アマゾンプライムビデオ家族。 家族会員ならAmazonプライムを無料で使える!?設定方法とそのメリット

アマゾンプライム共有は必ずやろう!家族共有の方法を解説

アマゾンプライムビデオ家族

お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセールに参加可能• Prime Now(一部地域で、最短2時間でお届け)• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ(プライム会員本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用できるようになります) あれ?Amazonプライムビデオないじゃん?? そうなんです、家族会員の本来のサービス内容の中には、は含まれていません。 なので、ふつうに自分のアカウントでログインしてAmazonプライムビデオを観ようと思っても観れません。 てことでちょっと裏技的な感じになるんですが、 本会員のアカウントでログインして、家族会員がAmazonプライムビデオを視聴する、という方法があります。 Amazonプライム会員の家族会員(家族会員じゃない人も!)が、Amazonプライムビデオを観る方法 結論から言うと、 Amazonプライム会員の家族会員は、Amazonのアプリをスマホかタブレットでダウンロードして、本会員の人のアカウントでログインするとAmazonプライムビデオが見られます。 だけでなく、やなど も同じです。 ……てか、そりゃ観れますよね、本会員のアカウントでログインしてるんですから 笑 つまりこれは、本会員の人が自分のアカウントを家族会員に貸している状態です。 なので、本会員の人が「自分のアカウントでログインしていいよ」と言ってくれさえすれば、 家族会員でなくても、友達でも誰でもこれらのサービスを楽しむことができるってことです。 Amazonプライムビデオに関しては、ログインする端末の台数制限はないようなので、家族みんながそれぞれの端末から動画が観られます。 (同時再生は台数制限アリ) とは言え、 アカウントを貸した相手が有料コンテンツを購入した場合などは、もちろんアカウント所有者本人のところに請求がいきます。 というわけで、アカウントを貸してもいい相手となると家族か、家族と同じくらい信用できる人、ってことになりますね。 友達に自分のアカウントを貸して、AmazonプライムビデオやAmazonミュージックなどのサービスを共有することは可能ですが、その友達が勝手に有料コンテンツを購入したりしない人か?ということには気をつけましょう。 Amazonプライムビデオを家族会員が共有するときの制限について• 違う動画をストリーミング再生で同時視聴できるのは、3台まで• 同じ動画をストリーミング再生で同時視聴できるのは、2台まで• ひとつの作品を同時にダウンロードできるのは、2台まで• ダウンロードした動画なら、3台以上でも同時視聴が可能• ダウンロードできる動画の数は、すべての端末の合計で25本まで ストリーミング再生(ふつうにそのまま再生すること)で同時視聴するのには台数の制限がありますが、ダウンロードした動画ならその制限はありません。 動画をダウンロードしておけば、オフラインでも動画が楽しめて、データ量の節約にもなるのでおすすめです。 旅先での長い移動時間中にも重宝します。 のオフライン視聴については、以下の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてください。 Amazonプライムビデオを家族会員が共有するときのデメリット 本会員の利用料だけで家族会員も動画が楽しめる!……のはありがたいんですが、 デメリットがひとつだけあります。 それは、どの端末からも本会員のアカウントでログインすることになるので、 誰がどの動画を観たかという履歴や、次に観たい動画として「ウォッチリスト」に登録した動画がお互いにバレる。 ということ。 何を観たかあまり知られたくない……という人は履歴をこまめに削除するしかないですが、動画を観ている瞬間にはバレちゃいます。 絶対バレたくない!!という人は他の動画配信サービスに登録するか、自分も会費を払ってプライム会員になるしかありません。 他の動画配信サービスということで言うと、 家族や友達など、複数人で利用するのに最も利便性が高いのは です。 は、見放題の作品数が圧倒的に多いです。 ジャンルも、映画やドラマはもちろんのこと、子供向け番組からアダルト・お笑い・アイドル・鉄道・パチスロなど、かなり幅広く取り扱っているので、家族全員の好みに対応。 しかも、1人が契約するとアカウントを3つ追加できる、つまり、 4人がサービスを利用できるんです。 同時視聴も4台まで可能。 もちろんこれは、無料トライアル期間中も同じです。 そしてAmazonプライムとは違い、 それぞれ別のアカウントからログインするので視聴履歴がお互いにバレることはありません。 親アカウントは子アカウントに対して視聴・購入制限をかけることができるので、小さな子供がいる家庭でも安心して利用できます。 わたしが実際に の31日間無料トライアルを利用してみた感想や、登録・解約の手順、利用の際の注意点は以下の記事に詳しくまとめたので、気になった人は参考にしてみてください。 家族会員の変更 家族会員の登録内容を変更できるのは、Amazonプライム本会員だけ です。 家族会員は、登録内容の変更および削除はできません。 で家族会員の変更、再登録の手続きをすることができます。 家族会員の変更(すでに2名登録されていて他の人に変更)をする場合は、まずどちらかの登録を取り消し、それから新たに家族会員を登録します。 まとめ の家族会員が受けられる特典は本来配送サービスに関するものだけで、 などのサービスは受けられません。 でも、 Amazonのアプリをダウンロードして、本会員のアカウントでログインすればそれらが利用できるよ!という裏技?を紹介しました。 同じひとつのアカウントでログインするので、同時視聴に関する制限や、視聴履歴がバレる、などのデメリットもありますが、それが気にならなければかなりお得です。 わずか 月額500円で、家族まで動画見放題・音楽聴き放題になるなんてすごすぎますね。 Amazonプライム会員になっていて、まだ家族会員を登録していない人はぜひ登録して、Amazonプライム会員の特典を使いたおしちゃいましょう。 Amazonプライム会員にまだなってないよ、って人には 30日間の無料体験もあります。 学生さんはなんと6か月の無料期間(無料期間終了後は、プライム会員の半額で利用可能)があります。 そして家族で定額動画配信サービスの利用を考えている、ということなら、もおすすめです。 U-NEXTは、1人が契約すれば3つまでアカウントを追加できる、つまり、1つの契約で4人がサービスを利用できます。 しかもAmazonプライムと違って、それぞれが別のアカウントでログインするということなのでお互いの視聴履歴がバレることはないし、子供が使う場合には視聴・購入制限もかけられるので安心です。 今までAmazonプライムでじゅうぶん楽しめる!と思っていたわたしでしたが、U-NEXTのあまりの作品数の多さやジャンルの幅広さに、無料トライアルに申し込んだ初日にぐらりとに気持ちが傾いてしまいました 笑 31日間無料トライアルについては、以下の記事に詳しくまとめています。 なんとなく「高い」というイメージだった月額料金も、そのしくみを理解すればむしろ「割安」であることもわかります。

