プロパンガス 交渉。 プロパンガス(LPガス)が高い!電話交渉で値下げに成功

プロパンガスの料金交渉はできる?安くする方法とは

プロパンガス 交渉

プロパンガスは都市ガス料金の約2倍! プロパンガスが高い理由 基本的にプロパンガスが都市ガスよりも高いとされているのには、れっきとした理由があります。 まず第一に 都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金です。 そのためプロパンガスの料金は販売業者が自由に決めており、 都市ガスの倍以上ということも珍しくありません。 消費者からすれば信じられない事実ですが、同じプロパンガスでも ガス会社によって価格がバラバラ、安いところからぼったくりなところまで十人十色です。 【豆知識】規制緩和されても下がらないプロパンガス料金 プロパンガス業界は都市ガスと違い 地域密着型で地元に根差している企業が多いため、地域ごとに顧客を取り合わないような暗黙の了解が存在していました。 これによりはっきりと価格を公表することなく、契約されていることが多いのが現状です。 言ってみれば、決められた公の価格が存在しないので、 顧客ごとに価格が異なることはザラです。 「お宅だけ特別価格にしておきます」ということもあり、同じガス会社を契約していても、自分の家よりも隣の家の方が料金が倍以上安く設定されているということもあり得ます。 何通りもの価格が存在していると言われている現状では価格規制を行ったことろで、元々が不透明ではっきりしないため、公正な価格競争も何もあったものではないというのが正直なところなのです。 賃貸アパート・マンションはさらにプロパンガスが高額 プロパンガスは自由料金のため、必然的に都市ガスより価格が高めに設定されています。 しかし実は同じプロパンガスでも、 一戸建てより賃貸アパート・マンションの方が、ガス料金は30%ほども高く設定されているというデータがあります。 ただでさえ高いプロパンガスの料金が、賃貸アパート・マンションに住んでいるというだけで30%も高くなるというのは、非常に大きな問題です。 一戸建てから賃貸アパート。 マンションに引っ越して、ガス代が高いことに驚いた人も多いのではないでしょうか? しかし同じプロパンガスを契約しているのに、なぜ賃貸アパート・マンションの方が一戸建てよりも料金が高いとされているのでしょうか? 賃貸アパート・マンションは設置費用が上乗せされていることがある 一戸建てにしても賃貸アパート・マンションにしても、初めにガスの契約をした時に、ガスを使うための設備なども取り付けをする必要があります。 しかしガス会社の中には、この設置費用を大家さんからもらわず無償で取り付けるところや、契約した際のサービスとして、給湯器やエアコンを無料で貸し与える企業も存在します。 大家さんとしては非常に喜ばしいでしょうが、ガス会社としては契約時に無償提供した設置費用をなんとしてでも回収したいはずです。 そこでどうするのかというと、 ガスの価格を値上げします。 つまり本来大家さんが負担するはずの設置費用を、 引っ越してきた入居者が日々のガス代として負担しているというわけです。 ガス料金を高くされても契約変更できない! 賃貸アパートやマンションの方が、一戸建てよりもガス代が30%高いのには、他にも理由があります。 一戸建ての場合は下手にガス料金を高くすると、すぐ別の会社に変更されてしまう可能性がありますが、賃貸アパート・マンションの場合は 大家さんが契約しているので、入居者は変更できません。 大家さんからしてみれば、ガス代がいくら上がろうと自分が負担するわけではありませんので、どうしても無頓着になってしまいます。 しかし肝心のガス料金を払う入居者はそうはいきません。 入居者はプロパンガス会社を変更する権限はないので、 値段を徐々に上げていく悪質なプロパンガス業者も中には存在します。 【ぼったくり? 】プロパンガスの適正価格と比較してみよう 毎月あなたが払っているガス代が相場や適正価格よりも高い……いわゆるぼったくりの可能性は十分に考えられます。 そこでまずは、自分が支払っているガス代が適切な価格か、相場よりも高いのかを確してみてください。 というのも 適正価格を知ることこそが、ガス代を削減する最初の一歩であり、最も重要なことだからです。 ガス料金を確実に安くするには あなたに請求されているガス代は、適正価格よりも安かったでしょうか? 高いのならば、一刻も早くガス料金を安くするための努力をすべきです。 