うつ 病 ドリル。 チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About

すぐ出来るうつ病チェック|うつ病サプリ

うつ 病 ドリル

うつ病はこころの症状を主に認めるため精神疾患に分類されており、その治療も精神科・心療内科で行われます。 このように「こころの症状」が主である場合、その原因は精神的なものだと考えられるのが一般的です。 しかし実は、身体疾患(内科疾患)が原因でうつ病のような状態が生じることもあります。 身体の病気で生じているうつ状態と、精神疾患であるうつ病をしっかりと鑑別することは非常に重要です。 身体が原因なのに、精神疾患だとだと判断して治療してしまうとうまくいきませんし、逆もまた然りだからです。 うつ状態が生じる身体疾患にはどのようなものがあるのでしょうか。 また私たち医師はどのように鑑別を行っているのでしょうか。 1.うつが生じる身体疾患にはどのようなものがあるのか うつ状態が生じうる身体疾患というと、非常に多くの疾患が該当することになります。 その全てを説明することは難しいため、ここでは代表的な疾患を紹介させて頂くこととします。 うつ状態が生じうる身体疾患は、大きく分けると次の3種類に分けられます。 ・内分泌疾患(ホルモンバランスの異常) ・脳疾患(脳の異常) ・その他 内分泌、というのは「ホルモン」と考えてください。 人の体内ではたくさんのホルモンが合成され、分泌されています。 男性ホルモン、女性ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎ホルモンなどなど、みなさんも名前は聞いたことがあると思います。 ホルモンは身体に様々な作用をもたらしますが、精神的な作用をもたらすものも少なくありません。 代表的な例を挙げると、女性ホルモンのバランスが崩れる月経(生理)では、気分が落ち込んだり、イライラしやすくなりますよね。 このホルモンのバランスが崩れると、うつ状態が生じることがあり、そのため内分泌疾患の中にはうつ状態を起こす可能性のあるものがいくつかあります。 また、うつ病は脳の病気です。 なんらかの原因で脳の神経伝達物質(セロトニンなど)の分泌が少なくなることがうつ病の原因のひとつだと言われています。 そのため、同じく脳になんらかの異常が発生する脳疾患では、うつ状態が生じる可能性があるのです。 2.内分泌疾患で生じるうつ病 「内分泌疾患」というと分かりにくいですが、「ホルモンバランスが崩れる疾患」だと考えて頂くと分かりやすいと思います。 臓器の中にはホルモンを分泌するものがあります。 ホルモンは気分に影響を与えるものが少なくないため、ホルモンのバランスが崩れると、うつ状態を呈することがあります。 うつ状態を生じうる、代表的な内分泌疾患を紹介します。 甲状腺は甲状腺ホルモンというホルモンを分泌していますが、この甲状腺ホルモンが少なくなる病気が甲状腺機能低下症です。 甲状腺ホルモンは、身体の代謝を上げる働きがあります。 そのため甲状腺ホルモンが少なくなると、代謝が落ち、 ・抑うつ気分 ・倦怠感・疲労感 ・寒気 ・活動性低下 ・集中力、記憶力低下 ・便秘 ・徐脈(脈が遅くなる) ・浮腫(むくみ) などが生じます。 精神症状を見ると、うつ病の症状と共通する症状も多いですね。 甲状腺機能低下症は、血液検査・超音波検査などで診断が可能です。 精神科でも血液検査を行えますので、採血で甲状腺ホルモン値の異常が認められれば甲状腺機能低下症を疑い内科へ相談します。 治療は甲状腺ホルモンの投与になります。 うつ病の原因のひとつとして提唱されている仮説にがあります。 HPA仮説によると、過剰なコルチゾールは脳の神経細胞に対して毒性があるため、うつ病の原因になります。 クッシング症候群はコルチゾールが増える疾患であるため、脳のコルチゾール濃度も増え、うつ状態を引き起こす可能性があります。 クッシング症候群の症状は、 ・中心性肥満(体幹が肥満で四肢は痩せている) ・満月様顔貌(顔が丸くなってしまう) ・多毛 ・皮膚線条(皮膚割れ) などが有名ですが、精神症状として ・抑うつ気分 ・意欲の低下 ・不安、焦り ・不眠 などが認められます。 血液検査を行うと、コルチゾールなどのホルモンバランスの異常が確認できます。 また画像検査(CT、MRIなど)で副腎や脳下垂体などの臓器の腫大が認められることもあります。 クッシング症候群の診断は、内科で様々な検査を行った上でなされますが、中心性肥満や多毛、皮膚線条などの身体的な症状も多いため、身体所見から疑われることも少なくありません。 精神科においても、身体所見からクッシング症候群が疑われて、血液検査にて異常が認められた場合は内科に紹介します。 治療はコルチゾールが過剰になっている原因によって異なりますが、腫瘍があり、それがコルチゾール過分泌の原因になっていることが多いため、腫瘍に対しての治療(手術など)が行われます。 