安生洋二 現在。 安生洋二

ミスター200%安生洋二、引退

安生洋二 現在

【あの人は今こうしている】 安生洋二さん(元) 率いるUWFでプロレスデビュー。 90年代のプロレスブームの際は切り込み隊長として他団体のマットに参戦。 その後、格闘技イベント「ハッスル」「PRIDE」でも活躍し、2015年3月19日に引退。 ウチの店も緊急事態宣言が出た翌4月8日から休業して、再開したのが6月1日。 1カ月と3週間以上も休んじゃったから、まだペースがイマイチ掴みきれてないんだよね」 東急田園都市線・用賀駅から徒歩4分。 住宅街の飲食店ビル2階にある串焼き店「市屋苑」へ行くと、キャップをかぶった安生さんに迎えられた。 カウンターとテーブルで約60席の店内は、ログハウス風のウッディーな内装だ。 カウンター上のラックには魔王をはじめ各種焼酎が40種ほどズラリと並び、入り口そばのクーラーに日本酒の銘酒が約10本。 飲んべえのハートをガッチリとロックオンしてくる。 「ここはUWFインターの取締役だった鈴木健オーナーが98年にオープンしてね。 俺は6年前から働いてるんだよ。 オススメ? 備長炭で焼くネック(1本130円)、チーズネック(同150円)、牛ハラミ(同240円)がベスト3。 俺が仕込みをして、じっくり焼くから間違いなく200%、いや、300%ウマイ。 アハハハ」 休業前の客足は? 「減ったのを実感したのが3月後半ぐらいからで、4月に入って激減。 10人を切る日もあったから、まあ最悪だったよ」 平日は近隣に勤めるビジネスマン、週末は家族連れの比重が増すが、ともに足が遠のいたと言う。 「感染拡大防止のためだから休業はしょうがない。 でも再開したからといって、以前の売り上げまで回復するのは当分先じゃないかなあ。 企業や大学生の飲み会需要が見込めないのが、一番の不安材料だね」 休業前はプロレス関係者が集まる店としてファンに知られていた。 「やっぱりUWFに縁があったレスラーが中心だけど、高田(延彦)さんは年に数回来るし、ほかにもちょくちょく顔を出してくれる。 手がすいてれば、俺もフロアに出てプロレス談議したり写メ撮ったり、気楽な店だよ。 今はできる限りの防止対策をしてるから安心して来て欲しいよね」 英語はペラペラだけどいじめられた さて、1967年3月28日に都内杉並区で生まれた安生さんは、父親の転勤のため4歳から11歳までニュージーランドで過ごした帰国子女。 「それで英語はペラペラなんだけど、帰国直後は日本語が片言だったせいで、ずいぶんイジメられたなあ」 プロレスに目覚めたのは中学時代。 後楽園ホールで初代タイガーマスクの試合を観戦して感動。 さらに高校進学後は高田延彦に憧れ、迷うことなく卒業後にUWF道場の門を叩いた。 デビューは85年7月8日。 87年には新日本プロレスのヤングライオン杯に出場するほど実力をつけていった。 一気に名を売ったのが94年12月のヒクソン・グレイシーとの一戦。 ヒクソンvs高田戦の下交渉のため米・ロサンゼルスのヒクソン・グレイシー柔術アカデミーを訪問したところ、ヒクソン側は殴り込みと思い込んでおり、「予期せぬ果たし合い」(安生さん)になりKO負け。 だが3年後にヒクソンvs高田戦が実現したのだから、ケガの功名とも言える。 翌95年からは新日本プロレスとの対抗戦へ。 ビッグマウスに磨きがかかり、またオチャラケキャラがウケてプロレス大賞技能賞を受賞するなど、独自の路線で活躍。 01年には天龍源一郎とのタッグで全日本プロレスの第44代世界タッグ王座を獲得してもいる。 その後、「ハッスル」「PRIDE」などのリングで大暴れ。 エンターテインメント路線の立役者のひとりでもあった。 そして迎えた15年3月の引退試合。 かつての盟友、高山善廣・山本喧一vs船木誠勝・鈴木みのる・菊田早苗の6人タッグマッチで30年間の現役生活にピリオドを打った。 「ケジメは大切だよ。 俺はやり切ったから、もう復帰はない。 コロナ騒動でちょっと遠のいたけど、いずれ独立したいんで、その時はまた取材に来てよ」 朗報、お待ちします! (取材・文=高鍬真之).

