下部 温泉。 下部温泉の日帰り温泉【厳選】おすすめ6選

下部温泉駅

下部 温泉

歴史 [ ]• (2年):・間の開通時に、富士身延鉄道の 下部駅(しもべえき)として開業。 旅客・貨物取扱開始。 (昭和13年):富士身延鉄道を(の前身)が借り上げ。 (昭和16年):国有化され、国鉄身延線の駅となる。 (昭和47年):貨物の取扱を廃止。 (昭和62年):により、東海旅客鉄道の駅となる。 (3年): 下部温泉駅に改称。 の改称と同日である。 (平成24年):利用客の減少により、直営駅から無人駅となる。 JR全線きっぷうりばを廃止および自動券売機を撤去。 駅構造 [ ] 1面2線と北側の1本を有する。 線路はほぼ北東から南西に走っており、駅舎は南東側にある。 駅舎から1番線、2番線の順で、1番線に富士方面、2番線に甲府方面の列車が発着する。 かつて設定されていた当駅始発の上り東海道線経由静岡行きの普通電車も、1番線からの発車となっていた。 駅舎からホームへは、遮断機・警報機つきの構内踏切を利用する。 この構内踏切は駅の外、波高島方にある県道の踏み切りと並行しており、県道から直接構内踏切をへて駅の内部へ入ることのできる構造だが、踏切近くには、駅には駅舎を通って入るよう掲示がある。 開業当初からの駅舎は木造平屋建ての建築物で、黒い瓦が特徴的である。 旅客が立ち入ることのできる部分はほとんどが待合所となっており長いすが多数置かれている。 管理の。 まではJR東海のであり、・が設置されていた。 現在は駅構内では乗車券類の購入はできないため、予め別箇所で購入するか、列車乗車後に車内で購入する形となる。 ワンマン列車の場合は整理券を取り、下車駅または乗りかえ先の列車内で精算となる。 駅の構内甲斐常葉方の線路脇にはJR東海の下部乗務員休憩所があるが、現在は使用されていない(過去にが1本設定されていたが、のダイヤ改正を以って廃止された)。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 CC 身延線 上り ・方面 2 下り 方面 利用状況 [ ] 山梨県統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。 年度 一日平均 乗車人員 1950年 697 1980年 555 2005年 226 2006年 210 2007年 201 2008年 194 2009年 181 2010年 170 2011年 134 2012年 130 2013年 113 2014年 103 2015年 104 2016年 99 2017年 96 駅周辺 [ ] 身延町下部にある駅で、(平成16年)9月13日の合併以前はに属していた。 駅の南東100メートルほどのところでに雨河内川が合流し、駅の西300メートル足らずの場所でその下部川がに注いでいる。 当駅は常葉川と下部川に挟まれた平地に位置している。 当駅はかつて下部駅といったが、下部の集落は当駅の東の下部川沿いに、細長く開けている。 下部は駅名にもなったがある温泉の町でその中心部は駅から下部川をさかのぼること1キロメートルほどのところにある。 中心部には温泉宿などが立ち並び湯町という温泉街を形成しているが、駅前にも線路を渡ってすぐのところにがある。 当駅付近を走る道路としては常葉川と身延線に並行して走る、当駅付近から下部川ぞいに湯町をへて湯之奥集落に至るがある。 湯之奥は当駅から東へおよそ4キロメートルほどのところにあり、江戸初期の民家で国のに指定されている門西家住宅、かつて採掘の行われていた富里鉱山跡などがある。 駅の周辺にはその他、下部郵便局、などがある。 下部温泉の中心部まで距離があるため駅前にはタクシーが待っていることが多い。 東海旅客鉄道(JR東海) CC 身延線 - 下部温泉駅 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

