意味がわかると怖い話 答え。 ‎「意味が分かると怖い話

意味がわかると怖い話【解説あり】

意味がわかると怖い話 答え

・ゲームのシステム 意味が分かると怖い話を読み、不自然な点、違和感を感じる部分をタップすることでその文が選択され、その文が正解だった場合、その話の解説を読むことができる。 また、不正解した場合でも、広告を見る、レビューをする、他の人に共有するなどすることで、ヒントや解説を、正解を導き出すことができなかったとしても見ることができる。 いずれの場合でも、解説を見なければ次の話を読むことはできない。 評価点 ・タイトル画面を開き、ステージ選択画面まで行けば、機内モードでプレイすることができ、煩わしい広告を見ないで済むようになるだけでなく、実際に共有しなくても、共有のコマンドを実行するだけで解説を見ることができる。 送信失敗しても、解説を見られる。 ・怖い話は300話を超え、かなりボリューミー。 低評価点 ・「正解が無い話がある」 これは哲学的問題のように、所謂「人によって正解は色々あるため、特定の絶対的な正解はない。 」という意味ではなく、「実際に全ての文をタップして選択しても、正解にならない。 」という意味である。 つまり通常の手段では正解することが出来ず、他の人にアプリを共有することでしか次の話を読むことが出来ない。 しかし、これはタップして答えを探すという動作を行わず、ただ自分で答えを考えてからアプリ共有をすれば良いだけのことなので、さほど致命的なことでは無い。 ただ、タップして答えを探すというのが、このアプリ唯一のゲーム性であるため、そのゲーム性と独自性が失われ、ただの意味が分かると怖い話集になってしまっているのは寂しい点である。 ・「意味が分かれない話がある」 ただ想像力が足りないからという理由だけではなく、話自体に明らかな論理の飛躍がある。 例えば、「公園で弟を待っていたら目の前で盲目の老人が轢かれてしまった」という話では、「実は運転手も視覚障害だった」というのが正式な答えである。 解説では「ブレーキの音が聞こえなかった」ということを根拠として挙げているが、ブレーキの音が聞こえなかった原因は、ブレーキの故障、居眠り運転や飲酒運転、突然の発作、老人に対して殺意があったからなど数多くの理由が考えられる。 そもそも、視覚障害の人が車を一人で運転することなどあり得るのだろうか。 更に言うなら、この事故の原因が運転手の視覚障害だったとして、一体何が怖いのだろうか。 視覚障害の人でも運転が許されてしまう社会システムや今まで視覚障害があるにもかかわらず無事故で運転できていた運転手の超人的運転技術が怖いというのなら分からないでもないが、それは話の中では一切匂わされず、また解説にも無い。 別の話では「日本の地域の方言」の知識がなければ絶対に正解に辿り着けない話や「ルビーなどの宝石が象徴する意味」の知識がなければ正解に辿り着けない話もある。 また「ドイツの鶏事情」を知らなければ答えに辿り着けない話もあり、非常に衒学的という印象を受ける。 また転んで首が180度回転するように折れていても全く気づかない主人公、またその主人公に対して動画を撮って見せることで首が折れていることを示す友人など、整合性や論理性自体が破綻している話もある。 意味が分かると怖い話にはそういった話もあるが、このゲームではそれを見破らなければいけない上、答えが無い可能性もあることを留意してもらいたい。 また、そういった話が多数存在することによって、意味が分かると怖い話としてきちんと成り立っているものが出てきたとしても、誤謬が存在していないかつ答えが存在する保証が無いがために、思考を放棄して重要なエッセンスを見逃し、さっさとアプリ共有をして解説を見てしまいがちになってしまう。 ・「解説が解説じゃない」 この作者の意味怖シリーズの解説文には、文法やらに正しいのか怪しい点が数多く存在してあるのは承知していた。 しかし、このアプリにおいては、そもそも解説の役割を果たせていない。 最も重要な部分を「つまり…」や「ということは…」といった言葉で濁してしまっているため、正解に辿り着けずアプリ共有をして解説を見た者には全く伝わらない。 また前述したように論理の飛躍が起こっているものを唯一の解としているものが多いため、腹立たしい。 ・「同じネタが多い」 どころか一字一句違わず同じ話が出てくることさえある。 それが答えがなくアプリ共有でしか解説を見られない話の場合もある。 またネット上でよく見る意味が分かると怖い話が多数ある他、それを解答不能にして載せるなどしている。 ・「全体的に出来が悪い」 誤字や誤植などはもちろんたくさんあり、「俺はトイレに言う」や「マー彼ード」など一目みただけで分かるものが多い。 が、誤植と思っていたものが答えという場合もある。 単調なBGMなど支障をあまりきたさないものもある他、何度も「閉じる」ボタンを押さなければ次の回答に移れない仕組みや、ヒントが表示されない おそらく、そもそもヒントが用意されていないが、無いヒントを見るためにアンケートに答える必要がある 話など、全体的に出来が悪い。 また、環境次第の可能性もあるが、「無限ロード」に遭遇することもある。 ・その他 痴情のもつれの話が多い他、下ネタもあるので複数人でプレイするには向かない。 感想 本当にイライラする。 プレイヤーとホラーをバカにしていると感じる。 筆者はやっている最中イライラで頭痛が起こり、1時間半程に渡って頭皮が大きく脈打っているのを感じていた。 本当にこのアプリの配信を停止してほしい。 星1レビューをするのは人生で初めてであるが、罪悪感など微塵も感じない。 総評 ダウンロードしない方が良い。

