ポリエステル アレルギー。 ポリプロピレンとポリエステルの違いは何?その用途を比較してみる!

ポリエステルやナイロンの服を着ると痒い

ポリエステル アレルギー

妹は化学繊維アレルギー(化繊アレルギー)に1年ほど前に急になった 特に使われることの多いポリエステルの入った衣類で湿疹が出ることが多いようです。 ある時を境に急になったようで、それまではポリエステル100%の洋服も着ていた様で、それらの洋服が私のところにまわってきました。 ポリエルテル混の洋服は多いので、妹も長いことそのような洋服を着ていたのですが、急に化繊アレルギーになってしまったようです。 アレルギーは花粉症のようにある日を境になる方がいるのは私も良く耳にしています。 妹の場合は、それほどひどい症状でもなく、着るのを止めれば発疹は出ないようですので、着るものに気を付けているだけでようです。 しかし、綿100%と書いてあるものを購入しても、糸が化繊の場合は縫い目に発疹が出るなどの症状が出るようで、洋服選びには苦労しているようです。 ある日を境に化繊アレルギーになるということは、私もいつ化繊アレルギーになるかわからないことになります。 化繊アレルギーでない私も、肌触りなどの好みから、夏の洋服や肌着は綿繊維を購入することが多いのですが、染料も問題になるという記事を読んでとても難しいと感じました。 また化繊アレルギーばかりでなく、あらゆるものがアレルゲンになる可能性があることも分かり、原因不明の湿疹で悩んでいる方も多いのではないかと思いました。 自分で限定できるようなものでしたら良いのでしょうが、限りなくあるアレルゲンの検査はなかなか病院ではしていただけないことが多いのが現状のようです。 私も網膜剥離の手術をした後はあまりひどく感じないのですが、白い目やにが出て困っていて、アレルギーらしいということは分かりましたが検査はしていただけず、目薬を付け続けていました。 さほど重くないアレルギーの場合、そこまで検査をしてくれる病院はないのが現状のようです。 皮膚病にしても、目薬にしてもステロイドを使うことが多いのも気になるところですが、納得の行く病院探しをしてより良い治療ができればと思っています。 いつの間にか化繊アレルギーが消えた 数年間、かなりつらかったようですが、その頃には、化繊アレルギーだけでなく、になり、味も分からなくなって、治療を受けていたのですが3年くらい治療を続けた結果、どちらも治ったので体調不良や疲れなどがたまった結果かもしれません。 私もそうですが、1ヶ所が悪くなると、次々と悪いところが出てくるのは体調不良が大きいのではないかと思っています。 休息や食事に気を付けて体力を改善することで、病気が治るということもあるようです。 アレルギーには乳酸菌が良いということも聞きますので、乳酸菌を含んだものを取り入れることも大切かもしれません。

次の

ラグを敷いたらアレルギーを発症?考えられる3つの原因と対策方法

ポリエステル アレルギー

手術に関わる医療従事者に多いと言われているラテックスアレルギー ラテックスは天然ゴムに含まれる主成分です。 天然ゴムが使われている製品は、医療では、医療用手袋、尿や血管に入れる管であるカテーテル、絆創膏(ばんそうこう)など、家庭では、炊事用手袋、ゴム風船、輪ゴム、コンドームなどの日用品などです。 天然ゴムは、Hevea brasiliensisというゴムの木の幹を傷つけて得られた白い樹液で、様々なタンパク質が含まれています。 アレルギーの原因になるのは、タンパク質ですから、ゴムの木の樹液に含まれるタンパク質に対して体がIgEを作ることで、アレルギー反応が起こります。 これをラテックスアレルギーと呼んでいます。 ラテックスアレルギーの症状 最も多い症状は、手袋などが接した部分に起こる症状です。 この場合は、接して起こるので、「接触じんましん」と呼ばれています。 手袋を装着した手が痒くなる、赤くなる、盛り上がった湿疹(膨疹)、水ぶくれ(水疱)が起こり、時に、全身にも広がっていきます。 全身の症状として、アナフィラキシーと言って、じんましん、ゼイゼイと言った喘息、呼吸困難、血圧が下がる、嘔吐、腹痛などの重篤なアレルギー症状を起こすことがあります。 … ラテックスアレルギーを起こす危険因子 バナナの木は、ゴムの木と似ています ラテックスアレルギーは、ゴムを日常的に使用する人に多いと言われています。 特に、下記の人に頻度が多いです。 医師や看護師などの医療従事者…特に手指にアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎があったり、手術室で働く医師、看護師、歯科医師• 繰り返し医療的な処置を受けている患者…特に尿にカテーテルを入れることが多い二分脊椎症患者• 食物アレルギーの患者…特にラテックスと似た成分をもつアボガド、バナナ、クリ、キウイフルーツなどにアレルギーがある人• 天然ゴム製造業に関わっている人 皮膚に傷があると、そこから一度ラテックスが侵入し、免疫細胞が異物として認識します(感作と言います)。 その状態で、再度、ラテックスが入っていると免疫細胞が異物を排除するために、アレルギー反応を起こすわけです。 次のページでラテックスアレルギーの検査と治療を説明します。

次の

ポリプロピレンとポリエステルの違いは何?その用途を比較してみる!

