ミニマリスト主婦 自分を捨てました。 ミニマリストを目指す3人子持ち主婦!捨てたらスッキリしたもの7選!

ミニマリスト主婦の捨てるコツ。気持ちいいほどたくさん減らす方法

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

になるまでいろんなものを捨てて、捨てて、捨てて来ました。 モノも捨てたしこだわりも捨てたし私の暮らしも人間関係もコンパクトです。 様々な暮らしの中、人がに近づく過程で間違いなく誰もが捨てるものがあります。 ヒント:捨てて楽になったよ それを捨てることは、ストレスを軽減して時間を増やし、暮らしの労力を最小限にします。 なんだと思いますか? になるまで 今回の記事でお伝えしたいことはたった一つのシンプルなことです。 それを伝わりやすくするために、私の過去に少し遡ります。 になるもっともっと前の話です。 そもそも私が中高校生時代を過ごした1990年代は、という言葉ありませんでした。 音楽を買うならCDだし、雑誌も種類豊富にありました。 (その当時の愛読誌で廃刊になったものも多くあります。 ) 私は服が大好きで、ファッション雑誌を毎月3冊は必ず買っていました。 年間36冊ずつ以上どんどん雑誌が増えていく状況でした。 それに伴ってもちろん服も多量に買います。 都会なので雑誌に載っている服が買えてしまう環境です。 当時はそれを恵まれていると感じていました。 今思うと簡単に買えてしまうことが、増えてしまう要因だったのですが。 当時6畳のひとり部屋を与えられていた私でしたが、あっという間に本棚はいっぱい、押入れは服でいっぱいになりました。 今考えると数年前のファッション雑誌は流行も変わっているし掲載されている服ももちろん販売されていないしで、もう明らかに旬を終えた古いもの、です。 服もそう。 今ならもちろん捨てるのですが、捨てるという考えや選択肢を持っていなかった私なりに、 物で溢れたこの環境をなんとかしなければ、と考えました。 物で溢れた部屋、どうすればいいかな? そして6畳の畳の自分の部屋にあるものを購入したのです。 パイプベッドを購入した理由 ずっと布団生活をしていた私でしたが、多くの雑誌と服をなんとかしようと考えに考えに考え抜いて出した答えは 「収納を増やす」ことでした。 そこでパイプベッドを購入。 9800円くらいのベッドは通売で購入しました。 ベッド生活をすることにメリットを感じたのです。 どんなメリットを感じたか。 それは 1. 布団をしまっていた押入れスペースにモノを収納できる。 ベッド下に収納ケースを入れれば収納スペースが増える。 これは本当にメリットだったのか。 その答えは後ほどわかります。 私はパイプベッドを1人で組み立て、設置。 ベッドの下には引き出せる収納ケースを4つ配置しました。 そして雑誌と服をさらに買い続けたのです。 収納を増やした結果 収納を増やした結果、さらに収納場所の全てを使い尽くすまで雑誌と服を溜め込み続けることになります。 ベッド下収納の引き出しはどんどん重くなっていきます。 引き出すことさえ億劫になるほど。 もはや奥にしまった雑誌は読むことさえ出来ません。 服は風通しの悪い環境に保管し続けたことで古い空気の篭った匂いがします。 「着たい」と思える状況ではありません。 ベッド下収納は モノの活用がしにくく(奥行きがありすぎるため、奥のものが見えない) 収集しているだけ、の状態に。 もちろんその当時のアイテムは何ひとつ残っていません。 雑誌も服も衣装ケースもパイプベッドも。 だけどこの経験は後の私に大きな気づきをくれました。 それは 「収納術」はいらない 収納より大切なこと!それは「捨てること」 なぜ私がベッド下収納をし始めたのかというと、 収納の本にそう買いてあったからです。 収納に困った私は収納雑誌を買って、勉強をし始めたのですね。 高校生だった私は、その主婦向け雑誌を読んで素直に信じて真似しました。 収納がきちんとされた家やスペースをみると心が踊ります。 「なんて綺麗なんだろう。 」「こんな部屋が手に入ったら素敵だな。 」そんな風に感じて 収納は必要不可欠という考えが潜在意識に刷り込まれていったと思います。 さんの本が発売された時も。 服のたたみ方や、服のしまい方がとても可愛いイラストで書かれていることに心が踊りました。 真似して満足していたこともあります。 でもやはり収納はモノを増やしてしまいます。 収納で部屋が綺麗になるわけではありません。 そして何より 収納は頭と労力と時間を使います。 収納グッズを購入するお金だってかかります。 には収納術でなんとかするという選択肢はありません。 捨てるか捨てないか。 それだけです。 必要か不必要か。 収納グッズを買うお金や、収納に頭をひねらせる時間、そしてそれに日々かける労力。 それらのために自分の人生を費やすことが「もったいない」のです。 私がこの記事で言いたかったことはたったこれだけ。 シンプルな話ですがこれがになる過程で私が通った道です。 私の試行錯誤を記事にしました。 お気持ちクリック、ありがとう。 心地よく眠るためにベッドを買ったのではなく、収納のためにベッドを買ったわけですから、非常に寝にくいベッドでした。 軋むし揺れるし不安定。 おかげでベッド嫌いになってしまいました。 (ベッドのせいではありませんが!)この経験以降、やっぱり畳、やっぱり布団っていいな!と思っています。 saito-iro.