次の

【閲覧注意】意味がわかると怖い話スレwwww

意味がわかると怖い話 答え

この話は実話なので、あまり拡散しない方がいいかもしれませんし、答えも知らない方がいいかと思いますが、それでもご興味のあるご様子なのでご説明させていただきます。 彼女はミュージシャンを目指していると言っていますが、実は若い女性ながらもヤクザの幹部というのが本当の姿です。 組織での彼女の役目は、組織を裏切った者を拷問した上で殺すということ。 彼女は裏切り者を拷問して殺すたびに、その拷問を想起する色に自分の髪色を変えることにしておりました。 それは彼女の仕事をやり遂げた自分へのささやかなご褒美でもありました。 火だるまにして焼き殺すときは赤髪に。 硫酸漬けにして殺す時は黄色に。 溺死させるときは青。 彼女は己の髪を見るたびに、拷問され苦しみの中死んでいった者の顔を思い浮かべては恍惚とした表情を浮かべていたようです。 「青く戻す」の真の意味は、溺死させて海に戻すという意味ですね。 先ほど申し上げましたように、組織を裏切った者に制裁するのが彼女の仕事です。 彼女を「裏切った」男がその後どうなったかはご想像にお任せいたします。 一言だけ付け加えさせていただくと、その後の彼の消息は不明とのことです。 ちなみに、そのときの彼女の髪の色は赤だったようです。