次の

amazonプライム、家族会員はビデオ、ミュージックを利用できる?

アマゾンプライムビデオ家族

アマゾンプライムの家族会員 アマゾンプライムは、月額400円(税込)、年間3,900円(税込)の料金を払って使用することができるサービスです。 プライム会員の特典がたくさんあり、コスパも高いことで人気です。 ではその家族会員とはどのようなものなのでしょうか? 家族会員に登録できる人の条件 アマゾンプライムの家族会員になれる条件は、 プライム会員になった人と同居している家族2人までとされています。 別居している家族は登録できない 別居していても、「家族は家族なのだから登録できるんじゃない?」と思いますよね。 確かに、別居している家族も、家族会員としての登録はできるのはできます。 しかし、原則は「同居している家族」となります。 別居していることが分かれば、会員登録を解除されても仕方ありません。 単身赴任や出張が多いなどで別々に暮らしているという場合は微妙ですが、登録をする時は同じ住所で設定をしておきましょう。 購入履歴は共有されない 何を買ったのかという購入履歴が、家族でもばれてしまうのは嫌なものがありますよね。 家族会員になると、購入履歴やほしいものリストなども共有されてしまうのでは?と心配ですが、安心して下さい。 アマゾンプライムの家族会員になったとしても、自分のアカウントで購入をすることができるので、購入履歴やほしいものリスト、購入した値段が知られてしまうことはありません。 アマゾンプライムの家族会員が利用できる特典 家族会員になっても、全てのアマゾンプライムの特典を使用できるわけではなく、次の一部の利用だけになります。 しかし使用できる4つの特典だけでも、充分お得ですよ。 家族会員になることで享受されるサービス アマゾンのタイムセールの先行購入が可能 アマゾンでは定期的にタイムセールが開催されています。 人気の高い商品や割引率の高いものは、競争率も高いのでスグに売り切れてしまうことが多々あります。 そのお得なタイムセールが、プライム会員であれば30分早く始まるのです。 非会員の方は、買えない時間にゆっくり自分の欲しい物が手に入れることができるのです。 これは見逃せないチャンスですよね。 アマゾンパントリー、アマゾンフレッシュの利用 は、少しの日用品や食料品、雑貨などでも1つの箱にまとめて配送してくれるという便利なサービスです。 1箱につき390円の手数料はかかりますが、スーパーでかごに詰めていく方法と同じような買い方がネット上でもできます。 「毎日忙しくてスーパーに寄れない、重たいものを運べない」という方に非常に喜ばれているサービスです。 24時間いつでも買い物が家にいながらすることができるので助かります。 同居の家族でも1人1人で買いたいものは違うこともあります。 それぞれでこのパントリーサービスが使えると助かりますよね。 またアマゾンフレッシュは利用できる地域は限られますが、新鮮な野菜や食材を徹底した品質管理で届けてくれるサービスになります。 1回の注文が6,000円未満だと、500円の配送料はかかりますが、これも忙しい人には便利な特典サービスです。 アマゾンプライムの家族会員の登録方法 アマゾンプライムの家族会員の登録は簡単に行えます。 アマゾンのトップページの 「アカウント&リスト」からアクセスします。 アマゾンフォトなら大事な写真を安全に保存できる は、無制限の写真をオンライン上に保存できるサービスです。 スマートフォンでどんどん写真が増えていって困る人も多いですよね。 有料のオンラインストレージに保存している人もいるかもしれません。 しかし、アマゾンプライム会員であれば容量無制限なので、たくさん撮りためた写真を全て安全に保存することができます。 スマートフォン、タブレット、パソコンの画像を一括管理できるのも便利です。 人気の特典が家族会員でも使える裏技 家族会員でも上記の特典が使える裏技は実は、とても簡単です。 「プライムビデオ」「プライムミュージック」「アマゾンフォト」のアプリを自分のスマートフォンやタブレットにインストールして、プライム会員に登録している家族のアカウントを使ってサインインするだけです。 どの端末からもサービスが利用できるというのが、これらのデジタルコンテンツの売りなのです。 つまりは、プライム会員に登録をしている家族が、アカウントを教えてくれなければ使えないということです。 言い換えれば、家族でなくても、他の人にアカウントが漏れてしまえば、勝手に使われてしまうということです。 履歴も共有される 同じアカウントを使って画像を見たり、音楽を聞いたり、写真を保存したりしているので、もちろん全てが共有されることになります。 ただ、別端末でサインインしているので、履歴は他の端末からは分からないようになっているはずです。 ただ、同じアカウントで使用しているので、バージョンアップをすれば別の端末であっても情報がすぐに共有されるように変わるようになるかもしれませんし、履歴が完全にばれないとは言い切れません。 音楽や画像など、家族と言っても、知られたくない、見られたくないという場合もありますよね。 そういった人には、この方法はおすすめできません。 自分でプライム会員となって、自分のアカウントでコンテンツを利用する方が良いでしょう。 アマゾンの家族会員になってお得に使おう アマゾンのプライム会員は、お得な特典が満載です。 それを同居の家族は2人まで、対象のサービスを一緒に使うことができる権利が与えられるのです。 それは、配送に関わるサービスで、配送料や手数料が無料になるだけでかなりお得ですよ。 アマゾンを良く利用する家族がいるのであれば、必ず家族会員になるのをおすすめします。 しかし、人気の特典である、プライムミュージック、プライムビデオ、アマゾンフォトは、共有できる特典ではありません。 これらを使いたいのであれば、プライム会員である家族からアカウントを教えてもらって、専用アプリをインストールすることで使用することも可能です。 アマゾンにはたくさんの魅力的な商品があります。 せっかく家族にプライム会員になった人がいるなら、余すことなく特典をフル活用してアマゾンライフを楽しんで下さいね。