一戸建てにしても賃貸アパート・マンションにしても、プロパンガス料金を安くする方法はもちろん存在します。 それも「ガスの使用量を抑えたりして光熱費を節約~」というありふれたものではありません。 ガスの料金自体が30%近く値下げされますから、使用量にかかわらずガス代を効果的かつ確実に安くできます。 プロパンガスの値下げ交渉ってできるの? ありがちな節約術以外でガス料金を安くするといえば、真っ先に ガス会社との値下げ交渉を連想しますよね。 「毎月請求されるガス代が適正価格よりも高い」と契約中のプロパンガス会社に訴えても良いですが、こちらの方法はあまりおすすめしません。 というのも相場より明らかに高い悪質なガス会社ならば、例え値下げ交渉に応じたとしても、それは 一時的なものに過ぎない可能性があるからです。 値下げされても知らずに値上げされる? 最初のうちは無事に値下げされて、消費者であるあなたが満足したとしても、半年後からは徐々に値上げされていき、数年後には値下げ前よりも料金が上がっていたということも考えられます。 また値下げ交渉をするとなると、それなりの労力がかかります。 そこで思い切って 良心的なガス会社に変更した方が料金を安くできます。 一戸建てならガス会社の変更が一番ラクで確実! まずは一戸建ての場合です。 上のリンクから診断した結果、適正価格よりも高いと表示された方は、診断結果でもおすすめしている通り、ガス会社を見直すべきでしょう。 勘違いされがちですが、 プロパンガスは業者を変更できます。 高いと感じた、もしくは適正価格よりも高いのなら、今よりも安いガス会社に乗り換えれば良いだけです。 ガス会社を変更することで、 平均30%ほど安くなると言われており、さらに切り替え時に費用は発生しません。 ガス会社を新しく見つけるとなると、ハードルは高いと感じるかもしれませんが、そんな時はプロパンガス消費者協会というところを経由すると、手っ取り早く済みます。 利用料無料で、料金の安い優良ガス会社を紹介してくれるのはもちろんのこと。 ガス料金見守り保証も無料でついてきますので、不透明な値上げをされたとしてもプロパンガス消費者協会が対応するため非常に安心です。 よっぽどの理由がない限りは、この協会を経由すべきでしょう。 賃貸アパート・マンションのガス料金を安くする方法は? 一戸建てならプロパンガス会社そのものを変更するという、一番簡単かつ効果的な解決策があります。 意外と知られていませんが、 ガス会社を変更するのはそれほど難しいことではなく、費用もかかりません。 しかし賃貸アパートやマンションの場合は事情が違ってきます。 前の項目でも説明したように、 ガス会社を変更する権限は入居者にはなく、大家さんにあるからです。 入居者の一人でしかないあなたがガス会社に問い合わせても、まず受け入れてもらえないでしょう。 一番簡単なのは引っ越すこと 賃貸アパートやマンションの場合、ガス会社を変更する権利は大家さんにあるため、どうしても一戸建てよりも対応が難しくなってきます。 そのため一番手っ取り早いのは、 その賃貸アパート・マンションから引っ越して都市ガス、もしくは価格が安いプロパンガスの物件を探すことです。 新たに引っ越し先を決めて引っ越し会社に依頼するとなると、膨大な費用がかかってしまいます。 ガス代のためだけに引っ越しては、余分な費用がかかるため本末転倒です。 あくまでも引っ越しをする理由の1つに留めておきましょう。 そこでここからは、 引っ越し以外の方法でガス会社を変更する方法を解説したいと思います。 賃貸アパート・マンションのガス料金を安くする際は大家さんがカギ ガス会社を変更する権利を持っているのが大家さんなら、 大家さん、もしくは管理会社に相談するのが定石です。 とはいえ、ただガス代が高いと愚痴を吐いても取り合ってくれないでしょう。 そこで、どうすれば大家さんや管理会社が取り合ってくれるのか……相談する際のポイントをまとめてみました。 適正価格を伝えるのは基本 大家さんに相談の際は、 インターネットで調べた適正価格よりもいくら高いかをはっきりと伝えるのが一番です。 まだプロパンガスの適正価格を確認していない方は、から確認しておきましょう。 適正価格より高いほど効果があります。 また情報の真偽についてですが、プロパンガス料金消費者協会というちゃんとした団体が運営しているため、説得力は十分にあります。 交渉はしたたかに 「適正価格よりこれだけ高い」と大家さんや管理会社に訴えたところで、実際にプロパンガスの料金を払うのは入居者です。 