次の

‎「意味が分かると怖い話

意味がわかると怖い話 答え

LINEにまつわる都市伝説 本文 LINEにまつわる都市伝説。 LINEって便利だ。 直接連絡先を交換できるのはもちろんいいが、電話番号から昔の友だちなんかが勝手にLINEに追加される。 ある日、かなり久しく会っていないやつから連絡がきた。 でもそいつのLINEがなんか不自然で、久しぶりなのにいきなり恋愛ネタなんだ・・・。 俺にもついに彼女できたよ~! 包容力のあるうお座の2個上 丁度、バイト帰りにコクられて 持って来た食材で料理中。 つまり俺にも春が来たって事! たのしい日々が始まりそうな予感 女っ気がない人生から卒業だ ニコニコした生活が待ってる 居場所もできて 座ってると料理が出てきた ラッキー れんあい経験無い俺に てんからのプレゼント? にんげん、生きてりゃ良い事ある げんに、俺がそうだ ラッキー れんあいも頑張るか なんか、ずっと見ていてくれて、 いつも気に掛けてたらしい たのしい すてきな人生 けいけんない俺で良いらしい てか、これ見て照れてるよ 超長文で恋愛の話をしてくる久しぶりな友達に最初は引いたが、しばらく文章を眺めて俺はすぐ警察へ連絡した。 ヒント 久々の友人から、突拍子もない恋愛話。 彼はなにか別のことを主人公に伝えようとしています。 その意味に気づいた主人公は、すぐに警察に連絡したそうです。 ヒントは、「縦読み」です。 解説 友人からのLINEメッセージの頭文字を縦読みしてみてください。 助けて。 」 となります。 皆さんも、謎の長文がLINEで送られてきた際は是非縦読みしてみてはいかがでしょうか。 超能力 本文 あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「すみません。 あなたの年齢は28歳ですか?」 男が私に話しかけてきた。 「そうですが、どうしてわかったんですか」 私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。 「あなたの年齢は45歳ですか?」 「そうですけど……」 「あなたは62歳ですね?」 「どうしてわかったんだ?」 そんなやり取りを繰り返していく。 どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。 次の停車駅までは、まだ15分以上ある。 私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。 「あなたは50歳ですね?」 「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」 最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。 年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。 「凄いですね。 百発百中じゃないですか」 私は男に話しかけた。 すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。 「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」 ヒント 超能力者の男は、次々と年齢を当てていきます。 しかし、彼が見えるのは 人の寿命なのです。 皆、 寿命と現在の年齢が一致しているということは・・・。 さらに、5分後に誕生日を迎える乗客がいるということは・・・。 解説 この特急電車は事故に遭い、 乗客の方々が亡くなることが予想されます。 さらに、最後の女性の一言で、そのときまで5分もないということがわかり、逃げられないことに気づいた超能力者の顔は真っ青になってしまったのでしょう。 ところで、そもそも何故超能力者の男はいきなり年齢確認を始めたのでしょうか。 彼が見ることができるのは年齢までのはず。 彼は自分の寿命を知っていて、彼の最後の誕生日からずっと怯えて、人に年齢をききまくったのでしょうかね。 幸せの丸い貝 本文 大学で日本の風習を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。 道路から階段が伸びていて、下には岩場がある。 ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。 少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。 「何か探しているのですか」私は声を掛けた。 「貝を」少女は言った。 「幸せの丸い貝を探しています」 貝とはまた奇妙だ。 それは希少で高級な貝なのかと問えば違うという。 食用かと問えば、食べる人もいるが、と言う。 となると、恐らく貝殻が必要なのだろう。 「祭で必要なのです」と少女は言う。 「幸せの丸い貝が無いと、祭が台無しになってしまう」 その話に興味を持った私は祭のことを少女に問うたが、少女はよくわからないという。 親類が詳しいというので、頼み込んで家まで案内してもらった。 少女の家はまさに祭りの前日といった様子で、着くなりたくさんのご馳走で歓迎された。 酒が入っていたからだろう。 ろくに質問もせぬうちに私は眠ってしまった。 目を覚ますと、もう祭りは始まっていた。 少女はいない。 私は一番近くにいた人に話し掛ける。 「幸せの丸い貝は見つかったのですか」 「ああ、もうここにあるよ」 やがて祭りは佳境に入り、私は幸せの丸い貝がどんなものなのか理解した。 ああ、それにしても奇妙な風習じゃないか。 ヒント この文章では、 「幸せの丸い貝」の正体が重要です。 「幸せの丸い貝」の 漢字部分に注目してみましょう。 少女が探していたものは、 生贄だったのです。 主人公は沢山のご馳走で太らされて、さらにお酒で眠らされてしまったのでしょう。 もしくは、睡眠薬でも入っていたのでしょうか。 「食べる人もいる」と少女が言っていることから、この後、食人鬼のパーティでも始まるんですかね。 主人公は新しいメールアドレスを友人に一括送信します。 車内に 2つ着信音、恐らくAとCの携帯電話のものでしょう。 ところで、 Cは何をしているんでしたっけ? 解説 自慢の新しい彼女と携帯電話で通話しているC。 と思いきや、主人公が新しいメールアドレスのお知らせを送信した後、2つの携帯電話の着信音がなりました。 Cは新しい彼女と通話などしていなかったのです。 新しい彼女は、ただの見栄のための嘘なのか、それとも・・・ 憧れの一人暮らし 本文 反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった ヒント 今日から一人暮らしを始めた主人公。 しかし、 近所のお婆さんが毎日花に水をやっているという事実を認識しているようです。 どういうことでしょうか。 解説 主人公は、 両親をその手であやめています。 まとめ こんな仕掛けがある文章、私もかけるようになってみたいものです。

次の