ポリエステル アレルギー

石油を原料に製造された化学繊維には、人体へのリスクがあるということを ではご紹介させて頂きました。 では、化学繊維の衣類を着用することによって、いったいどの様な肌トラブルが起きてしまうのでしょうか?今回は、その危険性に付いてご紹介させて頂きたいと思います。 化学繊維は、丈夫ですしコストも安く、弾力性や防水性等の多様な特色を生かす事が出来るというメリットがあります。 しかし、その一方で様々なリスクが起こっているのです。 化学繊維アレルギーのリスク 化学繊維によって引き起こされる有名な症状は『 化学繊維アレルギー』です。 化学繊維アレルギーとは『化繊アレルギー』とも言われ、衣類や寝具等に使用される化学繊維に反応する接触アレルギーの事をいいます。 ですので、ポリエステルやアクリル、ナイロン等の合成繊維が品質表示に記載されている物を肌に付けるとアレルギー反応を起こし、肌や人体に異常が生じてしまうのです。 この他にもアセテートなどの半合成繊維、レーヨンなどの再生繊維やガラス質の無機繊維等、自動車や生活用品を触れることによってその反応が生じてしまう人もいます。 しかし、衣服は常に肌と触れあることから、よりアレルギー反応が生じやすいという危険性があるのです。 天然素材では異常が生じず、化学繊維に触れた時に皮膚が赤くなってしまったり、痒みやかぶれ、湿疹の症状が現れる方は直ちに天然繊維の衣類に換えましょ う。 天然素材に付いては「 」の記事をご覧ください。 また、天然素材にも安全なものと危険なものがあることを でご紹介させて頂いております。 肌の丈夫な人も要注意!! 『化学繊維アレルギー』と診断されず、肌も丈夫な方でも化学繊維によって、同じような症状が出てしまう事があります。 化学繊維は天然繊維よりも丈夫というメリットがありますが、その性質上肌と触れることにより、その摩擦によって肌が荒れてしまうという事が多く報告されているのです。 また、汗の吸収性も悪い為に汗疹にもなりやすく、この二つが合わさることでアトピーでない方でも肌が荒れてしまうことが多々あります。 ですので、体のデリケートゾーンや赤ちゃんや幼児といった肌が薄く敏感な人には着用は向きません。 さらには、乾燥時期にはさらに肌を乾燥させ、静電気によってさらに痒みが発症されてしまいます。 化学繊維の場合、衣類と衣類の摩擦が生じて静電気が発生し、その静電気が人間の身体に蓄電していきます。 女性の方が男性より静電気を感じるケースが多いと言われていますが、これはストッキングなどポリエステルやナイロンの合成繊維製品を身につけることが多いからと言われています。 環境ホルモンのリスク そして、長期で見た際の化学繊維の危険性としてあげられるものが、 環境ホルモンによる人体への影響です。 まず、環境ホルモンについて説明しましょう。 環境ホルモンは、私達生物の生体の成長や生殖・行動に関するホルモンの作用を阻害し、子孫まで影響を及ぼす外界からの有害物質のことをいいます。 その影響によってホルモン分泌が乱されてしまうと、自己防衛能力は低下します。 ホルモンの詳細に付いては「 」の記事でご紹介させて頂いております。 体への接触時間が鍵 これまで安全だと思われてきた服や下着に含まれる微量の化学物質も大きく私達の身体へ直接影響してくるのです。 ですので、肌への接触時間が長いものは、微量であってもリスクは非常に高くなってしまうのです。 化学繊維の衣類の他にも、プラスティック用品や即席麺等の包装材、化学物質が入る化粧品等の日用品から建材や塗料まで、石油製品や化学製品の様々なものにそのリスクが付きまといます。 環境ホルモンがもたらす人体への影響としては、生殖機能の異常や発ガン性子宮内膜症等の様々な症状が危惧されます。 化学繊維のアレルギー・肌トラブルに付いては以下の記事でご紹介させて頂いていますので、合わせてご覧になってみてください。 ・ ・ ・ ・ これらのリスクを日々の生活の中で軽減し、身体にも地球にも優しい天然素材を取り入れる習慣造りを少しずつ始めてみましょう。

次の