次の

【Amazonプライムビデオ複数端末】同時再生は何台までか完全検証。共有、デバイス登録台数の上限、ダウンロードは何本まで?

アマゾンプライムビデオ家族

プライム家族会員になればプライムデーにも参加できる! いよいよ 「Amazonプライムデー」の開幕が間近に迫ってきました。 Amazonプライムデーは1年に1回のAmazonプライム会員のためのビッグセールで、2018年は7月16日の12時から7月17日の23時59分まで開催されます。 期間中は、お得なタイムセールや限定商品&先行販売など、プライムデーならではの見逃せないお買い得品が数多く販売されます。 プライム会員限定のプライムデーにはAmazonプライム会員でないと参加できませんが、 「Amazonプライム家族会員」の参加も可能です。 Amazonプライム家族会員は、年会費無料でAmazonプライム特典(の一部)を利用できる便利な会員制度です。 家族にAmazonプライム会員がいるという人は、この機会に家族会員になって、年に一度のプライムデーを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。 なお、Amazonプライム家族会員が利用できるプライム特典は以下のとおりです。 Amazonプライム家族会員が利用できるサービス• お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員先行タイムセール• Amazonパントリー 「プライム・フォト」や「プライム・ビデオ」「Prime Music(プライムミュージック)」などは家族会員のアカウントでは利用できません。 それでも「アマゾンは買い物が中心」という家族にとっては、年会費無料で上記のプライム特典を無制限に使える家族会員制度はメリットが多く魅力的なサービスのはず。 それでは家族会員の登録方法を見ていきましょう。 Amazonプライム家族会員の登録方法 Amazonプライム家族会員の登録は、プライム会員が家族を招待する流れで行います。 まずは[Amazonプライム会員情報]ページにアクセスして、以下の手順で相手を招待しましょう。 [Amazonプライム会員情報]ページ 1アマゾンプライム家族会員の登録をはじめる [Amazonプライム会員情報]ページで、画面の下のほうにある[プライム特典を共有する]をクリックします。 2家族に登録案内メールを送信する 情報の入力画面が表示されるので、家族会員に登録する(招待する)家族の情報(名前、続柄、メールアドレス、誕生日)を入力して[登録案内を送る]をクリックします。 これにより、家族に登録案内メールが送信されます。 以上でAmazonプライム会員(登録する側のユーザー)が行う設定は終了です。 登録案内メールを受け取った家族が、メールの指示に従って登録手続きを行えば、Amazonプライムの家族会員に登録されます。 家族会員の情報を確認する方法 招待した家族の登録が完了すると、「登録済みの家族会員」として表示されます。 close 閉じる.

次の