次の

これを捨ててミニマリストになりました【たった1つのこと!】

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

ミニマリスト 生活で捨てた もの【キッチン編】 主婦の場合、家の中で ミニマリスト生活を実践しやすく、なおかつ効果を実感しやすいのがキッチン。 効果が分かりやすい場所からミニマム化を始めるのも、続けるコツです。 キッチン で捨てたものリスト• おたま2つ• 木べら1つ• 米とぎ棒• 賞味期限が切れた調味料類(普段使いしないハーブや香辛料が多かった…)• 空き瓶• 景品やプレゼントでもらったマグカップ• 1年以上使っていない食器類(大皿、茶碗蒸し用、茶器セット、ワイングラスなど)• コンビニでもらう割り箸やスプーン 私は料理が趣味という人間ではないので、調理器具をそれほど揃えているわけではありません。 それでも、おたまが大量にあったり、ヘラも2本ありました。 用途が被っているものは迷わず処分することで、キッチンの収納もスッキリ! また、お弁当の紙カップやピックもたくさん保管していましたが、シリコンのカップやアルミホイルで代用できることから処分しました。 コンビニやスーパーでもらう箸やスプーンは断るようになりました キッチンをミニマム化 するメリット キッチンをミニマム化するのと同時に、菜箸やキッチンバサミ、しゃもじなど 使用頻度が高いキッチンツールは取り出しやすい手前の引き出しにセット。 子供の朝食作りで使用するバターナイフ、スプーン、フォークは1本ずつ入れています。 日常使いはしないけれど、そこそこの頻度で利用するものは流し台の下に、 1年以上使っていなかったり他のもので代用できるものは捨てました。 キッチンをミニマム化して、取り出しやすい引き出しの中にはスタメンしかいない状況にしたら、料理中もスッと器具を取り出しやすくなり、ストレスも時間もかからなくなりました。 スッキリした引き出しなので、手入れも簡単になって衛生面もメリットあり。 ミニマリスト生活で捨てた もの【クローゼット編】 キッチンと並んでミニマム効果を得やすいのがクローゼット。 必要最低限の服やバッグだけが並んでいるので、毎日の身支度もストレスフリーです。 クローゼットで 捨てたものリスト• バッグ8個• 擦り切れた下着、靴下• 3ヶ月以上着ていない服• シーズン物の服やコート、マフラーなどは1年以上着ていないもの• パジャマ4着 とにかくバッグが多かった私。 用途が丸被りで、使っていないけど捨てきれないモノがほとんどでした。 クローゼットをミニマム化するメリット クローゼットミニマム化するメリットは、なんと言っても朝の時短効果。 ミニマリストの人の中には 日常の服を「制服化」している人が多いです。 有名人ではアップル創業者の1人、故スティーブ・ジョブズ氏が黒のタートルネックにジーンズの組み合わせのみ着ていました。 他にも、オバマ元大統領やFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏も普段着を制服化しています。 私たちは、日常生活の中で小さな決断を繰り返しながら生きています。 その日に着る服装、朝ごはんのメニューに始まり、靴やバッグを選び、仕事では上司に伺いをたてる言葉をさがし、子供がスムーズに行動してくれる会話を考える…。 その決断のひとつである 「服の選択」を削ることで、他のことにパワーを向けることができるのです。 それぞれのアイテムには色違いを3色用意し、パンツは黒2本に白1本です。 数は少ないですが、お気に入りの着心地の良い服だけを着れるので、毎日気分よく着替えられます。 ミニマリスト生活で捨てたもの【脱衣所・バスルーム編】 意外と溜め込んでいるのが脱衣所(洗面所)やバスルーム。 化石化してしまっているものも見つけてしまうかも…。 水回りをミニマム化すると清潔感もキープできるのでぜひチャレンジしてみてください! 脱衣所(洗面所)・バスルームで捨てたものリスト• 試供品のコスメやシャンプーセット• 歯磨き粉(3人家族なのに5種類もあった…)• 半年以上使っていないデパートコスメ• 肌に合わないのにもったいなくて捨てられなかったコスメ• ヘアブラシ• ネイル• ビューラー• 電動シェーバー• ドライヤー(2つあったので1つ処分)• コットンパフ• 美容室でもらったトリートメント 脱衣所・バスルームをミニマム化するメリット 脱衣所やバスルームは、寝室に次ぐリラックス空間でもあります。 