帝之母,足智多謀,為人不擇手段。 飾 淑嘉皇貴妃,北國金氏貢女。 容貌美艷,風騷嫵媚,性格心直口快,但城府很深,精明算計• 飾 慧賢皇貴妃,大臣高斌之女,相貌秀麗,單純善良,但體弱多病,一生無子• 飾 冷宮侍衛,御前侍衛。 嬿婉青梅竹馬,後傾慕如懿,相貌英挺,隱忍堅毅。 重情義,守信諾,細膩體貼,始終默默守護要守護的人。 後被人陷害和如懿有私情,從容赴死。 飾 純惠皇貴妃• 飾 太醫,惢心之夫• 飾 養心殿大太監• 飾 江與彬之妻,如懿心腹侍女• 飾 容妃• 飾 慶恭皇貴妃• 飾 儀嬪• 飾 恪嬪• 永璋 飾 乾隆帝第三子,母純惠皇貴妃• 永瑢 張津澤飾 乾隆帝第六子,母純惠皇貴妃• 陸常在 飾• 朱珏飾• 三寶 飾• 劉子愷飾• 劉統勛 飾• 俞瞳飾• 趙一泰 馬波飾• 阿寶 飾• 貞淑 郭嬡嬡飾• 茉心 飾• 葉心 飾• 荷惜 飾• 李夢洋飾• 朵雲 趙菁飾• 朵顏 金溪飾• 澤芝 飾•