心優しい方ならともかく、入居者の負担に対して無頓着な方なら、受け入れてくれないでしょう。 ですが入居者であるあなたが払っているのはガス料金だけではありません。 住んでいる物件の家賃も払っています。 そこで例えば、「ガス代が高すぎるため引っ越しを考えている」など、あなたが本気で悩んでいることをアピールしてください。 大家さんや管理会社からすれば、プロパンガスの値上がりには無頓着でも、 空き部屋が出るのは相応のデメリットになるからです。 入居者同士で協力して交渉する 先ほど紹介した2つのポイントを押さえて交渉しても、あなた一人では「マンション(アパート)単位で契約しているから変更できません」と断られてしまうケースが多いでしょう。 そこでかなり思い切ったやり方ですが、 マンションやアパートの入居者と一致団結するという手があります。 全員の意思表示がわかる方法として、 署名をとる方法が一般的です。 これに関しては提案者であるあなたの交渉力や発言力がある程度必要になりますが、 ガス料金が高いことに不満を持っているのはあなただけではないはずです。 例えガス料金をあまり気にしない方でも、適正価格や相場よりもこんなに高いということを強調すれば、あなたの力になってくれるかもしれません。 それに難しい分、複数の入居者が抗議すれば、大家さん側としても無視することはできず、何かしらの対応をとってくれる可能性があります。 値下げするならガス会社を変更した方が効果的 いざ大家さんや管理会社に相談するなら、目標は料金の値下げよりもガス会社を変更した方が効果的です。 一戸建ての項目でも書きましたが、基本的に値下げよりも、価格が安い良心的なプロパンガス会社に変更した方が ガス代を30%近く削減できます。 またあまりにも悪質なところだと、例え値下げしたところで時が経てば値上げをする可能性も考えられます。 ガス会社を変更できるかは、大家さんとガス会社の契約などにより厳しいかもしれませんが、狙うならばガス会社の変更が一番です。 大家さんの負担がかからない点をアピール ガス会社を変更するつもりなら、 「新しいガス会社の候補は自分で探す」とアピールするのを推奨します。 大家さんも人間ですので、大家さんの負担がどの程度かかるか重要なのはもちろんのこと。 大家さんが選んだガス会社に変更しても、前とそれほど価格が変わらなかったということも考えられます。 とはいえいざ探すとなると、どうやって探したらいいか見当もつかないはずです。 そこでおすすめなのが、プロパンガス消費者協会というサイトを利用することです。 価格の安い優良企業を紹介してくれるだけでなく、ガス料金見守り保証により、不透明な値上げ時は協会側が対応してくれます。 相談・利用は無料ですので、大家さんの了解が降りれば、簡単にガス代が安くなるでしょう。 残存料金を支払ってくれるガス会社があることを伝えると効果的 上で紹介した上記ポイントを押さえて交渉した結果、大家さん側もガス会社を変えたいと思い至ったとします。 しかしそれでも、大家さんとプロパンガス会社が結んだ契約により、変更できないと却下される可能性があります。 契約年数より早く解約してしまった場合、 残りの設備費用を大家さんが支払わう必要が出てくることもあります。 そういった契約ならば、仮に入居者全員の意向でも難しいかもしれません。 ですがガス会社の中には、 残存する設備の費用を支払ってくれる会社もあります。 きちんとした優良会社に契約すれば、「その代り毎月のガス料金に上乗せしましょう」などということにはなりません。 「ガス会社を変更すると解約金が発生する」と言われた場合は、残存料金を支払ってくれるガス会社があることを大家さんに報告してみましょう。 残料金を負担してくれるなら、大家さんも案外あっさりと了承してくれるかもしれませんよ? 難しくてもガス会社を変更する価値はある 賃貸アパート・マンションの プロパンガス料金の相場は12000円程度と言われています。 しかしこの記事で紹介したポイントを抑えれば、ガス会社を変更できる可能性があります。 そして上手くガス会社の変更、もしくは値下げがされれば、 月に4000円ほど請求額が安くなることも考えられます。 「どうせガス会社を変えることなんてできないから……」と諦めてしまわず、できることがあると信じて手を尽くしましょう! プロパンガスから都市ガスには変更できない? プロパンガスの料金を値下げする方法は以上です。 