そんなリラックス空間がミニマム化されていると、深呼吸なんかも思わずしちゃうくらい(笑) また、朝の洗顔後、顔を拭いたタオルでそのまま蛇口やレバーを磨き上げ、鏡や棚、シンクもささっと吹き上げるのが習慣になりました。 そのままタオルをポイっと洗濯機に入れて、新しいタオルをセットすれば、完璧な洗面台が出来上がりです。 ものの2〜3分で掃除が出来るのも、ミニマム化してモノがないおかげ。 水回りがキレイな状態をキープするのは風水的にもいいらしいですし、身なりを整えるのも楽しくできるようになります。 ミニマリスト生活で捨てたもの【リビング編】 リビングはこれまでの場所以上に家族全員のモノが混在しています。 そのため、私だけの判断でモノをどんどん捨ててしまうと揉める原因にもなるので慎重に片付けていきました。 リビングで捨てたものリスト• 謎のコードたち• コロコロクリーナー• ペット用ベッド• クッション(5個もあったので2個処分)• ボロボロになった膝掛け(新しいモノと交換)• ファブリーズ• そこに、なぜか何にも接続されていないコードが数本。 1年ほど前に「何このコード?」と思ったものの、その後も使われることがなかったんですよね。 万が一、必要になった時に購入を検討すればいいやと、思い切って処分しました。 リビングをミニマム化するメリット リビングはミニマム化したものの、元々備え付けの棚に収納していたので、見た目的な変化はほとんどありませんでした。 ですが、収納棚がギッチギチにならずに余裕が常にあるようモノを捨てたので、 夫や息子も片付けやすくなりました。 そのおかげで、ソファー前のローテーブルにモノを置きっぱなしにされることもほとんどゼロに。 「片付けて!」と怒る前に、ミニマム化すれば良かっただけなんだな〜と気が付きました。 ミニマリスト生活で捨てたもの【その他】 キッチン、クローゼット、脱衣所・バスルーム、リビングが我が家にとっては最もマキシマム化していた場所でした。 他の子供部屋やパントリー、寝室、トイレにはそれほどモノはありませんでしたが、それでもちょこちょこ処分したものたちがあります。 その他の場所で捨てたものリスト• 使用期限の切れた薬• 読まなくなった絵本• 子供の工作作品(写真を撮って処分)• ナプキン• 芳香剤• 見ていないカレンダー など 私は布ナプキン歴2年です。 それまで使用していたいわゆる化学ナプキンは、「旅行や外出の時に必要になるかも」という理由でストックしたままになっていました。 でも、布ナプキンに慣れてくると、外出中でも扱い方はそれほど難しくもなく、ましてや旅行にいたっては生理開始日が分かるので、そのように予定を立てるようになり不都合もありません。 そのため、化学ナプキンを使用することは今後もなさそう!ということで処分しました。 ずぼら主婦の私でもミニマリスト生活を始められた 今回は、ミニマリスト主婦が捨てたものリストということで、私がミニマリスト生活を始めるにあたって処分したものたちをご紹介してきました。 今でも、「あ、これは捨てよう」というモノが出てきます。 1回目の捨てる作業でも捨てるかどうか悩むモノがあり、その場合は保留していました。 でも、 捨てるか悩んだモノってやっぱり必要ないもののことがほとんどなんですよね。 なので、保留していて1ヶ月ほど経つ頃には「やっぱり捨てよう」となるわけです。 当初はもったないかな〜と思ったりもしましたが、身の回りが必要最低限のモノだけになって快適になってくると、「もったいないけど、必要ないから捨てよう」となります。 そして、もう二度ともったいないと感じたくないから、そして快適なミニマリスト生活をキープしたいからこそ、モノの購入には慎重になってきます。 今でもずぼら主婦の私ですが、こんな私でもミニマリスト生活が始められました。 自宅をミニマム化することで、家事も育児もラクになり、さらにずぼら生活に磨きがかかっているのかもしれません(笑) ぜひ、今回私の捨てたモノリストを参考に、あなたもミニマリスト主婦を始めてみてくださいね!きっと前よりもラクな生活が待っているはずです。