例えば、副腎に腫瘍があって、それがコルチゾール過分泌の原因なのであれば、手術で腫瘍を切除します。 ・アジソン病(副腎皮質機能低下症) ・副甲状腺機能亢進症 などは、時にうつ状態を引き起こします。 3.脳疾患で生じるうつ病 うつ病は、脳のモノアミン(セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンなど)の減少によって生じると考えられています()。 脳疾患は脳に何らかの異常が生じているため、脳のモノアミン減少の原因にもなりやすいと考えられ、実際にうつ状態を発症する原因となります。 ・無動(動きが遅くなる) ・筋固縮 筋肉の持続的なこわばり) ・振戦(ふるえ) ・姿勢反射障害(身体のバランスを取りにくくなる) などの症状が典型的ですが、精神症状として、 ・抑うつ気分 ・不安 ・幻視 ・感情鈍磨 ・興味や関心の低下 ・緊張 ・集中力・記憶力低下 なども認められます。 治療はドーパミンの減少が原因であるため、ドーパミンを補充するはたらきを持つお薬を使用します。 認知症は、脳の委縮や脳細胞の壊死が生じるため、 ・意欲低下 ・抑うつ気分 ・妄想 ・攻撃性 などの精神症状が生じます。 認知症を治すお薬はなく、進行を抑えるお薬を使用します。 その症状は、外傷を受けた部位や腫瘍が発生した部位によって様々ですが、精神症状としてうつ状態が生じることがあります。 反対に興奮・易怒性・攻撃性などが出現することもあります。 3.その他身体疾患で生じるうつ病 その他にもうつ状態を生じる身体疾患があります。 その理由は、 ・糖尿病という病気に対する不安・心配から ・高血糖が精神にも影響するから などが指摘されていますが、どちらが原因なのかは明らかではありません。 糖尿病は、初期には重篤な症状は起こらないものの、進行すれば透析になったり、目が見えなくなったりと、将来的な合併症は侮れません。 高血糖を放置していれば徐々に身体を蝕んでいく疾患であるため、自分の将来に対して悲観的になり、恐怖・不安を感じやすくなってしまうことが予測されます。 また食事制限やインスリンの注射などの毎日の管理も面倒であり、これも大きなストレスになります。 これらが原因でうつ状態が生じてしまう可能性は十分にあるでしょう。 ・皮膚症状(蝶形紅斑・発疹) ・関節炎 ・腎炎 ・心膜炎 など、症状は多岐に渡ります。 精神症状を来すことも珍しくなく ・抑うつ気分 ・気分高揚 ・意欲低下 ・幻覚妄想 などが生じる可能性があります。 SLEは、膠原病に属する自己免疫疾患です。 自己免疫疾患というのは、本来は敵(ばい菌など)をやっつける働きを持つ免疫系細胞が、正常に機能しなくなってしまう疾患です。 自分の細胞を「敵だ!」と誤認識してしまい、自分で自分の身体を攻撃してしまうという疾患です。 自己免疫疾患に対しては、ステロイドなどの免疫抑制剤で治療が行われます。 4.身体疾患によるうつ病を見逃さないためには 身体疾患によるうつ病は、精神的なうつ病とは治療法が異なるものも多いため、極力見逃さないようにしなくてはいけません。 例えば脳腫瘍でうつ状態が生じていケースを考えてみましょう。 原因は脳の腫瘍なのに、これに気付かず「これは精神的なうつ病ですね」と考えて抗うつ剤で治療をしてしまうと、放置された腫瘍はどんどんと増大してしまいます。 これでは困ります。 身体的な原因で生じているうつ病を見逃さないようにするためにはどうすればいいでしょうか。 精神科では初診時に血液検査を行うことがありますが、実はこれが身体疾患によるうつ病を鑑別するために重要な役割を果たしています。 精神科で採血されると、「精神科なのに何で採血なんてするんだろう」と不思議に思う方もいらしゃると思いますが、実はこれは身体疾患によるうつ病を検出するために大切な検査なのです。 甲状腺機能低下症やクッシング症候群などは、血液検査でホルモンバランスを調べると、高い確率で発見することが出来ます。 また、精神症状以外の症状をしっかりと診察することも大切です。 身体疾患でうつ病が生じている場合、そもそもは身体疾患ですので身体症状が生じていることが少なくありません。 例えばパーキンソン病であれば、固縮の症状だったり、歩き方などから疑うことができます。 つまり精神科医といえども、最低限の内科診療スキルは必要になってくるということです。 そのため最近は、医師免許を取ったら最初の2年間は「研修医」としてあらゆる科を回るという「スーパーローテート制度」が導入されています。 研修医のうちに最低限の内科スキルを習得することは、精神科医になってからも役立つのです。 また、高齢者のうつ病であれば、念のため一度CTを撮影し、認知症の所見がないか、脳腫瘍はないかなどを確認できれば理想的です(クリニックなどではCTがないため、出来ないこともあります)。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