ですが、どうせならプロパンガスよりも料金が安い都市ガスにしたいですよね。 果たして、プロパンガスから都市ガスには変更できないのでしょうか? 結論から言いますと、できなくはありませんが、 莫大な費用がかかります。 仮に自宅前の道路に都市ガスのガス管が通っていた場合、 最低でも10~15万円ほどの費用を支払うことになります。 なぜこんなにも費用が発生するのかというと、工事費はもちろんのこと。 給湯器やコンロなどのガス設備をプロパンガス用のものから、都市ガス用に変更する必要があるからです。 ならプロパンガスのメリットって何? プロパンガスから都市ガスにするのには10万円以上も費用がかかってしまいます。 いくら都市ガスの方が安いとはいえ、さすがに勇気がいりますね。 それならばわざわざ都市ガスにするよりも、料金が安いプロパンガスの会社に変更した方が得策です。 中には「これからもずっとプロパンガスか……」と、都市ガスに変更できないことに悲観している方がいるかもしれませんが、 必ずしも都市ガスの方がプロパンガスよりも優れているというわけではありません。 人によっては、「今度引っ越したら都市ガスにしようかしら」と検討中の方も多いと思いますので、都市ガスと比較した際のプロパンガスのメリット・デメリットを解説してきます。 メリット1. プロパンガスは初期費用が安い ガス料金は都市ガスよりも高いプロパンガスですが、 初期費用に関しては都市ガスよりも安いというメリットがあります。 というのも上の方で触れた通り、プロパンガス会社は初期費用を0円などにする代わりに、毎月のガス代にその費用を上乗せするからです。 逆に都市ガスの場合、工事費は消費者が負担するというデメリットが出てきます。 月々の費用は高くなりますが、一戸建てや大家さん側からすればれっきとしたメリットになります。 メリット2. プロパンガスは災害時の復旧が早い ガスが使えなくなるということは、火を使った料理ができず、お湯が沸かせないため入浴も不可能です。 日本は地震列島といわれていますので、安全面からプロパンガスを採用するのも1つの手です。 プロパンガスのデメリットは利用料金が高くてバラバラな点 プロパンガスのメリットを挙げましたが、ではデメリットはあるのかというと、やはり最大のデメリットは価格面です。 都市ガスのような公共料金ではなく自由料金のため、値上げや値下げもガス会社の一存で設定可能です。 そのため使う側の消費者からすれば、非常に不平等です。 悪質な会社と契約すれば、いつ不透明な値上げをされるか分かったものではありません。 どうすればプロパンガス料金の格差や値上がりはなくなるのか? プロパンガスの価格規制を強くするには、現在暗闇に隠されている プロパンガスの価格を公表するのが必要と専門家は語っています。 現在のプロパンガス業界では、設備費用などの価格を上乗せ&それを公表しなくてもよいという風潮があります。 これによりガス会社の方も、「少しくらいなら値上げしても大丈夫」という考えから値上げに繋がってしまいます。 この現状を打破するのは難しいですが、それでも消費者が 「公表してほしい」と主張。 また自分が払っているガス代がどういう内訳なのか目を向けたり、興味を持っていくことで、プロパンガス会社も不必要に値上げするのが難しくなっていくことでしょう。 【まとめ】大事なのはプロパンガス料金の適正価格や相場を把握すること 「プロパンガスは高くて価格設定がバラバラ」ですが、災害時の復旧が早いという魅力的なメリットが備わっています。 また価格がバラバラということは、中には安いガス会社も存在するということです。 値上げの危険性も、 プロパンガス消費者協会の紹介ならば、ガス料金見守り保証がついてくるため安心です。 このように消費者である私たち自身が、払っているガス代に無頓着にならず、 請求されたガス代が適正価格や相場よりもどれだけ高いのかを知るすることこそが強力な武器になります。 これまではガス代が高いという不満しか言えなかった人も、適正価格や相場を把握することで、良心的なガス会社に乗り換えるという選択肢が生まれます。 マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方は、大家さんや管理会社と交渉したりするため面倒になりますが、何もしないよりはマシです。 いきなり入居者全員の署名を集めたりするのはハードルが高いと思いますので、まずは自分が支払っている毎月のガス代に対し、少しでも興味を持つことから始めましょう。