次の

ミニマリストを目指す3人子持ち主婦!捨てたらスッキリしたもの7選!

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

この体重計はまだ使っています。 最近、夫も使い出して、バスルームに常駐させるようになりました。 バスルームに置かれると拭き掃除が面倒になるのですが、仕方ありません。 この水筒はまだ使っています。 今は、水を入れて、デスクに置いています。 この2つもまだ使っています。 昼寝と夜寝る時の、1日2回フル稼働です。 夏場は、夜9時はまだ外が明るいので、アイマスクは必需品となっています。 私が使っているバッグです。 最近は、バックパックを使うことが多いです。 ボストンバッグとスーツケースがある分、数は多めです。 『すてきなあなたに』は4巻持っていましたが、1巻だけ残して、3冊は断捨離しました。 できればKindle版を出してもらいたいのですが、ふつうの本とは違うレイアウトなので、無理かもしれませんね。 というより、暮しの手帖社の本に電子書籍はあるのでしょうか?• ヴァセリンリップは断捨離。 クリームのほうも、最近は全然使いません。 娘にあげる予定。 ペンはかなり使い切りました。 今もマスキングテープを4つもっていますが、グリーンとオレンジ色はかなり減って小さくなりました。 靴は現在も4足ですが、内容が変わりました。 スニーカーとブーツは捨てて新しいのにしました。 英語版を捨てて1冊になりました。 今もオスタライザーを使っています。 今も、KUHN RIKON クーン・リコン 社の圧力鍋を使っていますが、最近調子が悪く、蒸気がもれて圧力がかからないときがあります。 パッキンを変えても、状態は変わらず。 もう寿命なのでしょうか?• 帽子のラインナップは変わっていません。 ニットフードは冬場、ほとんど使わなかったので、断捨離したほうがいいかな、と思いつつまだ持っています。 雪かきしなくなったから、もういらないかもしれません。 次の冬の様子を見て、使わないようなら断捨離します。 バッグの中身の写真を撮ってみましたが、別におもしろくもなんともありません。 メモ帳は、リヒトラブ ツイストリングノートのバイブルサイズですが、かさばるので最近はもっと小さいメモ帳を持っています。 ツイストリングノートは、カバーを捨てて、中身をデスクでメモ紙として使っています。 もうすぐなくなります。 木枕もアイマスクと耳栓同様、毎日使っていますが、いまだに見た目はとてもきれいです。 私の普段着とよそ行きについて。 まあ、ほとんど同じです。 台所で使っているディッシュクロスのご紹介。 リネンは値段がはりますが、持ちがいいし、使い勝手がいいので、結局はお得です。 最近、もっと分厚いのを2枚買い足しました。 確実に減った、と言えるのは文房具類。 服や靴は買い替えているので、数はあまり変わっていません。 今、断捨離したいのは本です。 相変わらず少しずつ減らしています。 また、台所用品ももう少し減らしたいと思っています。 お正月に自分の持ち物をすべてノートにリストアップしようとしたのですが、まだまだ数が多いため、すぐに挫折しました。

次の