治るけどすぐには治らない? うつ病が寛解(完治)するまでの期間について

うつ 病 ドリル

躁うつ痛は、うつ状態と躁状態の症状を繰り返すタイプのものです。 うつ状態のときの症状は、通常のうつ病の症状とほとんど同じです。 それでは、躁状態のときの症状はどのようなものでしょうか。 主な症状は以下ようなものです。 ・気分が高揚して、陽気になる ・気分が爽快になる ・活動的になり、ほとんど眠らずにものごとに熱中する ・多弁で早口になる ・話の内容が、全体としてまとまりがない ・次々にアイディアがわいてくるが、考えも次々に変わっていく ・自分はえらいと思い込み、態度が尊大になる ・感情が不安定で、ささいなことに泣いたり、怒ったり、感激してしまう ・自分の気持ちが抑えられなくなる。 このため攻撃的になり、暴力をふるったりする ・自分勝手になる。 他人の権利を平気で無視したり、社会の規範を破ったりする ・誇大妄想のようなことを言う ・血統や宗教にかかわるような妄想をいだく このように、躁状態というのは気分がかなり「ハイ」の状態です。 症状が軽いうちは、行動的でやる気があるようにみえます。 しかし、この症状が強くなると、大騒ぎをしたり、できそうもないような大きなことを言ったり、さらには気が大きくなっていますから、とんでもないことをやってしまいます。 自分が能力のある人間だと思い込んでしまうので、周囲の人が無能に思え、対応もえらそうになります。 部下をどなりつけたり、上司とけんかをしたり、とんでもなく大きな取引を勝手に決めたりしてしまいます。 気前がよくなって、高価なものを買ってしまったり、莫大な借金をしてしまうこともあります。 また、けんかも多くなります。 まわりの人々の気持ちなどは一顧だにしないため、人間関係もどんどん悪くなっていってしまいます。 しかも、こうした問題を起こしても、ほとんど自分が病気であることを自覚していませんから、始末に負えません。 言ってみれば、自分の言動にまったくブレーキがきかない状態になってしまうのです。 このため、家族をはじめまわりの人は、完全に振り回され、疲れ果ててしまうことになります。 躁うつ病の原因 発症の年齢は、比較的若い年齢層が多いようです。 原因については、従来の「内因性のうつ病」の観点からいうと、原因はわかりませんが、環境やストレスなど外部からの影響がなく、体の内側から起こるとされています。 遺伝的な体質もひとつの要素ではありますが、遺伝病ではないので、こうした体質を持っているからといって、躁うつ病になるとはかぎりません。 躁うつ病の診断と治療 躁うつ病は躁状態とうつ状態が繰り返しあらわれますが、それらが同じような間隔であらわれるというものでもありません。 どちらかといえば、うつ状態の期間のほうが長いといわれます。 診断にあたっては、躁状態で始まった人のケースでは、医師は躁うつ病の可能性を考えて、治療や対応にあたることが一般的です。 というのも、心身ともに高揚した状態、つまり躁状態だけが長く続く「躁病」がありますが、日本ではうつ病や躁うつ病にくらべると、それほど患者数は多くはないからです。 これに対して、うつ状態から始まったケースでは、うつ病なのか、躁うつ病なのかという判断はたいへんむずかしくなります。 うつ病として治療を続けていた人が、だいぶ改善してきたと思われたとき、急に躁状態に変わることがあるのです。 そのときになってはじめて、躁うつ病であったというケースもありえます。 入院が必要な場合 なお、躁状態が似ているほかの病気としては、 統合失調症や 非定型精神病、 甲状腺機能亢進症などがあり、区別がむずかしく、医師は慎重に診断し対応することになります。 躁うつ病の治療は、休養と薬が基本となります。 患者の躁状態があまりにも強すぎる場合には、医師が入院をすすめるケースも出てきます。 入院させることで、十分に休養させることばかりでなく、患者に前述のようなトラブルを起こさせないようにすることができます。 また、家族が振り回されて、対応に疲れ果ててしまわないようにするためにも、入院は必要な措置といえます。 躁うつ病の治療薬 治療薬は、 炭酸リチウム(商品名・リーマス)が中心となります。 吐きけや下痢などの副作用はありますが、躁状態の治療にはたいへん効果があります。 このほか、 カルバマゼピン(商品名・テグレ トールなど)や パルプロ酸ナトリウム(商品名・デパケンなど)など、てんかんの治療薬も使われます。 医師は、患者の症状をみながら、こうした薬を処方していきます。 むずかしいのは、一方の症状からほかの症状に移るときや、両方の症状が同時にみられる混合状態のケースなどです。 こうした場合の薬の処方にあたっては、医師は慎重に患者の状態をみながら対応していくことになります。 躁うつ病は、きちんと薬物治療を行っていれば、一般的には数カ月で治ります。 ただし、注意しなければならないのは、躁うつ病はたいへん再発しやすいということです。 再発予防には、炭酸リチウムを中心とした薬をかなり長い期間、飲み続けることが、最も効果的といわれています。 これを 維持療法と呼んでいます。