次の

婉貴妃|健康に生きて92歳。乾隆帝の後宮で最も長く生きた側室だった

婉貴妃

乾隆年間通過而入宮,位份及待遇不明,僅知在乾隆十年已經封為 魏貴人。 乾隆帝御製詩《孝賢皇后陵酹酒》其中一句的「舊日玉成侶,依然身傍陪。 」(乾隆帝自註:令懿皇貴妃為皇后斫教養者今並附地宮。 )推測魏佳氏有可能曾是孝賢皇后身邊學規矩女子,由內務府選秀入宮後,即被送到孝賢皇后位下學規矩,稱為「學規矩女子」 ,但暫時未見有確實證據。 乾隆十年(1745年 正月二十三日,魏貴人詔封為 令嬪,根據《鴻稱通用》的記載,封號「令」對應的滿文為「mergen」,意為「聰明的,睿智的」。 乾隆十年十一月十七日,以工部尚書哈達哈為正使,內閣學士伍齡安為副使,冊封魏貴人為令嬪。 乾隆十三年(1748年)令嬪之父內管領,負責已故孝賢皇后供桌上的,因「遲誤獻供餑餑」而被罰,因他有「加四級」的官銜,便銷去所加二級抵,現加兩級;五月,令嬪、舒嬪已晉封為妃,陳貴人已晉封為嬪,陸常在、那常在、林常在已晉封為貴人,嫻貴妃與嘉妃此時並未晉封,七月,乾隆帝正式詔封為皇貴妃,為貴妃、令嬪與舒嬪為妃、陳貴人為嬪。 乾隆十四年(1749年)四月初五日,以協辦大學士吏部尚書陳大受為正使,禮部侍郎木和林為副使,冊封為 令妃。 乾隆十六年九月二十二日,奉旨:「令妃娘家 (即包衣管領人),著從本旗包衣撥出,欽此」。 同月,查出清泰之三子閒散德保沒有任何差事,所以德保獲取錄為衙門內的。 而且,寬免令妃娘家所欠下的當鋪銀和私債,動用官鋪的生息銀兩作為賠付。 另外,賞給她家每年租金一百五十兩、田地六頃八十九畝。 乾隆二十一年(1756年)七月十五日,在五福堂生下皇七女。 乾隆二十二年(1757年)正月,隨駕;同年七月十七日,生皇十四子。 乾隆二十三年(1758年)七月十四日,生皇九女。 後期生平 乾隆二十四年(1759年)閏六月初十日,因令妃遇喜而添炭和守月姥姥;九月二十四日,令妃遇喜添炭和守月姥姥添炭停止,說明令妃此時已小產;十一月二十日,令妃詔封為 令貴妃;同年十二月十七日,行令貴妃冊封禮,以大學士傅恆為正使,協辦大學士劉統勛為副使。 乾隆二十五年(1760年)日,令貴妃所生的皇十四子永璐在種痘過程中病逝;同年十月初六日,令貴妃於的生下皇十五子永琰,即後來的。 乾隆二十七年(1762年)正月,隨駕南巡;五月二十五日賞予令貴妃八角形銅鍍金架時刻鐘一座;十一月三十日,生。 乾隆三十年(1765年)正月十五日,隨駕南巡;五月初十日,晉封令貴妃為 皇貴妃;六月十一日,行皇貴妃冊封禮。 乾隆三十一年(1766年)正月初八日的滿文奏摺顯示,懷孕晚期的儲秀宮皇貴妃魏氏接替被幽禁後殿的皇后那拉氏,辦理的餑餑桌張以及詣居事宜;五月十一日,生皇十七子慶僖親王。 乾隆三十二年(1767年)八月二十九日,報病急;九月初一日身在熱河的乾隆帝下旨,命留京辦事王大臣通知和留在的皇貴妃魏氏等人,要他們去公主府探病;九月初六日,「皇貴妃額涅、等前來,奴才 於門外跪迎,皇貴妃額涅令奴才上前到車旁謁見。 探望公主出來後,奴才送行時,又囑咐奴才稱:看來,公主尚似無礙,你不必過於憂愁焦躁。 」怎料,九月初七日,和嘉和碩公主病情急變,皇貴妃急忙帶著、、、,以及在寡居的皇子們趕到公主府 ,去見她最後一面。 同年九月初十日,皇貴妃等往和嘉公主府弔喪。 乾隆三十六年(1771年)二月,皇貴妃隨駕東巡泰山及曲阜。 乾隆三十八年(1773年)冬至,皇貴妃所生兒子皇十五子永琰被秘密立為皇儲。 皇貴妃在乾隆三十九年底與乾隆帝從熱河回宮之後生病,期間在養心殿東耳房體順堂養病。 乾隆四十年(1775年)正月二十五日,奉旨:「著將皇貴妃娘家抬入鑲黃滿州旗,如何辦理編後之處,命內務府大臣會同該旗大臣等查例後定議具奏。 」正月二十九日皇貴妃薨逝,享年四十九歲,乾隆帝公開皇貴妃去世的消息的同時便稱皇貴妃為令懿皇貴妃;乾隆帝命八阿哥同福晉、十二阿哥同福晉、十五阿哥同福晉、大阿哥長子綿德同福晉、五阿哥第五子綿億在宮內為皇貴妃穿孝,六阿哥、四阿哥長子綿惠、九公主、七額駙拉旺多爾濟、九額駙扎蘭泰、三阿哥長女額駙丹巴多爾濟、四公主長子豐紳濟倫在宮外為皇貴妃穿孝,六阿哥、尚書永貴、總管內務府大臣金簡總理皇貴妃的喪儀。 二月十一日,命簡親王豐訥亨為正使,協辦大學士吏部尚書官保為副使,齎冊寶、詣靜安莊,冊諡皇貴妃為 令懿皇貴妃;十月二十六日,金棺奉安於。 死後追榮 乾隆六十年(1795年)九月初三日,乾隆帝宣示皇十五子為,同時追贈皇太子生母魏佳氏為 孝儀皇后。 十月,命睿親王淳頴為正使,鄭親王烏爾恭阿為副使,恭齎冊寶詣孝賢皇后陵,冊謚孝儀皇后。 