次の

山本喧一の試合動画や入場曲!現在はジンギスカン屋が大人気⁈

安生洋二 現在

あなたは「 長州力(ちょうしゅう りき)」と聞いて、何を連想するだろう? 滑舌の悪いおじさんだろうか? それとも長州小力の元ネタになった人だろうか? どちらも間違ってはいないが、プロレスファンから言わせると長州は「 強さと怖さの象徴」である。 今回はその2名に本当の長州力を教えるべく、伝説の『 10. 9東京ドーム vs 安生洋二戦』を見せてみたのでご覧いただきたい。 ・2人のド素人 誤った長州観を持つのは、当編集部のとの2名である。 「有田のモノマネしか思い浮かばない」「コミカルなプロレスラーでしょ」「全然強そうに見えない」……などと、 本物の長州力を知らないド素人たちだ。 本来なら長州力の必殺技「サソリ固め」を1時間ほどかけ続けても良かったのだが、彼らの背骨と命が耐えられるとは思えない。 そこで、99%のプロレスファンが「 あの日の長州はヤバかった」と口を揃える伝説の試合を観賞させることにした。 伝説の試合とは……そう、1995年に行われた「10. 9(じゅってんきゅう)東京ドーム vs 安生洋二戦」である。 あの日の長州は、それはそれはヤバかった。 鬼神の如く強かった。 おそらくあの日の長州は世界で一番強く、世界で一番おっかなく、そして世界で一番頼もしかったハズだ。 この試合を観賞し終えたら2人とも涙することは確実、下手したら「 長州のタトゥーを彫ってしまうんじゃないか?」というくらい最高の長州が拝める試合である。 まずはプロレスファンの私(P. サンジュン)とGO羽鳥が、2人がかりでこの試合に至った経緯をレクチャー。 プロレスは試合だけでも面白いが、 歴史やプロセスが何よりも面白いスポーツだ。 力道山の時代からキッチリ教えたから、事前準備はバッチリだろう。 そしていよいよDVDのスイッチをオン! 部屋中に響くパワーホール(長州のテーマ曲)と大長州コール!! さあ、いよいよ待ったなしやッ!! 全身がパンッパンに張った長州は最高のコンディションだ! さあド素人2名よ…… 長州力の強さを思い知るがいい!! わずか5分弱の試合だったが、2人は真剣に画面を見つめていた。 あの日、別々に東京ドームにいた私とGO羽鳥も感慨深く試合を見守った。 やがて試合が終わり2人に感想を求めたが、なかなか感想が出てこない。 長州の攻撃で安生がダメージを食らっている時は、なぜかスカッとしましたね。 ただ、全盛期のピーター・アーツの方が強そうだと思いました」(中澤星児) 「正直登場しただけで笑ってしまいそうでしたが、安生戦の長州はまるで巨大な岩のようなデカさ、そして頼もしさがありましたね。 プロレスファンから絶大な支持を集めているのも、ある程度は理解できました。 ただ、試合後のインタビューは何を言っているのかマジでわからなかった(笑)」(あひるねこ) ……と、素人なりに長州力の偉大さを感じた様子であった。 なお、補足しておくと全盛期のピーター・アーツよりもこの日の長州の方が 5万倍強い。 中澤が語っていたように、この日の長州は「山のフドウ」なのだ。 アーツがフドウに勝てるわけがないではないか。 というわけで、完全体の長州ファンにはならなかったものの、それなりに長州への理解が深まった両名。 うむ、君たちにとって人生のターニングポイントとなり得る非常に有意義な時間だったと思う。 今後も1人前のプロレスファンにすべく、知らず知らずのうちにプロレスを教え込んでいく予定だ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