下部ホテル

下部 温泉

日帰り入浴可の宿• 大人1,200円小人600円• 露天風呂3つ、内風呂2つ、サウナ1つ• 昼食付プラン(会席料理)5500円~(他に中華レストラン有り)、家族風呂無し• 日帰り入浴可の宿• 大人1,000円小人500円• 露天風呂2つ、内風呂5つ、サウナ1つ(乾式)• 夕食付プラン5000円~(昼食付プランは要相談)、家族風呂1つ(食事付プランのみ利用可)• アルカリ性単純温泉(無味・無臭・無色透明) 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、胃腸病などに効能有り• 日帰り入浴可の宿• 1,000円• 露天風呂無し、内風呂2つ、サウナ無し• 昼食付プラン無し、家族風呂無し• 単純温泉、源泉32度と51度の2つ 神経痛、疲労回復、慢性皮膚病等に効能有り 暖かい湯とぬるま湯を交互に入るのがおすすめの入浴法です。 日帰り入浴施設• 大人500円小人400円• 露天風呂無し、内風呂1つ、サウナ無し• 昼食付プラン無し、家族風呂無し• アルカリ性単純温泉 アルカリ性低張性高温泉• 日帰り入浴可の宿• 500円• 内風呂2つ• 昼食付プラン無し、家族風呂無し• 弱アルカリ性単純泉• 日帰り入浴可の宿• 大人500円小人300円• 露天風呂1つ(混浴)、内風呂2つ、サウナ無し• 昼食付プラン3000円~、家族風呂無し• 硫黄成分を含む硫黄化水素泉 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、疲労回復、アトピー性皮膚炎などに効能有り.

次の

下部温泉駅

下部 温泉

歴史 [ ]• (2年):・間の開通時に、富士身延鉄道の 下部駅(しもべえき)として開業。 旅客・貨物取扱開始。 (昭和13年):富士身延鉄道を(の前身)が借り上げ。 (昭和16年):国有化され、国鉄身延線の駅となる。 (昭和47年):貨物の取扱を廃止。 (昭和62年):により、東海旅客鉄道の駅となる。 (3年): 下部温泉駅に改称。 の改称と同日である。 (平成24年):利用客の減少により、直営駅から無人駅となる。 JR全線きっぷうりばを廃止および自動券売機を撤去。 駅構造 [ ] 1面2線と北側の1本を有する。 線路はほぼ北東から南西に走っており、駅舎は南東側にある。 駅舎から1番線、2番線の順で、1番線に富士方面、2番線に甲府方面の列車が発着する。 かつて設定されていた当駅始発の上り東海道線経由静岡行きの普通電車も、1番線からの発車となっていた。 駅舎からホームへは、遮断機・警報機つきの構内踏切を利用する。 この構内踏切は駅の外、波高島方にある県道の踏み切りと並行しており、県道から直接構内踏切をへて駅の内部へ入ることのできる構造だが、踏切近くには、駅には駅舎を通って入るよう掲示がある。 開業当初からの駅舎は木造平屋建ての建築物で、黒い瓦が特徴的である。 旅客が立ち入ることのできる部分はほとんどが待合所となっており長いすが多数置かれている。 管理の。 まではJR東海のであり、・が設置されていた。 現在は駅構内では乗車券類の購入はできないため、予め別箇所で購入するか、列車乗車後に車内で購入する形となる。 ワンマン列車の場合は整理券を取り、下車駅または乗りかえ先の列車内で精算となる。 駅の構内甲斐常葉方の線路脇にはJR東海の下部乗務員休憩所があるが、現在は使用されていない(過去にが1本設定されていたが、のダイヤ改正を以って廃止された)。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 CC 身延線 上り ・方面 2 下り 方面 利用状況 [ ] 山梨県統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。 年度 一日平均 乗車人員 1950年 697 1980年 555 2005年 226 2006年 210 2007年 201 2008年 194 2009年 181 2010年 170 2011年 134 2012年 130 2013年 113 2014年 103 2015年 104 2016年 99 2017年 96 駅周辺 [ ] 身延町下部にある駅で、(平成16年)9月13日の合併以前はに属していた。 駅の南東100メートルほどのところでに雨河内川が合流し、駅の西300メートル足らずの場所でその下部川がに注いでいる。 当駅は常葉川と下部川に挟まれた平地に位置している。 当駅はかつて下部駅といったが、下部の集落は当駅の東の下部川沿いに、細長く開けている。 下部は駅名にもなったがある温泉の町でその中心部は駅から下部川をさかのぼること1キロメートルほどのところにある。 中心部には温泉宿などが立ち並び湯町という温泉街を形成しているが、駅前にも線路を渡ってすぐのところにがある。 当駅付近を走る道路としては常葉川と身延線に並行して走る、当駅付近から下部川ぞいに湯町をへて湯之奥集落に至るがある。 湯之奥は当駅から東へおよそ4キロメートルほどのところにあり、江戸初期の民家で国のに指定されている門西家住宅、かつて採掘の行われていた富里鉱山跡などがある。 駅の周辺にはその他、下部郵便局、などがある。 下部温泉の中心部まで距離があるため駅前にはタクシーが待っていることが多い。 東海旅客鉄道(JR東海) CC 身延線 - 下部温泉駅 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の