經、兩朝加諡,全稱為: 孝儀恭順康裕慈仁端恪敏哲翼天毓聖純皇后。 嘉慶二年(1797年),乾隆帝下旨命嘉慶帝在他去世後將他和孝儀皇后兩人的神牌放在養心殿東佛堂佛龕一起供奉。 嘉慶四年二月初二日,仁宗命莊豫德和馮寧依照孝儀皇后像仿畫一幅。 畫像的衣紋著清柱和嵩貴依照皇后的衣紋式樣繪畫。 按照慣例裱掛一軸,配以象牙軸頭,又用萬壽錦做囊套。 長年供奉高宗純皇帝聖容的暖閣內,亦供奉過、孝儀皇后的御容玻璃掛屏、插屏,作為高宗神龕內的陳設物品之一。 每年的至次年正月初二日,都會於壽皇殿正殿內安設「一帝二后」形式的大型屏風。 孝賢皇后和孝儀皇后分別以皇后、嗣皇帝之生母的身份享受這種待遇。 公元1928年7月,盜掘了裕陵及陵後,住在的派遺臣載澤、耆齡、寶熙等人到東陵處理善後工作。 在清理裕陵地宮時,在棺床西邊的兩棺間發現了穿著黃色袍服,皮肉完好,面目如生,並有笑容,無腐爛,且兩腮及嘴下多皺紋,牙齒未完全脫落的孝儀純皇后的遺體。 事高宗為貴人。 封令嬪,累進令貴妃。 乾隆二十五年十月丁丑,仁宗生。 三十年,進令皇貴妃。 四十年正月丁丑,薨,年四十九。 謚曰令懿皇貴妃,葬勝水峪。 六十年,仁宗立為皇太子,命冊贈孝儀皇后。 嘉慶、道光累加謚,曰孝儀恭順康裕慈仁端恪敏哲翼天毓聖純皇后。 後家魏氏,本漢軍,?入滿洲旗,改魏佳氏。 子四:永璐,殤;仁宗;永璘;其一殤,未命名。 女二,下嫁拉旺多爾濟、札蘭泰。 清代帝陵. 瀋陽: 遼寧民族出版社. 2011: 102—103. 癸未朔...... 皇帝春秋鼎盛。 內治需人。 嫻貴妃那拉氏系皇考向日所賜側室妃...... 嘉妃、令嬪、舒嬪、侍奉宮庭。 恪勤淑順。 嘉妃著晉封為貴妃。 令嬪、舒嬪著晉封為妃。 陳貴人著晉封為嬪。 傳諭該部、將應行典禮。 察例具奏...... 夏四月。 戊寅朔...... 皇貴妃、嘉貴妃、令妃、舒妃、婉嬪初五日進冊寶儀注。 內開初六日行謝恩禮...... 上御太和殿宣制...... 命協辦大學士吏部尚書為正使。 禮部侍郎為副使。 持節、冊封令嬪魏氏為令妃。 冊文曰。 朕惟贊化宮闈。 必賴柔嘉之質。 服勤內殿宜邀錫命之榮。 爰沛綸音。 式加象服。 爾令嬪魏氏、夙嫻內則。 早侍深宮。 淑慎居心。 雅協珩璜之度恪勤效職。 克襄蘋藻之榮。 茲仰承皇太后慈諭。 以冊印封爾為令妃。 爾其欽承休命。 永流翟舀之芳。 祇荷鴻禧。 勉奉掖庭之職。 《乾隆朝滿文寄信檔譯編》,中國第一歷史檔案館編,2012年出版:乾隆十六年九月二十二日,奉旨:令妃娘家包衣管領人,著從本旗包衣牛錄撥出。 黃惠賢主編. 二十五史人名大辭典 下. 鄭州: 中州古籍出版社. 1997: 539. ,以大學士公傅恆為正使,協辦大學士吏部尚書陳宏謀為副使。 冊文曰:朕惟彤闈讚化,本敬順以揚庥;紫掖升名,表恪恭而錫慶。 爰稽彝典,式播溫綸。 諮爾令貴妃魏氏,早侍深宮,夙嫻懿範。 襄廿年之內治,麟趾凝祥;超九禦之崇班,鳳章優秩。 自膺冊命,益茂芳徽。 隻事小心,克承歡於璿殿;含章明順,更流譽於椒庭。 茲仰奉皇太後懿旨,以冊、寶晉封爾為皇貴妃。 尚其勉副慈恩,光昭壼德。 永懷淑慎,輝翟服以垂型;彌凜謙衝,綿鴻禧而迓福。 《乾隆三十二年九月份各處用馬清單》,現存中國第一歷史檔案館藏• 《乾隆四十年二月初七日多羅質郡王永瑢等奏為將皇貴妃娘家入鑲黃旗編為佐領事折》:乾隆四十年正月二十五日,奉旨:著將皇貴妃娘家抬入鑲黃滿州旗,如何辦理編牛錄後抬旗之處,命內務府大臣會同該旗大臣等查例後定議具奏。 冊文曰:朕惟離繼照以兆明,誕膺福祚;坤承天而正位,長發祥源。 賢卜於天,景命方隆於授受;貴征以子,追封允協於尊崇。 惟令懿皇貴妃魏氏,德著誠莊,性昭淑順。 柔嘉維則,班初亞於三宮;式禮無愆,秩洊升於九禦。 六五葉黃裳之卜,歡奉萱闈;千億開朱芾之占,喜宜蘭殿。 昔篤生夫睿哲,兆協橫庚;今懋建夫元良,紀符周甲。 昭茲來許,萬年之歲月方長;佑我後人,廿載之音容如昨。 茲以儲徽克茂,繼序其皇。 吉啟密緘,既正前星之號;幸符夙願,將循上日之文。 嗣服無疆,承華有自。 特溯雲軿於桂閫,用懷月禦於椒塗。 茂舉上儀,聿崇升祔。 茲冊贈為孝儀皇后。 於戲!本篤慶衍禔之德,母允垂儀;循名正言順之規,子當承統。 福所基也,爾子孫克紹於鴻圖;禮亦宜之,我國家肇稱之盛典。 誌維先定,靈其歆承。 《壽皇殿尊藏聖容黃冊》,清同治二年鈔本,現存於故宮博物院圖書館。 乾隆帝陵歷史之謎. 瀋陽: 遼寧人民出版社. 2016: 166—167. 都市日報. 2018-08-24 [ 2018-09-06]. (存檔於2018-08-27). 中相關的多媒體資源:.

次の