次の

プロパンガスの料金交渉はできる?安くする方法とは

プロパンガス 交渉

「はじめは安かったけどガス代が年々高くなっている…」 「光熱費のなかでもプロパンガス代の割合が高い…」 そんなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。 プロパンガスは公共料金には含まれないので、料金設定について法律の縛りがありません。 各ガス会社が自由に料金を設定することができる、「自由料金制」の商品になります。 そのため、ガス会社が自社の利益を確保する目的で必要以上に高く販売していることも少なくありません。 同じプロパンガスを同じだけ使用しても、契約しているガス会社が違うだけで半分近く料金が安くなる可能性があります。 だからこそ、プロパンガスを使う人は、 「自分の契約しているガス会社の料金プランがいくらなのか」 「自身のガス代が地域の相場より高いのか安いのか」 の2点をしっかりと把握する必要があります。 現在の料金プランの確認方法 なお、実際にお住まいの地域にガスを供給しているガス会社の料金プランと比較したい場合は、で比較が可能です。 手順3:現在のガス会社に値下げ交渉をする 手順1で確認した基本料金・従量単価と、手順2で確認した地域のガス料金相場をもとに、ガス会社に値下げ交渉を行いましょう。 この時大切なのは、「ほかのガス会社への切り替えを検討している」という旨のことを伝えることです。 ガス会社が一番困るのは、契約を解除されてしまうことです。 「ガス会社の切り替えをされてしまうのなら、値下げしたほうがいい」と考える会社であれば、値下げに応じてくれる可能性が高いです。 この時、別のガス会社さんで見積もりを取得していれば、その見積もりをもとに値下げ交渉を行うことができるので成功率があがります。 プロパンガス会社の見積もりが無料で欲しい方は なお、集合住宅などで自分で直接ガス会社へ交渉することができない場合には、大家さんや管理会社に相談してみましょう。 値下げ成功後に確認すべきこと 値下げ交渉に成功しても、その後のガス料金はしっかり確認し続けましょう。 ガス会社によっては、値下げの数ヶ月後に再び値上げを行う可能性があります。 このときの値上げは通知をされないこともあり得るので、値下げ当初の基本料金・従量単価から上がっていないか逐一計算をすることをおすすめします。 なお、正当な理由なく実際に値上げをされた場合には、再度値下げ交渉を行うのではなく、 ガス会社の切り替えを検討すべきです。 短期間で理由のない値下げ・値上げを繰り返すガス会社は、お客様に誠実であるとは言い難く、信用するべきではありません。 特にガスは危険物なので、有事の際にしっかりと対応してくれるよう、信頼できるガス会社と契約しましょう。 値下げ交渉に失敗した場合 プロパンガスの値下げ交渉をする際、必ず留意してほしいことがあります。 それは、 「 値下げ交渉に簡単に応じられるガス会社は、適正価格よりも高い料金でガス料金を販売している」 ということです。 本来、適正価格でプロパンガスを提供しているガス会社は、簡単に値下げに応じることはできません。 自社の利益を採算の合うギリギリのラインまで削っており、値下げをすると赤字になるためです。 そのため、 「すぐに値下げ交渉に応じられる」ということは、「今まで自社の利益を上乗せしてガスを販売していた」ということと同義なのです。 プロパンガスの価格はガス会社が自由に設定することができるので、自社の利益目的で必要以上に高い料金でガスを販売しているガス会社も珍しくありません。 ご自身の契約しているガス会社が信頼できるガス会社なのかは、しっかりと見極めましょう。 プロパンガス料金比較サービス「」では、以下の条件を満たすプロパンガス会社のみご紹介しています。 手順1:現在のガス料金プランを確認する 手順2:現在のガス料金プランと地域の相場を比較する 手順3:現在のガス会社に値下げ交渉をする 値下げに失敗した場合には、「」を使って今よりもガスを安く提供してくれるガス会社を探しましょう。 なお、値下げに成功した場合も、再び値上げをされるリスクを考慮すると、 「不当な値上げをしない、信頼できるガス会社」に切り替えたほうがお得です。 enepiでご紹介するガス会社は、「不当な値上げを一切行わない」という条件で加盟しているほか、1年以内の値上げが万が一起こった場合には返金保証が用意されています。 各ガス会社の料金プランは無料で見ることができるので、ガス料金の節約をしたい方は一度確認してみて下さい。