次の

躁うつ病の症状と原因

うつ 病 ドリル

泉谷閑示 [精神科医] 1962年秋田県生まれ。 東北大学医学部卒。 東京医科歯科大学医学部付属病院医員、(財)神経研究所付属晴和病院医員、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック院長。 著書に『「普通がいい」という病』(講談社現代新書)と最新刊の『「私」を生きるための言葉』(研究社)がある。 8人に1人が苦しんでいる!「うつ」にまつわる24の誤解 泉谷閑示 いまや8人に1人がかかっているといわれる現代病「うつ」。 これだけ蔓延しているにもかかわらず、この病気に対する誤解はまだまだ多い。 多数の患者と向き合ってきた精神科医が、その誤解を1つずつひも解いていく。 「うつ」でも、単に落ち込んでしまう状態だけでなく、イライラや怒りっぽさが現れてくることがあります。 そこで今回は、そのような状態のからくりや意味について考えてみたいと思います。 イライラと自己嫌悪 の悪循環に… 「まったく、ちゃんとマナー守れよな!」 朝の通勤時、Nさんは最近やけに、他人の行動が気になるようになりました。 うっかりすると後先考えずに喧嘩でもしかねないピリピリした状態になってしまっているのが、自分でも心配です。 Nさんは、これまでに「うつ」で休職療養をしたこともありますが、今ではある程度回復したので、通院治療を受けながらも、職場には1年ほど前から復帰しています。 ピリピリした状態は、徐々に職場内でも現われるようになってきました。 仕事を要領よく押しつけてくる同僚や、よく考えもせずに業務を丸投げしてくる上司に対して、以前にも増して苛立つようになり、近頃では抑えが利かなくなって、時には声を荒げて反発するようにもなったのです。 周囲の人たちが、そんな状態のNさんを奇異な目で見るようになってきていることは、彼自身も重々感じてはいるのですが、どうにも自分でコントロールが利かない状態になってしまいました。 Nさんは、怒りっぽくなってしまった自分を「感情もコントロールできないなんて、最低な人間だ」と思い、すっかり自己嫌悪に陥るようになりました。 しかしいくら反省してみても、次の日にはまた同じようにイライラしてしまいます。 「また調子が悪くなってきているのかも知れない……」 このところ寝つきも悪くなってきていて、Nさんは自分の状態がとても心配です。 イライラは なぜ起こるのか? Nさんのように、「うつ」の経過中にイライラしやすい状態が現われることは、決して珍しくありません。 「最近、イライラするようになってしまったんです」という言葉をクライアント(患者さん)が口にすると、治療場面においても大抵の場合は、これを「衝動性の亢進」「情動が不安定になった」として、悪化の兆候と捉えられてしまうことが多いようです。 しかし、この状態をどう捉えるのかによって、その後の経過がまったく変わってくるので、私は治療上とても重要な局面だと考えます。 まずは次の【図1】を使って、感情について考えてみることにしましょう。 【図1】感情の井戸.

次の