高山善廣

安生洋二 現在

【あの人は今こうしている】 安生洋二さん(元) 率いるUWFでプロレスデビュー。 90年代のプロレスブームの際は切り込み隊長として他団体のマットに参戦。 その後、格闘技イベント「ハッスル」「PRIDE」でも活躍し、2015年3月19日に引退。 ウチの店も緊急事態宣言が出た翌4月8日から休業して、再開したのが6月1日。 1カ月と3週間以上も休んじゃったから、まだペースがイマイチ掴みきれてないんだよね」 東急田園都市線・用賀駅から徒歩4分。 住宅街の飲食店ビル2階にある串焼き店「市屋苑」へ行くと、キャップをかぶった安生さんに迎えられた。 カウンターとテーブルで約60席の店内は、ログハウス風のウッディーな内装だ。 カウンター上のラックには魔王をはじめ各種焼酎が40種ほどズラリと並び、入り口そばのクーラーに日本酒の銘酒が約10本。 飲んべえのハートをガッチリとロックオンしてくる。 「ここはUWFインターの取締役だった鈴木健オーナーが98年にオープンしてね。 俺は6年前から働いてるんだよ。 オススメ? 備長炭で焼くネック(1本130円)、チーズネック(同150円)、牛ハラミ(同240円)がベスト3。 俺が仕込みをして、じっくり焼くから間違いなく200%、いや、300%ウマイ。 アハハハ」 休業前の客足は? 「減ったのを実感したのが3月後半ぐらいからで、4月に入って激減。 10人を切る日もあったから、まあ最悪だったよ」 平日は近隣に勤めるビジネスマン、週末は家族連れの比重が増すが、ともに足が遠のいたと言う。 「感染拡大防止のためだから休業はしょうがない。 でも再開したからといって、以前の売り上げまで回復するのは当分先じゃないかなあ。 企業や大学生の飲み会需要が見込めないのが、一番の不安材料だね」 休業前はプロレス関係者が集まる店としてファンに知られていた。 「やっぱりUWFに縁があったレスラーが中心だけど、高田(延彦)さんは年に数回来るし、ほかにもちょくちょく顔を出してくれる。 手がすいてれば、俺もフロアに出てプロレス談議したり写メ撮ったり、気楽な店だよ。 今はできる限りの防止対策をしてるから安心して来て欲しいよね」 英語はペラペラだけどいじめられた さて、1967年3月28日に都内杉並区で生まれた安生さんは、父親の転勤のため4歳から11歳までニュージーランドで過ごした帰国子女。 「それで英語はペラペラなんだけど、帰国直後は日本語が片言だったせいで、ずいぶんイジメられたなあ」 プロレスに目覚めたのは中学時代。 後楽園ホールで初代タイガーマスクの試合を観戦して感動。 さらに高校進学後は高田延彦に憧れ、迷うことなく卒業後にUWF道場の門を叩いた。 デビューは85年7月8日。 87年には新日本プロレスのヤングライオン杯に出場するほど実力をつけていった。 一気に名を売ったのが94年12月のヒクソン・グレイシーとの一戦。 ヒクソンvs高田戦の下交渉のため米・ロサンゼルスのヒクソン・グレイシー柔術アカデミーを訪問したところ、ヒクソン側は殴り込みと思い込んでおり、「予期せぬ果たし合い」(安生さん)になりKO負け。 だが3年後にヒクソンvs高田戦が実現したのだから、ケガの功名とも言える。 翌95年からは新日本プロレスとの対抗戦へ。 ビッグマウスに磨きがかかり、またオチャラケキャラがウケてプロレス大賞技能賞を受賞するなど、独自の路線で活躍。 01年には天龍源一郎とのタッグで全日本プロレスの第44代世界タッグ王座を獲得してもいる。 その後、「ハッスル」「PRIDE」などのリングで大暴れ。 エンターテインメント路線の立役者のひとりでもあった。 そして迎えた15年3月の引退試合。 かつての盟友、高山善廣・山本喧一vs船木誠勝・鈴木みのる・菊田早苗の6人タッグマッチで30年間の現役生活にピリオドを打った。 「ケジメは大切だよ。 俺はやり切ったから、もう復帰はない。 コロナ騒動でちょっと遠のいたけど、いずれ独立したいんで、その時はまた取材に来てよ」 朗報、お待ちします! (取材・文=高鍬真之).

次の