次の

プロパンガス料金を交渉して安くする方法

プロパンガス 交渉

賃貸のプロパンガスでも値下げ交渉する方法 賃貸物件でも、交渉は可能です。 ただし、交渉の難易度は高めです。 大家さんが一括契約してるので、個人交渉だとなかなか値下げできません。 交渉できる2つのパターン 物件によって値下げ可能な場合 以下のように、賃貸+プロパンの条件で値下げに成功してる人がいます。 今住んでいる賃貸はプロパンですが交渉でかなり下がりました、賃貸だと建設時にガス屋さんが配管コンロ等初期費用を負担している例があるそうで、その場合は交渉難しいでしょうね。 — shiro ki460 値下げ交渉できるかどうかは、大家さんとガス会社の契約内容に左右されます。 途中で都市ガスからプロパンになった場合 以下のように、住んでいる賃貸物件のオーナーが変わり、途中からプロパンガスになった場合です。 賃貸オーナー変更でなんとプロパンガスに変更になる事になった。 ガス会社と交渉して、料金を現状と同等の水準にする事と、使用機器のプロパンへの変換を無料でしてもらう話はした。 我ながらいろんな事に詳しくて良かったわ。 — naranja naranja0113 ガス会社と交渉することで、料金の値上げを防げる可能性があります。 値下げ交渉のやり方 大家さんに電話で相談する ガス会社と契約してるのは大家さんです。 大家さんに電話連絡をします。 相談のポイントは3つです。 プロパンガスが高いこと• ガス会社に値下げ交渉したいこと• 引っ越しも視野に入れてること 大家さん的には、引っ越されると家賃収入がなくなって困ります。 話をまったく聞いてくれないなら「引っ越し」のワードを使いましょう。 大家さんに相談すると「値下げ交渉はガス会社に直接言ってください」や「個人で勝手にやってください」と言われます(値下げ余地がある場合)。 そうしたら、今度はガス会社に連絡します。 ガス会社に電話して交渉する 電話では、以下のようなことを伝えます。 値下げの脈があるなら「上司に確認します」や「検討します」と言われます。 その言葉が出たらチャンスです。 交渉で毎月2,000円の値下げに成功です。 それでも都市ガスよりは高いですが、値下げ交渉しないときよりずっとましだと思います。 賃貸のプロパンガスが高くて悩んでいる人は試してみてください。

次の